MMA
レポート

【修斗】環太平洋バンタム級王者・藤井伸樹が挑戦者・須藤拓真に判定勝ち防衛、藤野がインフィニティリーグ優勝!

2024/01/28 17:01

▼第6試合 epsomsalt seacrystals Presents インフィニティリーグ2023 女子ストロー級 5分2R
×宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)52.2kg
[判定0-3](※18-20×3)
〇杉本 恵(AACC)51.7kg

宝珠山「2023年からインフィニティリーグに参戦し、人間としても選手としても大変成長できたと思っております。私は生に対する執着心が芽生えたので絶対に勝てると思います。絶対勝ちます。応援よろしくお願いします」

杉本「2024年1発目の試合、そしてリーグ戦最終戦をしっかり勝っていいスタートを切りたいと思います。応援よろしくお願いします」

 現在トップを走るのが勝ち点7の藤野恵実(JAPAN TOP TEAM)。それを追うのが勝ち点6の宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)。そして現在まで負けなしの杉本恵(勝ち点5・AACC)が続く。

 しかし、試合の結果次第では勝ち点3の吉成はるか(勝ち点3・パラエストラ小岩)にも優勝の可能性が残っており、そこで最終戦の鍵となるが、インフィニティリーグの醍醐味とも言える「いかに早く勝利を収めることができるか」のポイント争い。全てはここにかかっている。

 毎年最終戦までもつれ、過去にも大逆転優勝も生まれたインフィニティリーグ。2024年はどんな結末が待っているか。そして2024年内に予定されている初代女子世界ストロー級チャンピオン決定戦に駒を進めるのは誰と誰になるのか、注目のインフィニティリーグ最終戦だ。

 インフィニティリーグ2023 女子ストロー級5分2R。

 1R、両者オーソドックス。パンチで距離を詰める宝珠山だが、杉本が四つに組み止めるとケージに押し込みながら両脇を差してクラッチ。投げで膝を一瞬着かせた杉本だが、宝珠山はすぐに立ち上がる。

 両脇を差してケージに押し込みながらヒザを入れていく杉本。動きがなくレフェリーからブレイクがかかる。すぐにパンチで距離を詰める宝珠山だが、杉本が四つで組むとまたケージに押し込みヒザを入れていく。右脇を差し返した宝珠山が入れ替えようとするが、再びケージに押し込む杉本。またレフェリーがブレイク。

 宝珠山がミドルを入れるが、杉本がキャッチしてテイクダウン。そのままサイドで押さえ込む。残り1分。パウンドを入れる杉本。残り20秒でバックを狙っていく。残りわずかでバックマウントの体勢になるが1R終了のホーン。

 2R。開始直後にパンチからダブルレッグでテイクダウンした杉本。パウンドを落とす杉本。足で距離を作って防ごうとする宝珠山。ケージを使い立ち上がろうとしたところで杉本がまたダブルレッグでテイクダウン。

 宝珠山が逆にタックルに入り立ち上がろうとすると、杉本はがぶりながら首を抱えてネルソンの体勢に。外れて四つ組みの体勢になり、また杉本がケージに押し込む体勢。両脇を差してクラッチした杉本だが、テイクダウン狙いは宝珠山が差し返してこらえる。

 残り2分でレフェリーのブレイクがかかる。再開直後にダブルレッグでテイクダウンした杉本。宝珠山は上半身を起こして杉本の首をギロチンに抱える。立ち上がって外した杉本。

 宝珠山が腹にヒザを入れるが、杉本がダブルレッグでテイクダウンを奪う。残りわずかで下から腕十字を狙う宝珠山に対し、上からパウンドを落とす杉本。タイムアップ。

 判定ジャッジ三者20-18で杉本勝利。インフィニティリーグの勝ち点をトップの藤野と並ぶ7とした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント