キックボクシング
レポート

【REBELS】鈴木宙樹と安本晴翔が新王者に、日菜太は坂本優起に延長戦で辛勝

2019/06/10 01:06

▼第7試合 REBELSvs新日本キック 3対3対抗戦 先鋒戦 フェザー級 3分3回戦(延長なし) REBELS-MUAYTHAIルール
○千羽裕樹(スクランブル渋谷)
TKO 2R2分46秒
×瀬川 琉(伊原道場稲城支部)

 REBELSvs新日本キックの先鋒戦。REBELS側からは2015年にプロデビューした33歳の千羽、新日本キック側からは2018年にプロデビューした瀬川が、それぞれ出撃した。戦績は千羽が19戦9勝(2KO)8敗2分、瀬川が7戦5勝(3KO)2敗だ。


 1R、オーソドックスの千羽は左の前手を前手を伸ばしながら前進。サウスポーの瀬川が左ストレートを繰り出すと、千羽は組んでのヒザ蹴りと縦ヒジで迎え撃つ。ワンツーからの縦ヒジと右ミドルのコンビネーションも決める千羽


 2R、巻き返しを図る瀬川も鋭い左ハイと左ストレートで迫るが、打ち合いに入ったところで千羽の連打をもらってスタンディングダウンを取られてしまう。ダメージが残る瀬川に対し、千羽は右フックからの右ミドル。これで2度目のダウンを喫した瀬川は、いったん立ち上がったものの再びうずくまり、ここでレフェリーストップとなった。

 千羽がホームリングで瀬川にTKO勝ち。今大会の対抗戦はREBELSの勝利で幕開けとなった。

▼第6試合 63kg級 3分3R REBELSルール
×耀織(=よしき/Y's glow)
判定1-2 ※28-30、29-28、28-29
○与座優貴(橋本道場/極真会館2017全世界ウェイト制軽量級優勝)

 極真空手の世界王者である与座は2勝(2KO)の戦績で迎えるREBELS初陣。対する耀織も空手出身で5勝(1KO)3敗2分の戦績を持つ。


 1R、いきなり強烈な左ハイを繰り出した与座に対し、左右フックの連打を返す耀織。与座は左インローも効かせていき、構えをスイッチしながらのジャブとフックもヒット。終盤には与座の左ハイで耀織がぐらつく。


 2R、与座は左ジャブから左右ローを蹴り、左ハイ強襲もたびたび見せる。耀織はパンチで前に出ようとするが、与座のジャブが見えずに被弾する場面が多く、足も削られて苦しい展開が続く。


 3R、一矢報いたい耀織がパンチの連打で手数を重ねる。ガードを固める与座に対し、耀織はアッパーやボディーをねじ込む。両者はヒザ蹴りを荒々しく打ち合いながら、もつれて転倒する場面も。与座は疲労したか、耀織にコーナーへと押し込まれるなどペースダウンした。

 スプリット判定での勝利となった与座。その表情からは落胆と歯がゆさが見て取れた。

▼第5試合 47kg契約 2分3R REBELSルール
×パク・シウ(TEAM MAD)
判定0-3 ※29-30、28-30、28-30
○ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)


 ぱんちゃんはTOKYO MXのスポーツ情報番組『BE BOP SPORTS』で、アマチュア女子選手をプロに育てる企画『PANCRASE REBELS TRYOUT』に出演。ルックスの良さもあって多方面で注目を浴び、デビューからの戦績も2連勝という女子キック界期待の新星だ。今回は3戦目にして迎える初の国際戦となる。


 対戦相手のパクはテコンドーをバックボーンに持ち、キム・ドンヒョンやハム・ソヒなどのMMAトップファイターを擁するTEAM MADの所属。日本で伊藤紗弥や紅絹とも対戦経験があり、MMAルールでは昨年8月の『DEEP』で富松恵美から大差の判定勝ちを収めている。キック戦績は3勝2敗、MMA戦績は2勝2敗だ。


 1R、序盤はぱんちゃんが遠めの間合いから左右ロー、右ミドル、右ストレートを当てるなど、リーチを活かした攻撃。パクがパンチから組みつくようになると、ぱんちゃんは接近戦を強いられる。長身のぱんちゃんに対し、右ストレートから潜り込んで左アッパーを突き上げるパク。ぱんちゃんもヒザ蹴りで応戦する。

 間合いが開くとぱんちゃんは左ローを蹴るが、パクは左ミドルを返してすぐに間合いを潰す。ぱんちゃんはパクを前蹴りで突き飛ばし、すかさずパンチをラッシュせんとするが、ここもクリンチされてヒットさせるこができない。


