SirikaSirika
MMA
レポート

【ONE】DJ、アルバレスが敗れる!(動画あり)、ロッタンがダウン奪う完勝。元K-1王者対決はケールがアラゾフ下す! セネガル相撲の英雄ログログがKO勝利=速報中

2021/04/08 09:04

▼ヘビー級 5分3R
〇オマール・ケイン(セネガル)
[1R 1分48秒 TKO] ※パウンド

×パトリック・シミッド(スイス)

“ログログ”ことオマール・ケインはセネガル相撲の英雄。

 国技のルッ・セネガル(セネガル相撲)はパンチ有りの組み技競技。、18歳以上から素手による顔面パンチが認められており、ケインが自身より大きな相手に頭をつけての投げで崩してのクリンチアッパー、4点ポジションでのサイドバックからのアッパー、大内刈でのテイクダウンで尻餅をつかせて勝利する場面などを見ることができる。

 また、2019年12月に27歳でMMAデビューも果たしており、セネガルのダカールで開催された「ARES FC01」では、MMA6勝3敗でONEにも参戦したモハメド・アリに勝利しているソフィアヌ・ブキシュー(フランス)相手に2R TKO勝ち。ケージのなかでケインは開始早々にダブルレッグでテイクダウンを奪うと、ブキシューのキムラクラッチに対し、右腕一本で持ち上げてスラム、さらに2Rにセネガル相撲同様にクリンチアッパー連打から電車道で押し込み、豪快なTKO勝ちを収めている。

 2021年1月の前戦では、立ち技のスペシャリストでありながら、柔道経験もあるアライン・ンガラニをシングルレッグから小内刈でテイクダウン! 左で小手に巻いて押さえつけるケインが、右でパウンドアウトしている。

 ケインは当初、イランのレスリング・チャンピオンメフディー・バルギとMMAマッチで、一方のシミッドはラーデ・オパチッチ(セルビア)とONEスーパーシリーズのキックボクシングで対戦する予定だった。だが、バルギとオパチッチは、健康と安全の規則遵守のためにリードカードから外され、急遽、両者が対戦することになった。シミッドは、マカオ等でキックボクシング戦を戦っているが、MMAはデビュー戦。

 1R、ともにオーソドックス構えから。詰めるシミッドに、ケインは右を振る。シミッドは右ローをヒット。さらに右ストレートで前に出るが、ケインは左ジャブから連打で前に。

 電車道で金網まで詰めるとボディロックからテイクダウン。足を効かせるシミッドはいったん足もとに潜るが、剥がしたケインがパウンド。亀のままパウンドを浴び続けるシミッドを見て、レフェリーが間に入った。ケインはONE2連勝をマーク。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事