MMA
レポート

【修斗】SASUKEが戦慄のバックエルボー! 飯田健夫をTKOでフェザー級初防衛。フライ級で新井丈が関口祐冬下し、安芸柊斗を逆指名、野瀬翔平が新井拓巳に一本勝ち!

2023/03/19 19:03

▼第6試合 ストロー級 5分3R
○安芸 柊斗(同級世界1位/MMAZジム)52.0kg
[1R 3分49秒 TKO] ※レフェリーストップ
×澤田 龍人(AACC)52.1kg

 ONE Championshipとの専属契約を終え、約5年振りの国内復帰戦となる澤田龍人(AACC)が世界ストロー級1位・安芸柊斗(同級世界1位/MMAZジム)と激突。

 澤田は2022年3月のONEでの仙三との2R TKO負けの激闘以来の試合。対する安芸は、2021年2月に山北渓人に敗れて以降は、田上こゆるに判定勝ち。

 そしてマッチョザバタフライ、マルザヘンペーソクをいずれも1R KO・TKOに下している。修斗3連勝の安芸と、ONE3連敗からの復活を目指す澤田のサバイバルマッチだ。

 1R、ともにサウスポー構え。スピーディーな左ジャブを突く安芸。頭を傾けて避ける澤田も左を突く。安芸の右カーフキックに体勢を崩す澤田。立て直すとワンツーから左ストレートを突く。

 スウェイで避ける安芸は左ジャブ。澤田は左を振ってニータップを仕掛けるが、切る安芸は、澤田の入りにジャブ、ストレートを合わせて組ませない。

 澤田は左インロー、安芸のジャブに左を刺すが、安芸も右のカウンター、左ストレートでダウンを奪取! シングルレッグで足を手繰る澤田をがぶり、鉄槌連打! 金網まで押し込む澤田の頭を押さえてパウンド連打でレフェリーを呼び込んだ。

 ケージの中で安芸は、「海外から帰ってきた選手に1位の意地を見せられたと思います。上を目指して誰と組まれてもやります」と力強く語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント