MMA
レポート

【修斗】環太平洋バンタム級王者・藤井伸樹が挑戦者・須藤拓真に判定勝ち防衛、藤野がインフィニティリーグ優勝!

2024/01/28 17:01

▼第3試合 フェザー級 5分2R
△岡田逹磨(SAI GYM)65.7kg
[判定0-0] ※19-19×3

△椿 馨(KATANA GYM)65.5kg

 1R、両者サウスポー。詰めて左ストレートを打ち込む椿。飛び込んでワンツーがヒット。一瞬効いて膝を着いた岡田の背中について両足をフックした椿。チョークを狙う椿だが、岡田は背負って立つと、背中の椿に左のパンチを入れていく。背負われたままチョークを狙っていく椿。岡田はなおも細かいパンチを入れながら、チョーク狙いに対しては腕を掴んでディフェンス。残り1分。椿が降りると離れた岡田。すぐにタックルへ。ケージに押し込んでボディロックでクラッチした岡田。反り投げでテイクダウンした岡田がサイドで押さえ込むが1R終了のホーン。

 2R、岡田が右フックを振りながら前に出ていくと、ケージを背負った椿がシングルレッグを狙ったところで岡田が四つでクラッチしケージに押し込む。体落としで投げてテイクダウンした岡田。ハーフから肩固めをセットした岡田が足を抜いてサイドに出て絞めるが、外れてガードを取る椿。

 クローズドガードの椿に上からヒジを入れる岡田だが、椿はハイガードで仕掛けていく。体を起こした岡田だが、膝を着いたグラウンド状態の岡田の顔面に椿が蹴り上げを入れてしまい、警告が与えられる。スタンドで再開。岡田がすぐに組み付くと四つで両脇を差してクラッチし、ケージに押し込みながらテイクダウンを狙う。

 こらえる椿のボディにヒザを入れる岡田。残り35秒で外掛けからテイクダウンした岡田。ハーフにした岡田がヒジを入れるが、椿がクローズドガードに戻した。椿が下から足関を狙ったところでタイムアップ。

 ジャッジは三者とも19-19で、0-0のスコアレスドローとなった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント