ONEONE
MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉海、ケイプの合同練習呼びかけに「練習してみたい」。“日本版メガジム”構想も

2021/01/11 19:01
【RIZIN】朝倉海、ケイプの合同練習呼びかけに「練習してみたい」。“日本版メガジム”構想も

(C)RIZIN FF

 2020年12月31日(木)さいたまスーパーアリーナにて開催された『Yogibo presents RIZIN.26』のメインイベントで、堀口恭司(アメリカン・トップチーム=ATT)に1R TKOで敗れ、RIZINバンタム級王座から陥落した朝倉海(トライフォース赤坂)が10日、YouTube LIVEを行い、カーフキック対策、海外練習の是非、堀口との再戦等について語った。

足に負担をかけないパーソナルトレーニングから再開

 試合は、堀口の4発のカーフキックを効かされた朝倉海が、起死回生の跳びヒザ蹴りに出たところを、堀口の右ストレート、さらに右フック連打をもらいTKO負け。試合後、左足のふくらはぎ部分の「筋断裂」で全治1カ月半の診断が下された。

「足はだいぶいいです。腫れも引いた。痛くて走ったりはまだ出来ないけど、いろいろ調べて酸素カプセルに行ったり、1日でも早く復帰できるようにいろいろな医療を試しています」と怪我の報告をした海。

 続けて、「たくさんの人が『焦らず治してほしい』と言ってくれているので、ほんとうにここは焦っちゃいけないなと思って。まだ格闘技人生は長いんで、まずは怪我を完全に治したいと思います」と完治するまで無理をしないとした。

 本格的な練習再開は、「来月(2月)くらいからはガッツリ練習に行けると思っています」と言いながらも、すでに怪我をしていない部分のフィジカル強化は再開しており、「いまでも出来ることはたくさんあって、さっそく上半身を鍛えてきました。足に負担をかけないパーソナルトレーニングです」と、2021年の練習はじめに入っていることを明かした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事