MMA
インタビュー

【RIZIN】なぜRENAの逆転のヒザ蹴りは山本美憂に当たったのか? 5年2カ月ごしの再戦をひもとく

2021/11/22 10:11
【RIZIN】なぜRENAの逆転のヒザ蹴りは山本美憂に当たったのか? 5年2カ月ごしの再戦をひもとく

(C)RIZIN FF

 2021年11月20日(土)、沖縄アリーナにて『Yogibo presents RIZIN.32』が行われ、メインイベントでは、RENA(SHOOTBOXING/シーザージム)が山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE22)と5年2カ月ぶりに再戦。RENAが2R 3分35秒、右ヒザからのパウンド連打でTKO勝ちを収めた。

 前戦では、MMA2戦目のRENAがMMAデビュー戦の山本を1R 4分50秒、ニンジャチョークで極めて一本勝ちしている。

 その後、RENAはMMA戦績を11勝3敗とし、2019年6月には米国Bellatorにも参戦。リンジー・ヴァンザントに1R リアネイキドチョークで一本負けも、2019年大晦日にヴァンザントを3R TKOに降してリヴェンジを果たし、2020年9月の前戦では富松恵美にも判定勝ちするなど3連勝中。一時は引退も示唆したが、今回の試合に向けた練習の過程で、新たに目標を北米に定め、引退を撤回。1年2カ月ぶりの試合に臨んだ。

 対する山本は、デビュー戦から1年は1勝3敗と苦しんだものの、2018年7月から石岡沙織、アンディ・ウィン、長野美香、浅倉カンナを相手に怒涛の4連勝を飾るなどMMA6勝5敗に。2020年12月31日の前戦ではRIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチで浜崎朱加に挑戦も、1R ネックシザースで一本負け。今回はかつて、2年間にわたり移住して練習を重ねた“ホーム”と呼べる沖縄での再起戦だった。

 この5年ごしの再戦で、そのときリング上では何が起きていたのか。両者の動きと証言から、再戦を紐解く。

 試合の序盤は一進一退の攻防だった。

「本当に入場した時から歓声を感じて力になりましたね」と山本が言う通り、会場の後押しを受けた美憂は、先に圧力をかけていった。

 サウスポー構えの山本に対し、オーソドックス構えのRENAは前蹴り、ローキックで牽制し右ストレートを見せるが、山本の前手のフック、大きな左オーバーハンドを嫌いペースを掴めず。詰める山本は相手の足を触りながらプレッシャーをかけて、RENAのワンツーの打ち終わりにダブルレッグ(両足タックル)から右腕で差して前に出た。

 左手はRENAのパワーハンドを掴む山本に、コーナーまで歩いて移動し、コーナーマットを背にして崩されないRENA。山本は右ヒザ、左手でパンチもRENAは山本の顔にヒジを押し付けてフレームを作り、スペースを空けて右ヒザを突き上げ、山本の組みを剥がすことに成功する。

 ここまでシュートボクシングのシーザー武志会長から伝授されたカーフキック、そして、宮田和幸代表率いるBRAVEでの出稽古で習得した壁レスリングの成果を披露した形だ。

腕十字は「来た」と思って、焦らずセコンドの声の通りに動けた(山本)

 しかし、山本もMMAの打撃の進化を見せる。

 スタンドでRENAは左ジャブ・ローを当てるが、その蹴りにカウンターの左をヒット! さらにRENAの得意の右前蹴りを右回りでかわす動きのなかで前手の右フックをヒットさせている。続く山本のシングルレッグ(片足タックル)は切ったRENAはその離れ際に蹴り上げを狙い、前足重心の右足にも左ロー。

 しかし、山本のテイクダウンプレッシャーと同じ軌道で頭を下げた左オーバーハンドフックをRENAは被弾する。

 通常なら大振りのそのパンチは、山本が右で足を触りに行くフェイントからの左のため、RENAにとってはタックルと見分けがつき辛く、テイクダウンディフェンスに長けてきたがゆえに、その差し上げや、腰を動かす反応がパンチのディフェンスを遅らせているのだ。

 そして左を当てることで、今度は下への攻撃も活きてくる。

 RENAの左ジャブをしっかりかわした山本はダブルレッグへ。カウンターで懐に入られたRENAは右足を後方にスプロールしようとするが間に合わず、両ヒザ裏を掴んだ山本はそのまま前方に走ってドライブし、テイクダウンに成功する。

 頭を腹につけてのダブルレッグテイクダウン。この頭を外に出さないタックルに、RENAはそのままガードポジションで下に。

 ガードを取るRENAに対し、その両足の中に入り、パウンドを落とす山本。このとき、山本はRENAの右手首を左手で掴んで、あるいは上腕を押さえてコントロールしながら右のパウンドを落としている。

 いったん中腰になり振りかぶってのパウンド。

 しかし、RENAは下からその手首を対角から掴んで内側に流すと、三角絞め狙いから腰を外に切って逃がして腕十字へ移行! 両手をクラッチして伸ばされないよう防御する山本は、RENAをまたいでヒザを頭に突くが、山本の顔に足をかけているRENAは、腕を引き付け巻き込む。

 若干、ヒジが抜けて来ていた山本は一気にまたごうとするが、その動きに合わせてRENAが頭を刈ると、山本が前転する形になり、仰向けになって左腕が伸びてしまう。

 しかし、肩が回せた山本は、レスラーらしい見事なブリッジから後転して上を取り返し、左腕は抱えられたままながらヒジは抜いており、空いた右手で5発の鉄槌をRENAの右目に落とし、1R、終了のゴングが鳴らされた。

 この1Rのヤマ場を、両者はどう感じていたか。

 セコンドについた浜崎朱加が「AACCでもRENAは一本を取っている」という証言の通り、RENAは「腕十字、三角(絞め)も狙っていました。あと30秒くらいあれば良かったですけど、美憂さんも上手くて(技を断ち)切られちゃいました。もっともっと極め力が欲しいですね」と、手応えを得ながらも極めに至らなかったサブミッションのトライを語る。

 一方の山本も「(腕十字は)“来た”と思って、焦らずこっちだなという形で防御が出来ましたね。(ブリッジで返せたのは)あの練習、あんまりしていなかったですけど、あそこで極められたら旦那(カイル・アグォン)に怒られちゃうので(苦笑)。一応(セコンドのアグォンとアーセンの)声は聞けてその通りに動けたので、あんまり極まっている感じはなかったです」(山本)という。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事