AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
レポート

【RISE GP】倒し、倒されの熱戦制し、紅絹が判定防衛! 寺山が完封勝利、Ayakaが伊藤に逆転KO勝ち! アンナがスーパーガールぶり発揮! 現役女子校生対決はAKARIが制す

2020/02/11 17:02

▼第5試合 -52kg契約 3分3R
○スーパーガール・アンナ(タイ/untouchable/TARGET)
[判定3-0] ※30-27, 30-26×2

×キム・スヨン(韓国/エキスパートジム)

タイvs韓国による国際戦。アンナは女子ムエタイで活躍する16歳の現役女子高生。一番の武器はヒザ蹴りだがストレートも得意としており、ムエタイルールとは違うRISEルールにどうアジャストするかが注目される。

対するスヨンはアグレッシブな韓国女子ファイターで2018年7月にDEEP☆KICKでAyakaと対戦経験がある。

前日会見でアンナは、「キムのことは何にも知らないし、見てもいないけれど私には武器がいっぱいあるから気を付けてください」と自身のムエタイに自信。スヨンは「アンナさんはすごく可愛いけれど、その可愛い顔も今日まで。明日は絶対に勝つので待っていてください」と日本語も交えながら語った。

1R、ともにオーソドックス構え。強い右ストレート、右ローで前に出るアンナ。カウンター狙いのスヨンは同じ位置にいるため被弾。すぐにスヨンは鼻血。出血が多くドクターチェックに。再開。右ストレートでダウンを奪うアンナ。さらに前足をチェックしないスヨンに強い右ロー! 左フックを返すスヨンをものともせず前に出るアンナはヒザを使わずワンツー&ローの強打のみで制する。

2R、ワンツーボディ。右ローはアンナ。右ミドルも当てる。鼻血のスヨンも右ローを返すが同じ距離に立つためアンナのジャブ・右を被弾する。果敢に右ロー返すスヨンはバックフィストは空振り。アンナは構わず右ストレート、右ローを返す。

3R、強いハートを見せるスヨンは回り込んでの右ロー。しかしアンナも左ジャブ&右ロー! さらにジャブにスヨンは鼻血も右ローを当てるスヨンはワンツー! しかしアンナも右ボディストレート、右ストレート、右ローの強打にスヨンが後退。ゴングにアンナは両手を挙げて笑顔を見せた。

判定は大差3-0(30-27, 30-26×2)でアンナが勝利。まだ底を見せないスーパーガールぶりを披露した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事