キックボクシング
レポート

【KNOCK OUT】良太郎が首ヒザ地獄で渡部太基を返り討ち、小笠原瑛作がKO圧勝で2階級制覇、龍聖も圧巻のKO勝ち

2022/09/23 21:09
【KNOCK OUT】良太郎が首ヒザ地獄で渡部太基を返り討ち、小笠原瑛作がKO圧勝で2階級制覇、龍聖も圧巻のKO勝ち

最初から最後まで徹底して首相撲&ヒザ蹴りを貫き、10年目のメインで王座に就いた良太郎(左)

KNOCK OUT 2022 vol.5
2022年9月23日(金)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント第2試合(第8試合) 【G-BALLER Presents】初代KNOCK OUT-BLACKウェルター級王座決定戦 3分3R延長1R
〇良太郎(池袋BLUE DOG GYM/team AKATSUKI)
判定2-0 ※29-29、29-28、30-29
×渡部太基(TEAM TEPPEN)
※良太郎が初代王座に就く。


 良太郎は“千の職質を受けた男”として知られる強面で、パンチと首相撲からのヒザ蹴りを武器に2017年11月にはREBELS-MUAYTHAIライト級王座を獲得。2019年2月には初防衛にも成功している。2019年8月に雅駿介、2020年2月にスアレックに敗れて連敗したが、2021年2月には橋本悟からダウンを奪って勝利し復活。今回はそれ以来の試合となる。戦績は14勝(5KO)13敗5分。


 渡部は藤原ジム所属として2006年3月に全日本キックでプロデビュー。Krush、M-1、REBELS、RISEなど様々なリングで活躍し、2011年1月にトーナメントで優勝して初代WPMF日本ウェルター級王者となり、2016年1月にはKrush同級王座を奪取。RISEのウェルター級王座決定戦にも2度挑んでいる。2019年7月の『RIZIN,17』でHidekiに判定2-0で敗れると引退を示唆したが、2021年11月に2年半ぶりに復帰。松山翔からダウンを奪って勝利すると、今年4月大会では杉原新也にも勝利して2連勝。戦績は24勝(13KO)27敗2分。


 両者は7月大会で初対戦し、良太郎が判定3-0(29-28×3)で勝利。試合前から激闘が期待された一戦で、1Rは渡部が左右フックのラッシュで良太郎をダウン寸前まで追い込んだが、2Rになると良太郎が首相撲からのヒザ蹴りで逆襲。最後は執念の首ヒザで良太郎が勝利をもぎ取った。


 ダイレクトリマッチで今度は王座を懸けての戦いとなる。


 1R、良太郎はミドルを蹴ると、さっそく前回も渡部を苦しめた首相撲で組みに行きヒザ蹴り。渡部も首相撲で応戦してヒザを蹴るが、良太郎はしつこく徹底的なヒザ。首相撲の技術では差があるようだ。しかし、渡部は離れ際に左フックを2発ヒットさせ、良太郎をグラつかせるが良太郎はしつこく組みに行く。


 2Rも徹底して組んでのヒザ蹴りに行く良太郎に渡部もヒザ蹴りで応戦。離れ際に前蹴り、左右フック、そして左ボディ。良太郎はひたすらヒザ蹴りで攻めまくる。


 3R、渡部は戦局を変えるために飛びヒザ蹴り、左右フック、さらに左ローで良太郎をふらつかせるが、良太郎はすぐに首相撲に捕まえてのヒザ蹴り地獄。徹底的に首相撲&ヒザを貫き通し、自らも消耗しながらヒザを蹴り続ける。渡部も左ローと左右フックで反撃を試みたが、そのまま試合終了。


 最後まで作戦を貫いた良太郎が判定2-0で勝利。初代王座のベルトを巻いた。


 良太郎はマイクを持つと「才能とか全然ないんですけれど、後楽園ホールのメインをはるのに10年かかりました。10年でメインをはって、ベルトが獲れてこの道を諦めずに続ければ結果が出るということを証明できたと思います」とマイクで語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント