MMA
レポート

【UFC】マネル・ケイプが2連敗。エドワーズvs.ムハマッドはNC、ハニ・ヤヒーラ、ジン・ユウ・フライが勝利

2021/03/14 10:03
【UFC】マネル・ケイプが2連敗。エドワーズvs.ムハマッドはNC、ハニ・ヤヒーラ、ジン・ユウ・フライが勝利

UFC2戦目でスプリット判定で敗れたマネル・ケイプ(左)。(C)Jeff Bottari/Zuffa LLC via Getty Images

 2021年3月13日(日本時間14日)、米国ネバダ州ラスベガス・UFC APEXにて「UFC Fight Night: Edwards vs. Muhammad」が開催された。

UFC Fight Night: Edwards vs. Muhammad

現地時間2021年3月13日(土)、日本時間14日(日)
米国ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

【メインイベント】

▼ウェルター級 5分5R
-レオン・エドワーズ(英国)170.5lbs/77.34kg
[2R 0分18秒 ノーコンテスト]

-ベラル・ムハマッド(米国)170lbs/77.11kg

 ウェルター級3位のエドワーズと、13位のムハマドのメインイベントの5R戦。

 ウェルター級ではカマル・ウスマン、GSPに続いて連勝記録3位の8連勝中のエドワーズ。ここ3戦ではドナルド・セローニ、グンナー・ネルソン、ハファエル・ドス・アンジョス相手にいずれも判定勝ち。今回が1年8カ月ぶりの試合となる。

 というのも、2020年3月の英国大会でタイロン・ウッドリーと対戦予定だったエドワーズだが、新型コロナウイルスの影響により中止。同年12月にハムザト・チマエフとの対戦が組まれたが、両者がウイルス感染。チマエフが引退を示唆するほど重症化し、今回、代役のムハマッドとの対戦が決定した。

 対するムハマッドは、2019年9月の佐藤天戦でのリアネイキドチョークにより一本勝ちを含むUFC4連勝中。2021年2月13日の前戦では、ディエゴ・リマに判定勝ちを収めている。

 1R、サウスポー構えのエドワーズ、オーソドックス構えのムハマッド。右の大きなダブルで前に出るムハマッド。しかしエドワーズは左ストレートで下がらせると組んで押し込み。体を入れ替えたムハマッドがヒジを入れて離れる。

 オーソドックスにスイッチし、さらにサウスポー構えになり左ハイ! ブロッキングの上を抜かれたムハマッドは効かされてグラつく。左右ラッシュするエドワーズに、組んで両脇で差すムハマッド、差し返して突き放すエドワーズ。

 左から右もフック系のムハマッドは、ハイキックを受けた右目周辺から出血する。右ハイのムハマッドに、左ミドルはエドワーズ。前手を巧みに刺して、左ストレートを突く。左インローも。ムハマッドの右ミドルを掴んで組むエドワーズは際のヒジを狙う。

 2R、左手を前に伸ばしながら左ミドルを当てるエドワーズ。その左がアイポークとなり、声を挙げて座り込むムハマッド。首を振るムハマッド。ハーブ・ディーンレフェリーが両手を挙げて試合続行不可能を示した。

 アクシデントによるアイポークで結果はノーコンテストとなった。

 試合後、エドワーズは、「ベラルには心からお詫びしたい。頭部のクロスキックを狙ったら、彼が踏み込んできた。本当に申し訳ないと思っている。あんなことになるくらいなら、いっそのこと負けてしまいたかった。心が折れてしまって、何と言っていいか分からないんだ。復帰できてよかったし、気分もよかった、Ring Rust(※試合から1年以上離れたときに失うといわれる感覚)なんて信じない。1R目は明らかに僕が勝っていたし、もっと見せたかった……そのチャンスを奪われたのは、明らかに不運だった。胸が張り裂けそうだよ」と神妙な表情で語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア