GLORIOUSGLORIOUS
K-1K-1
K-1
レポート

【K-1 KHAOS】全員デビュー戦の格闘代理戦争チームがK-1選抜チームに勝利、メインは松本日向が橋本実生との接戦制して一矢報いる

2019/09/27 22:09
【K-1 KHAOS】全員デビュー戦の格闘代理戦争チームがK-1選抜チームに勝利、メインは松本日向が橋本実生との接戦制して一矢報いる

プロ経験のあるK-1選抜チームを対抗戦で破った全員がプロデビュー戦の格闘代理戦争チーム

「K-1 KHAOS NIGHT.9」
2019年9月27日(金)東京・新宿FACE


対抗戦の勝敗を決した榊原(右)

 毎回テーマが定められるK-1 JAPAN GROUP第3のブランドである『KHAOS』。今回のテーマはAbemaTVで放映された『格闘代理戦争 4thシーズン』にて、武尊や皇治らK-1ファイターが率いたチームの中から選抜された7名と、K-1選抜の7名が対抗戦を行う「K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦」として行われた。

 格闘代理戦争チームは全員がこれがプロデビュー戦。K-1選抜チームは1人を除きすでにプロデビューを果たしている選手たちだったが、格闘代理戦争チームが先鋒戦からストレートで3勝をあげ、K-1選抜チームを追い詰めた。


メインは松本(左)が橋本を熱戦の末に振り切った

 中堅戦と三将戦でK-1選抜チームが勝利して追い上げるも、副将戦で榊原達也(WSRフェアテックス西川口/木村組)が内田道隆(K-1 GYM横浜infinity) を破り、大将戦を待たずして4勝2敗で格闘代理戦争チームが対抗戦で勝利を収めた。


 メインではデビュー戦同士となる松本日向(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ) と橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/TEAM武尊)が対戦。デビュー戦とは思えない熱戦と、超満員の観客の声援でゴングが聞こえないほどの盛り上がりを見せ、試合は延長戦へ突入。両者一歩も譲らない熱戦は判定2-1の僅差でK-1選抜・松本が勝利し、格闘代理戦争チームに一矢報いた。

▼第7試合 K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦・大将戦 K-1 KHAOS NIGHTバンタム級 3分3R・延長1R
〇松本日向(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
延長R 判定2-1 ※10-9、9-10、10-9
×橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/TEAM武尊)
※本戦の判定は29-30、29-29、29-29
※いずれも赤コーナー(上)がK-1選抜、青コーナー(下)が格闘代理戦争選抜


 松本はK-1カレッジ2018 -55kg優勝の肩書を持っているためK-1選抜となったが、『格闘代理戦争 4thシーズン』にも皇治軍団のメンバーとして出場している。TEAM武尊と皇治軍団はトーナメント準決勝で対戦しているが、松本は負傷のため出場することができず、橋本との対戦は実現しなかった。


 両者ともバンタム級だが代理戦争では体格が大きな選手にも臆することなく立ち向かい、「この2人の試合を見たかったとの声があった」(中村拓己K-1プロデューサー)ため、お互いプロデビュー戦で大将戦として対戦が実現することに。


 橋本のセコンドには武尊、松本のセコンドには11月24日(日)神奈川・横浜アリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり』で武尊との対戦が決定した村越優汰が就く。皇治も赤コーナーのリング下に陣取った。


 1R、サウスポーの橋本は左ミドルとローを蹴り、パンチのチャンスを狙う。松本は右の三日月蹴りとロー。終盤、橋本がパンチのラッシュを仕掛けボディと顔面へパンチをもらった松本だが、打ち返す。場内はゴングも聞こえないほどの大声援に包まれる。


 2R、松本の右ボディをもらった橋本は感情を露わにして打ち合いに出る。松本は橋本のミドルに軸足蹴りを合わせ、フェイントを使ってパンチを当てに行く。パンチでアグレッシブに攻める橋本に対し、技を合わせていく松本。


 3R、松本は橋本の蹴りに軸足蹴りを合わせ、さらに橋本がそこへ左ストレートを合わせに行く。アグレッシブに動いて前へ出る松本に橋本は強打を打ち込んでいく。パンチのヒット数でやや橋本が上回ったかに見えたが、ジャッジ1名が橋本を支持するもドローで延長戦に。


 松本は右ローを蹴り、橋本は左ミドルを蹴る。やや橋本の手数が減るが、アグレッシブに前へ出てパンチを出す松本もヒットを奪えない。橋本が終盤に左ストレートをヒットさせるが、松本もすぐにパンチで攻め込む。打ち合いの中、松本がヒットを奪い試合終了。判定は2-1の僅差で、松本がデビュー戦対決を制した。


 松本は「実生君は俺は負けたくないと思っていたし、5月に代理戦争で負けてからずっとこの試合がしたくて。でもプロになれるか分からなかったけどやりたかったから。大学で部活の部長やっているんですが、やってみなってみんなが言ってくれて、地元の仲間も動画を作ってくれたり、凄い感謝しています。実生君のおかげで強くなれたし、まだまだ強くなりたいし、次は(北村)夏輝と一緒に勝ちたいです。格闘代理戦争のおかげでここまで知ってもらえて、応援してもらえて嬉しいです」と、嬉し涙を流しながらマイクで語った。

 中村拓己K-1プロデューサーもリングに上がり、「格闘代理戦争を卒業した選手たちが全員デビュー戦でしたが、素晴らしい試合を見せてくれました。代理戦争は新しいシリーズが26日からスタートします。14日に出場選手のトライアウトを行うことが決まっております。今日の選手たちのようにK-1のリングでプロとして輝きたい選手はトライアウトを受けてください」と呼び掛けた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事