MMA
レポート

【UFC】「父がいなければ戦えない」ヌルマゴメドフがゲイジーに一本勝ちで統一王者となり電撃引退。ウィテカーがキャノニア下す。極真ボルコフが三日月蹴り衝撃KO=『UFC 254』

2020/10/25 04:10
 2020年10月24日(日本時間25日)アラブ首長国連邦・アブダビの「ファイトアイランド」にて『UFC254』が開催された(※試合前の両選手の家族に関するコメント)。  日本時間25日(日)0時にスタートするアーリープレリム2試合と1時開始のプレリム5試合、合計7試合は、UFC公式サイトおよび公式YouTubeチャンネルでライブ配信。午前3時開始予定のメインカード5試合は『WOWOWメンバーズオンデマンド』で先行ライブ配信されたほか、UFC FIGHT PASSでもライブ配信された。また、メインカードは25日11時より『WOWOW』でも放送される。 UFC 254: Khabib vs. Gaethje 現地時間2020年10月24日(土)/日本時間2020年10月25日(日)UFCファイトアイランド(アラブ首長国連邦・アブダビ) 【メインイベント】 ▼UFC世界ライト級選手権試合 5分5R〇ハビブ・ヌルマゴメドフ(155lbs/70.31kg)ロシア[2R 1分34秒 三角絞め]×ジャスティン・ゲイジー(155lbs/70.31kg)米国※ヌルマゴメドフが統一王者に。  メインイベントは、MMA(総合格闘技)28戦無敗の正規王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)と、22勝2敗の暫定王者ジャスティン・ゲイジー(米国)によるUFC世界ライト級王座統一戦。  前日計量では、ともに155ポンド(70.31kg)で計量をパス。ヌルマゴメドフは、本計量でマスクもパンツも脱いで、UFCタオルで周囲を覆われスケールに乗り、クリア。両手で顔を覆い、ガッツポーズ後、右手で天を指した。対するゲイジーはマスクを着けたままクリアし、ガッツポーズを見せている。  2008年のMMAデビューから28連勝中のヌルマゴメドフは、2018年10月にコナー・マクレガーに、2019年9月の前戦でダスティン・ポイエーにいずれもリアネイキドチョークで一本勝ち。  その後、レスリングやサンボ、柔道の元選手で格闘技の手ほどきを受けた父親アブドゥルマナプを、2020年7月3日、新型コロナウイルスによる合併症で亡くすという悲しみを経て、今回のタイトルマッチに臨む。  元WSOF世界ライト級王者のゲイジーは、2020年5月の暫定王座決定戦でトニー・ファーガソンに5R TKO勝ちで二冠王に。2018年8月のジェイムス・ヴィック戦、2019年3月のエジソン・バルボーザ戦、9月のドナルド・セラーニ戦もいずれもパンチでフィニッシュしており、現在4連勝中。激闘スタイルに試合巧者ぶりも加わり、7試合連続・9度のファイトボーナスを獲得している。  ダゲスタンでレスリングを習得したヌルマゴメドフは、タックルからケージレスリング&柔術のポジショニングで極めを得意とし、元NCAAディヴィジョン1のオールアメリカンレスラーのゲイジーは打撃を得意とする。  ゲイジーにとってはいかにヌルマゴメドフのタックルを切って打撃を入れるか。ヌルマゴメドフはいかにテイクダウンし、ポジションを奪いフィニッシュするか。  1R、ともにオーソドックス構え。遠い間合い。中央を取るゲイジー。左インローで牽制するゲイジー。詰めて来たヌルマゴメドフにテイクダウンのフェイントはゲイジー。さらに左インローを当てる。  左のボディストレートはゲイジー。右から左フックを当てにいくゲイジーはさらに左インロー。ヌルマゴメドフは組みに行くが、最初の組みは切ったゲイジー。ヌルマゴメドフはジャブ! ゲイジーも右オーバーハンド、左フックを振る。圧力をかけるヌルマゴメドフにサークリングするゲイジーは足を使う。左のダブルで詰めるヌルマゴメドフに、右を返すゲイジーは右アウトサイドローも。  しかしヌルマゴメドフはついにダブルレッグテイクダウン! そのままマウントを奪うと腕十字狙いからキーロックに。そこは極めさせないゲイジーだが、かなり足を使ったため、肩で息をする。  2R、ワンツーはヌルマゴメドフもかわすゲイジーは左ロー。圧力をかけるヌルマゴメドフの組みを切るゲイジー。右ロー。しかしその打ち終わりに組み付いたヌルマゴメドフはゲイジーの脇を潜り、素早くバックマウント! さらにマウントから脇を開けさせ三角絞めに入り下に。ゲイジーの右腕は内側に流さず、外に出したまま、三角に組んだ右足を左手で引き寄せ絞めるとゲイジーはタップも、レフェリーは気づかず。さらに絞め上げたヌルマゴメドフに再びゲイジーはタップし、ようやくレフェリーが止めるも、ゲイジーは失神していた。  一本勝ちにヌルマゴメドフは、マット中央でひざまずき泣き崩れ、そこにゲイジーが駆け寄り肩を抱く。立ち上がるとなおも号泣。ベルトを巻くと、再びマットに両ひざを着いて泣き崩れた。  試合後、いつものパパーハを頭に、統一王者としてベルトを腰に巻いたヌルマゴメドフは、グローブをマットに置き、「父がいなければ戦えない。これが自分の最後の試合だ。父がいなくて、ここに来るなんて考えられない。父がいなくなって(戦った試合は)今回が初めてだ。母に3日間相談し、『お父さんがいないと出来ないから、もう辞めてほしい』と言われたけど最後だからと約束し、試合をした」と、突然の引退を表明。「自分がUFCに求めることはひとつ。パウンド・フォー・パウンドの1位を僕にすること。それだけのことはやってきたし、無敗のライト級王者なんだ。UFCで13勝、13勝0敗。MMAキャリアは通算29勝だ。自分にはそれが相応しいと思っている。父の夢だから格闘技をやれた。今日がUFCでの最後の試合になる。ダスティンとコナーが1月に戦う。僕はその2人からチョークで勝ったんだ。ほかに何が? もうなんの興味もない」と、父の死とともに戦うモチベーションが失われたことを語った。  さらに、無観客のオクタゴンでヌルマゴメドフは、「パンデミック禍でこんな素晴らしい大会を開催してくれたUFCのみんなに感謝したい。ロレンゾ・フェティータ、ダナ・ホワイト、ジョー・シルバ、僕と契約してくれてありがとう。ついてきてくれたみんなに感謝している。父についてきてくれていたみんなはもう10年以上の付き合いだ。AKAのチームのみんな、コーチのハビエル(メンデス)、本当に大好きだ。チームのみんなを愛している」と周囲に感謝の言葉を述べると、とりわけAKAの親友であるダニエル・コーミエーには「アイラブュー、デュード」と惜別の言葉を送った。  最後に、「ジャスティン、君がどれだけ周囲を気遣う素晴らしい人か、僕は知っている。2016年には減量を助けてくれたこともあったね。ご両親を大切に。いつ何が突然やってくるか分からないから」と、両親をアブダビに招いて戦った対戦相手を讃え、統一王者はオクタゴンを後にした。 [nextpage] 【セミメインイベント】 ▼ミドル級 5分3R〇ロバート・ウィテカー(186lbs/84.37kg)豪州 1位[判定3-0] ※29-28×3×ジャレッド・キャノニア(185lbs/83.91kg)米国 2位  前王者ウィテカーはミドル1位、キャノニアは2位。2019年10月にイスラエル・アデサニヤに敗れ王座陥落した“ブリッツ”ウィテカー。このキャノニア戦は一度、3月に組まれていたが「燃え尽き症候群」で欠場。2020年7月にダレン・ティルに判定勝利で再起を果たしている。  対するキャノニアは、2019年9月のジャック・ハーマンソン戦からは1年1カ月ぶりの復帰戦。ライトヘビー級からミドル級に落とし、デビッド・ブランチ、アンデウソン・シウバ、ハーマソン相手に3連勝中だ。  1R、オーソドックス構えのウィテカー。サウスポー構えからオーソドックス構えに戻すキャノニア。足払い気味のローでウィテカーを崩すキャノニアは右ハイも空振り。サウスポー構えにスイッチし左前蹴りを狙うキャノニア。ワイドスタンスのウィテカーの前足に右のカーフキックを2連打で当てる! その入りに右のカウンターを打つウィテカー。右ハイをガード上に打つ。  サウスポー構えになるキャノニアの右ジャブに左ジャブを合わせるウィテカー! キャノニアはウィテカーの前足に右のカーフを当てる。ウィテカーは左ジャブ、右ハイをガード上に当てて止める。キャノニアは左の前蹴りを返す。  2R、ウィテカーの左の突き、右ローを打つキャノニア。さらにサウスポー構えから左の前蹴りを腹に突く。さらに右のカーフキックを当てるキャノニア。ウィテカーの右ストレートの飛び込みに左の蹴りを返す。しかし、ウィテカーは左ジャブでキャノニアの右目を腫らせる。詰めてダブルレッグテイクダウンはウィテカー! キャノニアの立ち際を右ハイを狙う。中央に戻り、右の突きを当てるウィテカー!  3R、サウスポー構えから入るキャノニアはオーソドックス構えに。ウィテカーは左ジャブ、右ストレート。それを左に頭を下げて避けようとするキャノニアに右ハイ! 崩れるキャノニアは脳が揺れ足元がおぼつかずバランスを崩してダウン。一気に詰めるウィテカーはパウンド連打するが、キャノニアはハーフガード。そこにパスガードからマウント、バックで両足をかけるウィテカー。しかし胸を合わせ立ち上がるキャノニア。ウィテカーは左アッパー、さらに左ジャブをコツコツ当てる。右目がふさがるキャノニアだが、右フック! 崩れるウィテカーだが持ち直すと、ダブルレッグへ。それをキャノニアが差し上げ、試合終了。  判定は3-0(29-28×3)でウィテカーが勝利。アデサニヤとの再戦に向け、ナンバー1コンテンダーの座をキープした元王者は、「フィニッシュ出来れば良かったけど、勝ちは勝ちだ。キャノニアはとてもタフだったよ」と笑顔で語った。 [nextpage] 【メインカード】 ▼ヘビー級 5分3R〇アレクサンダー・ボルコフ(265lbs/120.20kg)ロシア 7位[2R 1分15秒 TKO] ※右三日月蹴り→右5連打×ウォルト・ハリス(254lbs/115.21kg)米国 10位  1R、サウスポー構えのハリスに、長身オーソドックス構えのボルコフ。喧嘩四つの前手争いから左の前蹴り、左ジャブはボルコフ! なおも圧力をかけると、ハリスのワンツーを懐深くかわす。前蹴りを起点に右の突きを狙い、右インロー。  ボルコフは右の前蹴りのフェイントでヒザを上げたまま、右から左をヒット! グラつくハリス。左を打ち返し凌ぐとボルコフはヒザ蹴りを突き上げる。  2R、組みの動きを見せるハリスにボルコフは右の三日月蹴りをみぞおちに突き刺すと、一瞬置いてから「うっ」とうめき声をあげて腹を押さえてかがんだハリス。すぐに詰めたボルコフが右の5連打でレフェリーが間に入った。  極真空手出身、ヘビー級7位のボルコフはMMA32勝8敗(21KO/TKO)、UFC6勝2敗とした。 [nextpage] ▼ミドル級 5分3R〇フィリップ・ハウズ(186lbs/84.37kg)米国[1R 0分18秒 KO] ※左右連打×ジェイコブ・マルクーン(186lbs/84.37kg)豪州 ※圧力かけたハウズが右の打ち下ろし右フック効かせ、金網に詰めて左フックで崩し、右フックでダウン。 ▼女子フライ級 5分3R〇ローレン・マーフィー(126lbs/57.15kg)米国 5位[2R 3分31秒 リアネイキドチョーク]×リリヤ・シャキロワ(126lbs/57.15kg)ウズベキスタン ▼ライトヘビー級 5分3R〇マゴメド・アンカラエフ(205.5lbs/93.21kg)ロシア 11位[1R 4分19秒 KO] ※左ストレート効かせ、パウンド×イオン・クテラバ(205.5lbs/93.21kg)モルドバ [nextpage] 【プレリム】 ▼ヘビー級 5分3R〇タイ・トゥイバサ(265lbs/120.20kg)豪州[1R 4分59秒 KO] ※右アッパー×ステファン・ストルーフェ(265lbs/120.20kg)オランダ ▼140ポンド キャッチウェイト 5分3R〇ケイシー・ケニー(140lbs/63.50kg)米国[判定3-0] ※29-28×2, 30-27×ナサニエル・ウッド(140lbs/63.50kg)英国 [nextpage] ▼ウェルター級→173ポンド 5分3R〇シャフカト・ラクモノフ(171lbs/77.56kg)カザフスタン[1R 4分40秒 ギロチンチョーク]×アレックス・オリベイラ(173lbs/78.47kg)ブラジル ※ ※オリベイラが体重超過。試合は予定通り行われるものの、オリベイラが対戦相手のラクモノフに報奨金の20%を支払う  カザフスタンのラクモノフは「M-1 Challenge」などで活躍しMMA12戦無敗。対するMMA22勝8敗1NCのオリヴェイラは悪夢のUFC3連敗から、2020年3月にマックス・グリフィンにスプリット判定勝ち。7月にもピーター・ソボタに判定勝ちで2連勝中。  体重超過のオリヴェイラに対し、右のカーフキックを当てるラクモノフ。オリヴェイラの右フックにはカウンターの右ヒザ蹴りを合わせる。さらに首相撲を仕掛けられてもヒザ蹴りで応戦。  オリヴェイラのダブルレッグを凌ぐラクモノフは、残り30秒でギロチンチョークで引き込んでクローズドガードの中に入れてタップを奪った。ラクモノフは脅威の13連勝でオクタゴン初陣を飾った。 ◆シャフカト・ラフモノフ「試合前にいった通りだろ? 彼が1つでもミスしたら、そこにつけ込んでやるって。自然と体が動いた。あんまり考えずに狙いを定めて極めた。勝ててすごく嬉しいよ。カザフスタンのみんなが固唾をのんで見ていたはずだから。彼らを喜ばせることができて誇らしい。今すごくエモーショナルになってるよ。まずは少し休んで、チームに合流し、次のことを考える。ブラジルのカウボーイを倒したから、次はアメリカのカウボーイ(セラーニ)かもな。家に帰って家族や仲間たちとこの勝利を祝う。一緒に喜びを味わいたい。オレは自分と母国に自分が一番で、UFCにふさわしいってことを証明したんだ」 ▼ライトヘビー級 5分3R△チョン・ダウン(206lbs/93.44kg)韓国[判定1-1] ※29-28, 28-29, 28-28△サム・アルビー(206lbs/93.44kg)米国 【アーリープレリム】 ▼女子フライ級 5分3R〇ミランダ・マーベリック(126lbs/57.15kg)米国[1R終了時 TKO] ※ヒジ打ちによる出血×リアナ・ジョジュア(126lbs/57.15kg)ジョージア ▼ライト級→159.5ポンド 5分3R〇ヨエル・アルバレス(159.5lbs/72.35kg)スペイン ※[1R 3分00秒 腕十字]×アレクサンダー・ヤコブレフ(155.5lbs/70.53kg)ロシア ※アルバレスが体重超過。試合は予定通り行われるものの、アルバレスがが対戦相手のヤコブレフに報奨金の30%を支払う
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事