MMA
レポート

【UFC】ブレイズがアスピナルの負傷で15秒 TKO勝ち、オーズデミアがクレイグの引き込み剥がし判定勝ち、ロンドン人気のピンブレット&マッキャン登場、英国の平良達郎モカエフが堀内佑馬下したジョンソンに判定勝ち=UFCロンドン

2022/07/23 22:07
【UFC】ブレイズがアスピナルの負傷で15秒 TKO勝ち、オーズデミアがクレイグの引き込み剥がし判定勝ち、ロンドン人気のピンブレット&マッキャン登場、英国の平良達郎モカエフが堀内佑馬下したジョンソンに判定勝ち=UFCロンドン

試合後、「亡き2人に勝利を捧げる」と語ったピンブレット(C)Zuffa LLC/UFC

 2022年7月23日(日本時間23日25時~)英国ロンドンのO2アリーナにて『UFC Fight Night: Blaydes vs. Aspinall』開催された。

『UFC Fight Night: Blaydes vs. Aspinall』速報

現地時間2022年7月23日(土)、日本時間24日(日)
英国・ロンドン/O2アリーナ

【メインイベント】

▼ヘビー級 5分5R
〇カーティス・ブレイズ(米国)17勝3敗(UFC12勝3敗)260lbs/117.93kg
[1R 0分15秒 tKO]

×トム・アスピナル(英国)12勝3敗(UFC5勝1敗)251lbs/113.85kg

 3月以来、2022年2度目のロンドン大会のメインイベントでは、ヘビー級(5分5R)で、4位のカーティス・ブレイズ(米国)と、6位のトム・アスピナル(英国)が対戦。

 地元で戦う29歳のアスピナルは12勝2敗で、黒星は6年前のBAMMMAでのもの。2020年から参戦したUFCでは5戦全勝で全試合をフィニッシュしている。

 2020年7月のオクタゴンデビュー戦でジェイク・コリアーに右クロスで1R TKO勝ちを決めると、10月にアラン・ボドウも1R パウンドアウト、2021年2月にアンドレイ・アルロフスキーにリアネイキドチョークで一本勝ち。9月にセルゲイ・スピヴァクをグラウンドヒジでTKOに下すと、2022年3月の前戦では、ロンドンでアレクサンダー・ヴォルコフから1R、ストレートアームバーで一本勝ちしてトップランキング入りを果たしている。

 対するブレイズは31歳で16勝3敗。3つの黒星は2選手によるもので、2016年4月と2018年11月に現王者ガヌーに敗れたもの以外では、2021年2月にデリック・ルイスに2R アッパーカットでKO負けの3戦のみ。2022年3月の前戦では、クリス・ドーカスを2R、右ストレートでTKOに下している。

 テイクダウン&パウンドを武器とするブレイズに対し、アスピナルはテイクダウンディフェンスが強い。王座戦線に生き残るのは、ブレイズかアスピナルか。

◆UFCヘビー級

王者 フランシス・ガヌー
1位 シリル・ガーヌ(9.3 vs.トゥイバサ)
2位  スティペ・ミオシッチ
3位 タイ・トゥイバサ(9.3 vs.ガーヌ)
4位 カーティス・ブレイズ
5位 デリック・ルイス(7.30 vs.パブロビッチ)
6位 トム・アスピナル
7位 アレクサンドル・ボルコフ
8位 ジャルジーニョ・ホーゼンストライク
9位 クリス・ドーカス
10位 マルチン・ティブラ(8.20 vs.ロマノフ)
11位 セルゲイ・パブロビッチ(7.30 vs.ルイス)
12位 アレクサンドル・ロマノフ(8.20 vs.ティブラ)
13位 シャミル・アブドゥラヒモフ(9.10 vs.ジャイルトン・アルメイダ)
14位 アウグスト・サカイ(8.6 vs.セルゲイ・スピヴァク)
15位 ブラゴイ・イワノフ

 1R、ともにオーソドックス構え。勢い良く中央に飛び出たアスピナル。跳びヒザもそこに右を合わせに行くブレイズは右ロー。

 アスピナルの右に回転の速いワンツーを狙う。アスピナルは右ロー。そこに右ストレートを振るブレイズ。なおも2度目の右ローのアスピナルに、右ストレートを喉もとに打ち込み、後方にダウンするアスピナルは右ヒザを抱える。

 ローのチェックで痛めたか、右の蹴りの戻し時に着地でヒザが外れたか。治療中のアスピナルがいるマット中央を避け、ブレイズは複雑な表情で金網際で勝ち名乗りを受けた。アスピナルはオクタゴンで初黒星となった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント