MMA
ニュース

【修斗】バンタム級で平川智也vs.川北晏生、中野剛貴vs.人見礼王、フェザー級で“ローリングサンダー”島村裕が修斗初参戦=3月23日(土)後楽園

2024/03/04 15:03
【修斗】バンタム級で平川智也vs.川北晏生、中野剛貴vs.人見礼王、フェザー級で“ローリングサンダー”島村裕が修斗初参戦=3月23日(土)後楽園

(C)ゴング格闘技

 2024年3月23日(土)東京・後楽園ホールにて、プロフェッショナル修斗2024第二戦が開催される。

 すでに「環太平洋フェザー級チャンピオン決定戦」竹原魁晟(同級3位/パラエストラ松戸)vs.上原平(同級8位/リバーサルジム横浜グランドスラム)を含む3カードが発表されている同大会で、新たに3カードが追加された。

 環太平洋新王者が決まる今大会でフェザー級に新たな強者が加わる。

▼フェザー級 5分2R
島村 裕(パラエストラ小岩)※修斗初参戦
青井太一(心技舘)


【写真】「修斗Live!」でケージインし、修斗初参戦を表明した島村。

 必殺ローリングサンダーを引っさげて、島村裕(パラエストラ小岩)が修斗初参戦。島村は、2010年にZSTでプロデビューを果たすと、近年はFighting NEXUS、GLADIATORに参戦。GLADIATOR初戦で天草ストロンガー四郎を腕十字に極めるも中川皓貴に判定負け。2022年11月の前戦では現在PANCRASEで活躍中の新鋭・栁川唯人に一本負けを喫している。

 キャリア14年を向かえパラエストラ小岩への移籍を機に主戦場を修斗へと移すことになった島村は、15の勝ち星のうち9つの一本勝ちを誇る生粋のグラップラーで、得意技のローリングサンダーは、古来サンボ技に似た腹固めからの前転アームロックで、練習では極め切ることが危険な必殺技だ。

 このベテラングラップラーを迎え撃つのが“青井兄弟の兄”青井太一(心技舘)。青井は1月の開幕戦で加藤裕彦に2R TKO勝ちしたばかり。今回、島村の修斗デビュー戦の相手に立候補したという。

 23歳の青井が若さ溢れる勢いで島村を粉砕するか? それとも37歳円熟の島村のローリングサンダーが炸裂するか?

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント