MMA
レポート

【Fighting NEXUS】寿希也が一本勝ち! 須藤が森山をヒール葬で2月河村戦へ、小森が島村下す、河名マスト、ウィルキンスが激勝! 熟女・白木優子がラウンドガールも

2021/12/19 12:12
【Fighting NEXUS】寿希也が一本勝ち! 須藤が森山をヒール葬で2月河村戦へ、小森が島村下す、河名マスト、ウィルキンスが激勝! 熟女・白木優子がラウンドガールも

アームバーで一本勝ちの寿希也、赤のラウンドガールは白木優子が務めた(C)ゴング格闘技/Fighting NEXUS

 2021年12月19日(日)GENスポーツパレス4Fで「Fighting NEXUS vol.24」が開催された。

 12時開始の第1部のダブルメインイベントは、当日計量65.8kg契約の森山壱政(SONIC SQUAD)vs.須藤拓真(X-TREME EBINA)と、唐沢タツヤ(GRABAKA)vs.寿希也(BLUE DOG GYM)。勝利した須藤と寿希也はともに次回大会でのタイトルマッチが決定している。

▼NEXUS バンタム級タイトルマッチ 
河村泰博(和術慧舟會AKZA)vs. 須藤拓真(X-TREME  EBINA)

▼NEXUSフェザー級タイトルマッチ
山本空良(POD)vs. 寿希也(BLUE DOG GYM)

 そのほか、2021年7月に激闘を繰り広げたグレコローマンレスリング強豪の河名マスト、ジェイク・ウィルキンスがともに勝利。「NexusSPROUT」で実績を積んできた柔術家ファビーニョことファビオ・ハラダ(INFIGHT JAPAN)は、第2部で諏訪部哲平(IGGY HAND’S GYM)と対戦し、ファビーニョが判定勝ちを収めている。

 なお、同大会のラウンドガールを「FLASH 2020年現役最強セクシー女優BEST100/読者投票・熟女部門第3位」の白木優子(マドンナ・45)が務めた。

第1部(12:00開始)

▼第9試合 ダブルメインイベント2  当日計量65.8kg契約 5分2R(延長1R)
×唐沢タツヤ(GRABAKA)
[2R 3分03秒 アームバー]

〇寿希也(BLUE DOG GYM)

 唐沢は、2019年7月から「Fighting NEXUS」参戦。菊西拓馬、大石真丈、井上晧平を相手に3連勝も、2020年12月に福島啓太にTKO負け、2021年7月に森山壱政にリアネイキドチョークで一本負けで2連敗中。再起を図る。

 寿希也こと山崎寿希也がプロ3戦目に臨む。金沢学院大柔道部出身で学生選手権5位、全日本強化選手の大吉賢にも大腰で一本勝ちしている寿希也は、2021年4月のプロデビュー戦で村井和道をアメリカーナで極め、7月の前戦では実力者・滝田J太郎を1R ヒザ蹴りでTKOに降しており、「Fighting NEXUS」3連続フィニッシュなるか。

 1R、寿希也の投げを潰して上を取る唐沢。寿希也に背中を着かせてインサイドから細かくパウンド。

 2R、左ハイを当てる唐沢のダブルレッグをがぶった寿希也。ギロチンチョークも頭を抜いた唐沢に下から三角絞めの寿希也。マウント三角から右腕をストレートアームバーで極めてパウンド、最後は腕を極めて勝利した。

 試合後、寿希也は「フェザーの山本空くん、今度、タイトルお願いします。これからRIZINだけでなく世界で戦える選手になるので、いい景色をみましょう」とマイクで語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント