K-1K-1
K-1
レポート

【K-1 KHAOS】全員デビュー戦の格闘代理戦争チームがK-1選抜チームに勝利、メインは松本日向が橋本実生との接戦制して一矢報いる

2019/09/27 22:09

▼第2試合 K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦・次鋒戦 K-1 KHAOS NIGHTライト級 3分3R・延長1R
×山下和希(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
KO 1R 2分52秒 ※左ストレート
〇稲垣 柊(K-1ジム大宮チームレオン/芦澤一家)


 稲垣は背の高い選手で蹴り技が多彩なファイター。山下はKRUSHとKHAOSで試合をしており(プロ戦績は2勝7敗)、6月に『K-1 KHAOS NIGHT』で行われた「Money in the KHAOS ROYAL」トーナメントでは1回戦突破。気持ちの見える熱い試合を見せた。


 1R、両者サウスポー。稲垣はジャブを的確に当てていき、すぐにボディへのヒザ蹴りや前蹴りにつなぐ。山下はやや大振りのパンチを回転させていくが、稲垣はよく見てかわす。相手の攻撃をかわしながらジャブ、ヒザ蹴り、ワンツーと自分の攻撃を当てていく稲垣は余裕すら見える。


 そして打ち合いになったところで右フックによるダウンを奪い、立ち上がった山下へ一気にパンチで襲い掛かって最後は左ストレート。稲垣が鮮やかなKO勝ちでデビュー戦を飾るとともに、格闘代理戦争チームに2勝目をもたらした。


 稲垣はマイクを持つと「チームレオンは今年1月からジムが出来て僕がプロ1号ですが、2号がラウェイの金子大輝選手。他にもプロの選手がいて、お兄ちゃんが次の格闘代理戦争に出場します。僕より強いと思っているので、稲垣兄弟をこれからよろしくお願いします」とアピールした。

▼第1試合 K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦・先鋒戦 K-1 KHAOS NIGHTフェザー級 3分3R・延長1R
×秀樹(レンジャージム)
判定0-3 ※27-30×3
〇岡嶋形徒(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/TEAM武尊)


 岡嶋はK-1アマチュアでも実績があり、代理戦争ではスタミナがあってアグレッシブで攻め続けるスタイルで注目された。秀樹は今回2度目の参戦。KRUSHのプレリミナリーファイトで1戦やっている(プロ戦績は2勝2KO1敗)。その試合では本来より重い階級で試合をして前へ出るスタイルでKO勝利している。対抗戦の火付け役にふさわしい組み合わせに。

 1R、岡嶋はローと前蹴りで先制、秀樹は飛び込みざまのフックを繰り出し、強い右ローを返す。岡嶋は長いリーチを活かしてのワンツー連打で前へ出ていく。


 2R、岡嶋は前蹴りでボディを攻め、強い右ローへつなぐ。秀樹も強い右ローを蹴り返すが、岡嶋が右の連打で一気に攻め込む。両者ヒートアップしての打ち合いを展開し、岡嶋の右ストレートとヒザ蹴りに秀樹は右フックで対抗。両者のパンチがヒットするが、岡嶋の右のヒットが目立つ。


 3R、ここまで左右に構えをスイッチしていた秀樹がサウスポーで勝負をかける。岡嶋は待ちの姿勢となるが、右ストレートで強襲する場面も。ラウンド終了間際に岡嶋が右ストレートからの右フックでダウンを奪う。秀樹は立ち上がったがすぐに終了のゴング。

 勢いだけでなく駆け引きも見せた岡嶋が判定3-0で勝利。デビュー戦を白星で飾り、格闘代理戦争チームに先勝をもたらした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事