MMA
レポート

【DEEP】「朝倉未来1年チャレンジ」の卒業生ヒロヤが元同門対決の熱戦を制しRIZIN『TRIGGER』参戦熱望、西谷大成は秒殺勝利

2021/10/17 15:10
【DEEP】「朝倉未来1年チャレンジ」の卒業生ヒロヤが元同門対決の熱戦を制しRIZIN『TRIGGER』参戦熱望、西谷大成は秒殺勝利

スタンドでの激しい打撃の応酬から、テイクダウンを奪ってグラウンドで有利に試合を進めたヒロヤ

DEEP TOKYO IMPACT 2021~1ST ROUND~
2021年10月17日(日)東京・新宿FACE

▼メインイベント 58kg以下 5分2R
○ヒロヤ(トライフォース赤坂)57.75kg
[判定3-0]※19-18×3
×RYOGA(KRAZY BEE)57.90kg


 ヒロヤは朝倉未来が実業家の“青汁王子”こと三崎優太と組んで行った若手格闘家育成プロジェクト「朝倉未来1年チャレンジ」で選出されたバンタム級ファイター。地元・姫路から上京し、朝倉未来の元、トレーニングを積んで2020年8月にDEEPで橋本ユウタを相手に黒星デビュー。同年11月の力也戦で1R TKO勝ちしたものの以降、原虎徹、雅駿介、関原翔と実力者相手に3連敗中だ。元々のフライ級(-56.7kg)転向も視野に入れているため、6月20日の前戦、関原戦は59kg、今回は58kg契約となっている。


「朝倉未来1年チャレンジ」を卒業して、今回が初の試合となる。


 対するフライ級のRYOGA(福地諒河)は、THE OUTSIDER出身。2021年3月にDEEPデビューし、松丸息吹にリアネイキドチョークで一本負けしたが、2021年6月には伊澤星花の実弟・風我にスプリット判定で勝利。オーソドックスからの右ストレートを武器に圧力をかけ続けて初白星をモノにした。RYOGAは1年前までトライフォース赤坂でヒロヤと共に練習しており、元同門対決となった。


 1R序盤は打撃の攻防。互いに蹴りから左右フックを狙う。ヒロヤはロー、ミドル、三日月、前蹴りと左右の多彩な蹴りから左フック。RYOGAはジャブ、右フック、右ボディストレートとパンチの方が主体。フックからボディロックで組み付いたヒロヤがテイクダウンを奪い、サイドについたヒロヤだがRYOGAはブリッジから立ち上がる。


 再びヒロヤの蹴りとRYOGAのパンチの打撃の展開となり、ヒロヤは右カーフを蹴る。激しい打ち合いからRYOGAの前蹴りをすくったヒロヤがテイクダウン。ハーフでのパウンドもRYOGAは立ち上がってヒザ蹴り。両者動き続けて初回を終えた。


 2R、フックの打ち合いの中でヒロヤは蹴りを多用してロー、インローを蹴る。その蹴りにRYOGAはジャブを合わせに行く。RYOGAの右カーフにヒロヤが左ストレートをヒットさせ、さらに打ち合いが続く。両者のフックが相手の顔面を捉えるが、2人とも一歩も退かない。


 蹴りにパンチを合わせられるヒロヤだが気にせずバンバンと蹴りを放つ。RYOGAの左フックをかわしたヒロヤがそのまま前へ出てボディロック。バックに回るとなんと豪快なバックドロップ。すぐに上になるヒロヤはしっかり抑え込み、ハーフからブリッジして返そうとしたRYOGAの腕を捕りに行ったがこれは失敗。すぐに両者は起き上がる。


 スタンドで両者がフックを繰り出す中、またも組み付いていったヒロヤはボディロックから後ろへ回すようにしてテイクダウン。首をロックして抑え込むヒロヤ。サイドについたヒロヤにRYOGAは身体を反転させてリバーサルを仕掛けるが、ヒロヤがバックへ。リアネイキドチョークの体勢から逃れたハーフのRYOGAに鉄槌を打ち込むヒロヤ。亀になって起き上がろうとしたRYOGAのバックをヒロヤが奪ったところで試合終了。


 テイクダウン、グラウンドでのコントロールで上回ったヒロヤが判定勝ちでメインにふさわしい熱戦を制した。ヒロヤのセコンドに就いた朝倉未来は、元トライフォース赤坂だったRYOGAの健闘を称えてグータッチ。そして愛弟子ヒロヤの勝利を喜んだ。


 マイクを持ったHIROYAは「メインという大きい舞台に僕を選んでいただいてありがとうございます。初めてのメインでしっかりKOか一本を取ってやろうと思っていたんですが、どっちにも転ばずやりたいことが出来なかったのは課題です」と、フィニッシュできなかったことを悔やむ。


 次に「若手選手が挑戦する、アグレッシブな試合ができる選手が出られるというRIZINのTRIGGER、その舞台に立てるように自分も頑張ります」と、RIZINの新シリーズに「まだまだですが」と前置きしながらも参戦に名乗りをあげた。


 そして「3連敗してメインを任されたプレッシャーもあって、それでも変わらない応援をしてくれる家族を毎回悲しい顔をさせて帰らせてしまって悔しいもありましたが、応援してくれてありがとうございます。セミのにっしー(西谷大成)に全部持っていかれたと思いますが、これからも2人で頑張っていきたいと思います。そして未来さん、いつもありがとうございます」と、家族、そして朝倉未来にお礼を述べた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事