MMA
インタビュー

【RIZIN】矢地祐介と対戦する武田光司「疲れる試合になる。最後の最後で競り勝ちたい」=9月19日(日)さいたま

2021/09/07 16:09

順番的には矢地選手は次は久米選手と戦うべきなんじゃないかなと思ったけど──

──前回の試合から時間が空きましたが、その間はどの様に過ごされていましたか。

「怪我があった期間はスパーをやらずに技術練習ばっかりをしていました。怪我したのが5月末くらいなので、1カ月くらいで練習が再開出来ました」

──対戦相手が矢地選手と決まった時、どう感じましたか。

「ここで矢地選手か、という感じでした」

──「ここで」とは、久米選手に勝った中で矢地選手との試合ということに納得いかない部分もあると?

「そうですね。僕は川名選手と久米選手に勝ったので、順番的には矢地選手は次は久米選手と戦うべきなんじゃないかなと思いましたが、ここで矢地選手とやらないと二度とやることはないだろうと思ったので、試合を受けました。あと、僕は8月26日でプロになって4年経ったんですけど、戦績もキャリアもまだまだ(MMA12勝1敗)だと思っていて、オファーが来た試合は全てやりたいなと思ったので、矢地選手との試合を受けました」

──前回、矢地選手は川名選手に競り勝っています。どの様に感じましたか。

「率直に上手いなと思いました。身体の使い方がすごく上手くなっているなと感じましたし、出来なかったことが出来るようになっていましたね。矢地選手も(八隅孝平)コーチが付いて、一個一個教わっているので、一つひとつのディフェンス能力だったり、行くところで行くオフェンス能力も高まっている。だから、僕も気を抜いたらやられちゃうなと思ってます」

──その「上手くなっている」部分は、武田選手との相性的にどの様に感じますか。

「噛み合うと思います。それは多分相手も思っているんじゃないかなと思います。お互いに噛み合う展開になると思います」

──その中で勝ち切る手応えはありますか。

「矢地選手も感じていると思いますが、たぶん疲れる試合になると思います。そういうところで最後の最後で競り勝ちたいなと思います」

──ところで矢地選手が日焼けしていないことに関しては、気にならないですか。

「そういうのはあまりないですね。黒くて強いことは“僕個人の問題”なので。あんま興味はないです」

──なるほど。ところで、BRAVEに2019年全日本選手権フリースタイルレスリング70kg級王者の原口伸選手が加わり、修斗では中村倫也選手(2017年U-23世界選手権フリースタイル61kg級優勝)もプロデビュー。グレコローマンでは、RIZINで太田忍選手(リオ五輪グレコローマン59kg級銀メダル)、河名マスト(真寿斗・グレコローマンU-23世界選手権59kg級優勝)選手もMMAデビューしました。

 オリンピック級のレスラーたちが次々とMMAに入ってくるなかで、高校四冠の武田選手はグレコローマンからMMAに転向して4年、どの様な部分に苦労し、そしてそれがいまは強さにつながっていますか。

「フリースタイルはタックルがメインで、遠間からのタックルだとかいろいろあるのですが、グレコローマンは組んでからの技術が一個一個すごく大事で、重心の位置や足のプッシュするタイミングとか、いろいろあるんです。僕はグレコローマンでやっていた時から前に出るスタイルだったので、パンチを出していく中で、いい形でレスリングからMMAに繋げられるようになりましたね」

──早くからMMAに転向した武田選手は前に出るスタイルが活きたと。逆に遠間からのダブルレッグ、シングルレッグとは異なり、組んでからが勝負のグレコで、太田選手は昨年末に所英男選手に敗れました。あの試合をどう見ましたか。

「レスリングは組んで投げて倒すのですが、MMAは組んで投げて倒すだけじゃなくて、倒されてからグラップリングだったりパウンドだったりがあるので、太田選手はあの時点では、所選手とグラップリング能力で圧倒的に差があるなと思いました。時間が必要なのかなと思いました」

──それが、武田選手の場合はもともとのレスリングのスタイルとMAMが融合してきていると。

「出来上がってきたというのもあるし、やっぱりレスリングをMMAに活かすことを教えてくれる人がいるというのが、僕はすごくデカいなと思います。宮田先生から一個一個教えていただくことが的確で、説明もすごく分かりやすくて、僕のダメな所も全部理解してくれる。僕のスタイルの理解者です。一番最初に1から10まで宮田先生に教えてもらって、そこを軸に、プラスアルファで出稽古先の選手たちにも教えてもらっていることでさらに幅が広がっています」

──矢地戦を超えた後に、この階級で目指すのは?

「目指すのはトップ、一番になりたいです。それだけです」

──ということは、現時点ではホベルト・サトシ・ソウザ選手が持つベルトですね。矢地選手もサトシ選手へのリヴェンジを狙っているでしょうし、負けられない戦いになりますね。

「ここで負けたら、ここまで積み上げたものが全部無くなっちゃうので、絶対、何がなんでも負けられないです」

──今回の試合で注目して欲しいポイントは?

「僕は技術もそうですが、ガッツや根性、ガンガン前に出るスタイルが持ち味なので、最後の最後までガンガン常に前に出続けるところを見て欲しいです。『RIZIN.30』の武田光司vs.矢地祐介の試合は、僕が絶対に勝ちますので、応援よろしくお願いします!」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント