ONEONE
MMA
インタビュー

【RIZIN】初防衛戦に臨む王者・斎藤裕の本音「負けたら次は無い」「“ゾンビのように頑張る”相手を気絶するまで殴る」。朝倉未来との再戦は「個人的に“どうなのかな”」

2021/10/14 17:10
【RIZIN】初防衛戦に臨む王者・斎藤裕の本音「負けたら次は無い」「“ゾンビのように頑張る”相手を気絶するまで殴る」。朝倉未来との再戦は「個人的に“どうなのかな”」

(C)RIZIN FF

 2021年10月24日(日)『Yogibo presents RIZIN.31』横浜・ぴあアリーナMM大会のメインイベントで、DEEPフェザー級王者の牛久絢太郎(K-Clann)を相手に、RIZINフェザー級王座の初防衛戦に臨む王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)が10月14日、CAVEにて公開練習&囲み取材を行った。

 公開練習では、石渡伸太郎塾長が見守るなか、同じ横浜大会で阿部大治と対戦するアキラと打撃のマススパーリング。牛久と同じくサウスポー構えのアキラに対し、斎藤は終始、試合時とは異なるサウスポー構えでステップを踏み、パンチ・キックの動作を見せた。

 オーソドックス構えを温存したのかと問われた斎藤は、「いや、今回サウスポーで行くかもしれないですね。両方出来るようになりたいという気持ちから、いい形で試合で出せるといいかなと。サウスポー構えでの練習は長年やっているんですけど、試合で出せるかというと……使えるときに使っていきたいなというのはありますね」と、スイッチする可能性はあるとした。

 試合が決定してからは、「基本的に練習でやってることは変わらないんですけど、より対戦相手に寄せた動きとかをやっています。皆さんご存知の通り、牛久選手は組みが得意な選手だと思うので、それを想定して練習しています」という。

ひと階級上の選手とやっても、思い通りの戦いが出来るように

 試合まであと10日。「夜は眠りが浅くて、悪夢ばかり見ているので何とかしたいですね。たぶん熟睡は出来ていないです」と言いながらも、「コンディションはいつもと変わらず、体重もこの時点でここまで落ちていなければいけないというところまで落ちていますし、精神的にも試合に近づいているというか、いい緊張感を持って過ごしています」と、気負いのない表情で語った。

 ライト級のアキラとの練習は、「ひと階級上の選手とやっても、自分の思い通りの戦いが出来るようにというのは、ずっと自分の課題ではあって、パワーのある選手に自分の動きが出来るか。ずっとアキラさんと練習しているので、そういった意味では、免疫というかパワーのある選手と──海外勢とか特にそうですね。ひと階級上のパワーを持っている選手が多いので──すごくいい練習をさせてもらっています」と、フィジカル・パワー面での自信ものぞかせた。

 今回の試合のセコンドは、「石渡(伸太郎)塾長がついてくれます」といい、対牛久戦の作戦もさまざな場面を想定して練られている。

 現DEEP王者の牛久について、「試合で頑張る選手。得意な形を持っていて、そこに持ち込むために頑張る印象があります。(その牛久の戦いに)乗るつもりは全く無いんですけど、対戦相手として気をつけなきゃいけない、どういった特徴があるのかは頭に入れて練習しています。基本、みんな自分のやりたいことをやる。でも試合はどう転ぶのか分からないので、自分の得意じゃないところ、やりたくない展開になることも想定しています」と、牛久の得意な組み手や形になることも想定は出来ているとした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事