MMA
コラム

【UFC】ハビブ・ヌルマゴメドフの旅路──念願のパウンド・フォー・パウンド1位に

2020/10/28 22:10
【UFC】ハビブ・ヌルマゴメドフの旅路──念願のパウンド・フォー・パウンド1位に

(C)Josh Hedges/Zuffa LLC via Getty Images

 2020年10月24日(日本時間25日)に開催された『UFC254』メインイベントのUFC世界ライト級タイトルマッチで、挑戦者のジャスティン・ゲイジー(米国)に三角絞めで一本勝ちし、29戦無敗のまま現役引退を宣言したハビブ・ヌルマゴメドフ(32=ロシア)が28日、試合後に望んだ通り、「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」の1位にランクされたことを、UFCが発表した。

 試合の3週間前に左足の薬指を骨折していたことを示すレントゲン写真とともに、腫れ上がった甲の写真をアップしていたヌルマゴメドフ。試合の1カ月前にはおたふく風邪にも罹っており、満身創痍の状態だったことが分かっている。しかし、試合前にヌルマゴメドフはハビア・メンデスAKA代表に「コーチ、俺の足の指は壊れているけど、心は壊れていない」と告げたという。

 しかし、統一王者としてベルトを腰に巻いたヌルマゴメドフは、試合直後にグローブをマットに置き、「父がいなければ戦えない。これが自分の最後の試合だ。父がいなくなり、ここに来るなんて考えられない。父がいなくなって(戦った試合は)今回が初めてだ。母に3日間相談し、『お父さんがいないと出来ないから、もう辞めてほしい』と言われたけど最後だからと約束し、試合をした」と、突然の引退を表明。

 続けて「父の夢だから格闘技をやれた。今日がUFCでの最後の試合になる。ダスティン(ポイエー)とコナー(マクレガー)が1月に戦う。僕はその2人からチョークで勝ったんだ。ほかに何が? もうなんの興味もない」と、父の死とともに戦うモチベーションが失われたことを語っていた。

 そして最後に、「自分がUFCに求めることはひとつ。パウンド・フォー・パウンドの1位を僕にすること。それだけのことはやってきたし、無敗のライト級王者なんだ。UFCで13勝、13勝0敗。MMAキャリアは通算29勝だ。自分にはそれが相応しいと思っている」と名実ともに、全階級を通じて最も優れたファイターとして、UFCの記録に残りたいと希望していた。


(C)Zuffa LLC

 ケージの中で求めていたPFP1位の座。それを現実のものとしたヌルマゴメドフは、SNSで「それは僕の生涯の仕事であり、簡単に何かを得ることはなかったし、僕が良い人だからといって与えられるものでもなかった。勤勉さ、アッラーへの希望、忍耐、この3つの要素は、自分の成功を助けてくれた。もちろん、僕に多くの時間と労力を投資してくれた父からの節制とアドバイスによるものだ」と、あらためて現在の自分があるのは、父のおかげであることを語っている。

 試合後、勝利しマット上でひざまずき号泣するヌルマゴメドフに、敗れたジャスティン・ゲイジーは、「君のお父さんのこと、お悔やみを言えてなかった。立派なお父さんだったと、たったいま、君が証明したんだ」と励まし、ヌルマゴメドフは涙を拭きながら、立ち上がっている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事