 2R、変則的な動きから二段蹴りを放つパク。ぱんちゃんが攻撃を返そうとすると、パクはすかさず組んでロープに押し込む。ぱんちゃんはパクの体を荒々しく揺すったり、両手で頭を下げさせたりしながら、顔面ヒザ蹴り。パクが飛び込む際に放つ右フックと右ストレートもたびたびヒットし、ぱんちゃんは鼻から出血する。


 3R、同様の展開が続く中、パクがバックスピンキックを打ち損じたところへ、ぱんちゃんが鋭い打ち下ろしの右ストレート。これは惜しくもクリーンヒットしなかったが、パクはバランスを崩して転倒する。以降も両者は至近距離でパンチを打ち合うなど、アグレッシブな攻防を繰り広げた。


 パクに苦戦を強いられたぱんちゃんであったが、判定勝ちのコールを受けると満面の笑み。試合後には両者が健闘を称え合った。

▼第4試合 スーパーバンタム級 3分3R REBELS-MUAYTHAIルール
○炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※29-27、30-27、30-27
×ダイナマイト柿崎(DRAGON GYM/RKAスーパーバンタム級王者、前DBSスーパーバンタム級王者)

 炎出丸はキャリア64戦目のベテラン。今年2月、WMC日本スーパーバンタム級王者・大野貴志との一戦でTKO負けして以来の再起戦となる。対戦相手はその名の通り、ダイナマイトのような激闘っぷりを持ち味とするキャリア30戦目の柿崎だ。


 1R、柿崎は左フックからの右ロー、ワンツーからの右ローのコンビネーションを多用。柿崎が手数を伸ばすが、炎出丸は冷静に左右ローを返していく。足を効かされた柿崎は終盤に炎出丸の右ストレートを被弾する。


 2R、炎出丸はなおも右ローで削りながら右ストレートで顔面も狙う。柿崎もパンチを打ち返し、左ハイと右ローまで繋げるが、炎出丸の右ローを受けると体が傾いてしまう。

 3R、炎出丸はパンチのコンビネーションを振るい、左右ボディーがヒット。柿崎も左フックから右ロー、さらにさまざまな角度からパンチを入れて炎出丸のガードをこじ開けようとするが、間合いが詰まったところでヒザ蹴りを被弾。


 続けて炎出丸の右ハイ強襲が決まり、柿崎はついにダウンする。立ち上がった柿崎に対し、炎出丸が追撃の連打をまとめて試合終了。炎出丸がダウンを奪っての判定勝ちで再起を飾った。

▼第3試合 61kg契約 3分3R REBELSルール
○古谷野一樹(クロスポイント古河/前REBELS 57.5kg級王者)
判定3-0 ※29-27、30-27、30-26
×小磯哲史(テッサイジム/蹴拳ムエタイスーパーフェザー級王者)

 26歳の前REBELS 57.5kg級王者・古谷野と45歳の蹴拳ムエタイスーパーフェザー級王者・小磯の一戦。小磯は5月の試合に勝利し、中1カ月で連勝を狙う。


 1R、古谷野がフットワークを駆使しながら蹴りを放ち、強烈な右ローをヒットさせる。小磯の左右フックは古谷野のガードの上を叩く。右ローを効かされた小磯に対し、古谷野は右フックも強打。しかし終盤には、小磯が鋭い左ジャブで古谷野をぐらつかせる。両者が打ち合いに転じると、今度は古谷野の右フックで小磯がよろめく。このシーソーゲームに会場が沸く。


 2R、打ち合いがさらに激しさを増す。小磯の左フックに古谷野が右フックをかぶせるなど、両者のパンチが何度も交錯。古谷野の左ストレートと右アッパー、小磯の右ストレートカウンターがヒットする。終盤に再び試合が動き、右ロングフックを当てた古谷野が追撃のラッシュでダウンを奪取。立ち上がった小磯もパンチで向かい続ける。


 3R、古谷野がパンチをまとめ、さらにヒザ蹴りと左右ミドルも追加。小磯はヒザ蹴りを突き刺されて苦悶の表情だが、それでも懸命に左右フックと右ミドルを返し続けた。

 試合終了後、悔しげな表情を浮べてコーナーへと戻る古谷野に対し、マットに倒れ込む満身創痍の小磯。ダウンを奪った古谷野が判定を制し、勝ち名乗りを受けた。一方、最後まで戦い続ける精神力を見せた小磯にも、観客から大きな拍手が贈られた。

▼第2試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーウェルター級王座決定リーグ戦 3分3R REBELS-MUAYTHAIルール
×津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム/勝点3)
TKO 1R2分7秒
○吉田英司(クロスポイント吉祥寺/勝点2

▼第1試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーウェルター級王座決定リーグ戦 3分3R REBELS-MUAYTHAIルール
×光成(=みつなり/ROCK ON/勝点0)
判定0-2 ※28-30、29-29、28-29
○降籏健嗣(=ふりはた・けんじ/士道館ひばりケ丘道場/勝点0)

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事