MMA
レポート

【DEEP】「朝倉未来1年チャレンジ」の卒業生ヒロヤが元同門対決の熱戦を制しRIZIN『TRIGGER』参戦熱望、西谷大成は秒殺勝利

2021/10/17 15:10

▼第4試合 DEEPフライ級 5分2R
×松丸息吹(パラエストラ千葉)57.0kg
[判定0-3]※17-20×3
○風我(フリー)57.0kg


 藤田大和、島袋力には跳ね返されて判定負けした松丸だが、2021年3月のRYOGA(福地諒河)戦ではリアネイキドチョークで一本勝ち。約2年ぶりの白星を掴んでいる。


 伊澤星花の実弟・風我は、2021年6月にRYOGAにスプリット判定負け。続く7月にも名古屋大会に連続参戦も、吉田陸にまたもスプリット判定で惜敗しており、初勝利を挙げたいところ。


 1R、松丸がテイクダウンに行くと風我がフロントチョーク。これを外した松丸に風我はパウンドを一発打ってスタンドを要求する。その後もテイクダウンを狙う松丸と打撃の風我の展開。松丸がボディロックから投げるようにしてテイクダウンを奪い、抑え込むが上体を起こした風我はフロントチョーク。その体勢のままラウンドを終えた。


 2R、風我のミドルをキャッチした松丸はテイクダウンを仕掛けるが失敗。パンチの打ち合いから風我が意表を突くダブルレッグでテイクダウンを奪い、フロントチョーク狙いから上をキープして側頭部へのパンチを連打。ハーフの松丸の顔面へフックとヒジを打ち続ける。


 残り30秒でバックを奪いにいった松丸だったが、逆に風我がマウントを奪ってパウンドラッシュ。最後に大きな見せ場を作った風我の完勝となった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント