MMA
インタビュー

【RIZIN】初防衛戦に臨む王者・斎藤裕の本音「負けたら次は無い」「“ゾンビのように頑張る”相手を気絶するまで殴る」。朝倉未来との再戦は「個人的に“どうなのかな”」

2021/10/14 17:10

頭から突っ込んでくる選手とやったことがないけど──

 打撃では、頭を下げて打つオーバーハンドフックを得意とする牛久だが、相手にとってはバッティングの注意も必要となる。一方で、その下げた頭にカウンターのヒザ蹴りを狙うことも可能だ。

 斎藤は、「頭から突っ込んでくる選手とやったことがないので、どうなんでしょう……実際に対峙してみてどう感じるかだと思います。あんまり正面に構えたくないなとは思いますね。(アキラとの練習でその動きの想定練習も)しています」とシミュレーションは出来ているとした。

 2020年9月のDEEPフェザー級タイトルマッチで、弥益ドミネーター聡志を判定で降し、王座獲得に成功した牛久。先にダウンを奪いながら、逆襲のヒザ蹴りをもらいダウンを奪い返され、パウンドを受けたが、そのピンチを凌ぎ3Rに挽回。試合は牛久が判定4-1で競り勝ち、ベルトを巻いた。

 斎藤は、「あの試合は……あそこでダウンしてやられなかった。試合のなかで自信というか、気持ちがついてきているのかなと思います。今までだったら、1発もらって怯んでいたところを怯まない。自分のやるべきことが明確になっているのかなと。あそこを凌いだことは勝因の大きなひとつだと思いますし、気持ちがすごく強いなと思いました」と、DEEP王者の心と身体のスタミナを評価する。

 牛久自身も「“ゾンビかよ!”と思うくらいのスタミナの凄さに注目してほしい」と語るように、弥益からベルトを奪ったテイクダウン&ドミネートを、斎藤戦でも15分やり続ける自信を見せている。

 しかし、RIZINルールでは、テイクダウンされてもダメージを受けずに立ち上がり、そのテイクダウンを相殺するダメージを相手に与えることで、相手を上回ることが可能だ。

「テイクダウンから逃げる自信? 練習しています。まずテイクダウンに入るまでの想定もあるので、そこの最初の立ち合いである程度、分かるような気もしますけど、(テイクダウンを切ること・倒されても立つこと)どっちでもいいかなと思っています」と、牛久のテイクダウンのアプローチの段階から勝負の際はあると語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事