キックボクシング
レポート

【ビッグバン】一航が完勝の初防衛、バンタム級は板橋武留が新王者、城戸康裕が約60kg差エキシビションに「無理」、NARIAGARI出場決定の矢島直弥が皇治の前でKO勝ち、ヘビー級ホープの星龍之介が3戦目でビッグバン王者をKO

2023/01/22 19:01
【ビッグバン】一航が完勝の初防衛、バンタム級は板橋武留が新王者、城戸康裕が約60kg差エキシビションに「無理」、NARIAGARI出場決定の矢島直弥が皇治の前でKO勝ち、ヘビー級ホープの星龍之介が3戦目でビッグバン王者をKO

撮影/安村発

ビッグバン・統一への道 其の44
2023年1月22日(日)東京・後楽園ホール

▼第11試合 メインイベント第2試合 Bigbangスーパーバンタム級タイトルマッチ 3分3R
〇一航(新興ムエタイジム/王者)
判定3-0 ※30-28×2、30-27
×愛瑠斗(健成會/挑戦者)
※一航が初防衛に成功。


 一航は2019年4月の『BOM』でWMC日本バンタム級王座、11月の『NJKF』でNJKF同級王座を獲得して高校生二冠王者を達成すると、2020年9月にはWBCムエタイ日本統一王座も獲得して三冠王となった。2021年2月にはRISEに参戦して大崎一貴と対戦、判定2-0で敗れるも大崎を蹴りで苦しめている。2022年2月にはK-1に初参戦し、「K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」に出場も1回戦で璃明武に敗れた。9月には鬼山桃太朗とBigbangスーパーバンタム級王座決定戦を争い、判定勝ちで四冠王に。今回が初防衛戦。戦績は15勝(3KO)4敗2分。


 愛瑠斗は2020年10月のKrush-EXでプロデビューし、篠原広耀にタフファイトで判定勝ち。2021年2月のKrush-EXではカーフキックでしのをKO、5月のKrush本戦では光佑にもKOと3連勝を飾ったが、8月の「第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント」では鬼山桃太朗に判定負け。2022年2月には「第3代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」のリザーブマッチに抜擢されたが、倉田永輝にKO負けを喫した。その後11月のBigbangで蘭丸に勝利し、戦績を5勝(2KO)2敗とした。


 1R、一航は右の蹴りを多用。右ミドル、右インロー、前蹴りと出していく。愛瑠斗はサウスポーから序盤はパンチを狙ったが、一航が蹴りの距離のため蹴り合いに変える。じりじりと詰めていく一航に愛瑠斗はロープを背負って動く場面が多かった。


 2R、愛瑠斗は右カーフを蹴り、一航は左ボディ。左ミドル、右ローを蹴って左ボディへつなぐ一航。愛瑠斗の蹴りはかわし、逆に右ミドルをヒットさせる。徐々に手詰まりにさせられる愛瑠斗。


 3R、一航は首相撲で愛瑠斗をコカしていく。パンチを打ちに行く愛瑠斗だが一航の右ボディからの左フックをもらう。フックを打とうとして接近しすぎる愛瑠斗は一航の首相撲につかまり、離れると一航が左フック、右ミドル。ガムシャラに攻める愛瑠斗へ一航は左フック、組んでのヒザ蹴り。


 ほぼ全てのラウンドで主導権を握った一航が判定勝ち。初防衛に成功した一航は「自分が目標としている倒せる選手、今回も全然倒すこともダウンもなく、内容がダメでしょっぱい試合してすいません。また練習して倒せる選手になって帰ってきます」と、倒せなかったことに納得がいかないようだった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント