MMA
ニュース

【Bellator】Bellator入りが決定したトフィック・ムサエフが王座獲り宣言「新しい道、同じ目標」、サトシもダブル王者を目指すBellatorライト級戦線とは?

2022/01/12 11:01
【Bellator】Bellator入りが決定したトフィック・ムサエフが王座獲り宣言「新しい道、同じ目標」、サトシもダブル王者を目指すBellatorライト級戦線とは?

(C)RIZIN FF

 2019年RIZINライト級トーナメント優勝のトフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン)が、Bellatorへの移籍を発表。12日のSNSでベルトを手にした写真とともに「新しい道、同じ目標」と王座獲りを宣言した。Bellatorデビュー戦の日付は未定ながら「もうすぐ」と記している。

 MMA18勝4敗、32歳のムサエフは11日のツイッターで、アゼルバイジャンと日本の国旗をハートで結び、日本語で「日本のファンの皆さん、いつも親切に私の事を応援してくださりありがとうございます。今、私はBellatorリーグのファイターですが、近い将来、日本で試合できるようになることを願っています。 また近いうちにお会いしましょう!」と投稿していた。

 2015年から14連勝していたムサエフは、2018年大晦日からRIZINに参戦。大尊伸光、ダロン・クルックシャンクを降すと、 2019年にRIZINライト級トーナメントに出場。ダミアン・ブラウン、ジョニー・ケース、パトリッキー・フレイレを降し優勝、GPベルトを巻いている。

 その後、新型コロナウイルスの影響と徴兵で約1年半リングから離れ、2021年6月の東京ドーム大会で来日。ホベルト・サトシ・ソウザとのRIZINライト級王座決定戦に臨むも、三角絞めで一本負けで王座獲得に失敗。RIZINとは前回の試合で契約が切れていた。

 奇しくも、2021年12月31日の「RIZIN.33」さいたまスーパーアリーナ大会では、「RIZINライト級タイトルマッチ」で王者のホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)が、矢地祐介(フリー)に腕ひしぎ三角固めで一本勝ちの初防衛成功後、「榊原さんにお願いがあります。私、堀口(恭司)選手みたいに、Bellatorの選手に勝ちたい、ダブルチャンピオンになりたい。どうですか!?」と、Bellator王座獲りを掲げたばかり。

 試合後の会見では、RIZINライト級トーナメント準優勝で、現Bellator世界ライト級王者のパトリッキー・フレイレ(ブラジル)に向け、「いま、私の階級はピットブルがチャンピオン。私と彼すごく仲が良い。たまにメッセージで話したり、ムサエフ倒したときもメッセージをくれた。(Belltorが)いいお金払ってから、彼には15分だけ! と言って戦わせるから大丈夫!」と、RIZIN王者として、Bellator王座挑戦を望んでいる。

 RIZINのベルトを巻いた2人の王者が向かうBellatorライト級戦線とはいかなるものか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア