MMA
インタビュー

【Bellator】堀口恭司はなぜマットに倒れたのか──4R 3分24秒、モヒガン・サン・アリーナの悲劇をひもとく

2021/12/06 12:12
【Bellator】堀口恭司はなぜマットに倒れたのか──4R 3分24秒、モヒガン・サン・アリーナの悲劇をひもとく

(C)Bellator

 2021年12月3日(日本時間4日)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナにて『Bellator 272』が開催され、メインイベントの「Bellator世界バンタム級タイトルマッチ」で王者のセルジオ・ペティス(米国)に、堀口恭司(日本)が挑戦。

 中盤までの3Rを、遠間からの打撃とテイクダウン&パウンドで支配した堀口だったが、4Rに詰めたペティスの右ハイキックからの回転技・左バックフィストを浴びてKO負け。ペティスが初防衛に成功した。

 公式スタッツでは、ペティスの打撃は80発でうちヒット数は19。堀口の打撃は130発でうち73のヒットをカウントし、テイクダウンでは、王者が0なのに対し、堀口は4Rで7回のアテンプトがあった王座戦。

「1Rに1回はテイクダウンを狙え」というマイク・ブラウンコーチの指示通り、すべてのラウンドでテイクダウンを奪い、打撃でも削っていた堀口は、4、5Rを取られても、ダウンしない限り勝利する計算だった。しかし、堀口陣営は逃げ切りよりも、攻め続けることで勝利を掴もうとしていた。

 堀口恭司はなぜマットに倒れたのか──両者のコメントとともに、フィニッシュとなった4Rを中心に試合を紐解く。

ホリグチはすごく「やりやすさ」を感じ始めていたんじゃないか。僕たちはあそこで一緒に笑ったんだよ

 ともにオーソドックス構え。フェイントをかけながらステップ踏む堀口に、ペティスは中央を取りどっしり構えてベタ足で詰める形だった。高いガードで堀口の飛び込みをブロッキングするも、堀口は同じ踏み込みで、左手で上半身を突き、右手でヒザ裏を掴むニータップ、さらに懐に飛び込んでのダブルレッグ、ボディロックでことごとくテイクダウンを奪っていく。

 しかし、2R、ニータップでテイクダウンを奪う堀口に、下から蹴り上げるペティスはオモプラッタ。この攻防のなかで蹴り上げの踵をもらった堀口は、右目下をカットする。3Rには右のカーフキックを効かされて足を流されたペティスはそのまま回転してバックフィスト。しかし堀口は大きく距離を取っている。

 王者にとってストレスのかかる展開。ペティスはここまでの3Rを堀口に完全にコントロールされていたことを認め、試合中の堀口との意外なやりとりを明かしている。

「何度も骨を蹴られた。いくつもの蹴りをチェック(防御)していたけど、もっと骨が──いつもだとふくらはぎの筋肉が痛むんだけど、今はもろに骨が痛いような感じで、蹴りは割とチェックできていたんだけど彼がものすごい強い蹴りを放ってきてたね。

 正直に言って彼は、すごく“やりやすさ”を感じ始めていたんじゃないかと思う。何ていうのかな、僕たちはあそこで一緒に笑い出し始めてたんだよ(笑)。彼にテイクダウンされて僕が『マザー●ァッカー』って口に出したら、彼が笑い出しているというような感じで。だから思うに、彼は試合の場で流れを決めていけるようになったことに心地良さのようなものを覚えていたんじゃないかな。彼がやった素晴らしい動きというのは僕を圧倒していて、見事なテイクダウンで僕を倒して、素晴らしいジャブを繰り出し、それによってテイクダウンもして、それは自分の方はあんまり上手く出来なくって、多分すごいやりやすくなっていたと思うんだ」

 試合が王者に傾き始めたのは、通常の3Rとは異なるチャンピオンシップラウンドとなる4Rだった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア