MMA
インタビュー

【RIZIN】矢地祐介と対戦する武田光司「疲れる試合になる。最後の最後で競り勝ちたい」=9月19日(日)さいたま

2021/09/07 16:09
【RIZIN】矢地祐介と対戦する武田光司「疲れる試合になる。最後の最後で競り勝ちたい」=9月19日(日)さいたま

(C)RIZIN FF

 2021年9月19日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「Yogibo presents RIZIN.30」第5試合のライト級(71kg)5分3Rで、矢地祐介(フリー)と対戦する武田光司(BRAVE)が、「僕が絶対に勝ちます」と必勝を誓った。

 BRAVEジムからリモートで練習を公開するという武田。しかし、ケージの中で黒マスクを被って待つ男性に質問を投げかけるも無言。マスクを取ると、そこにいたのは同門の伊藤空也だった。

「武田選手は?」と聞くと、伊藤が指したのはジムの外。そこには曇天の屋外にアヒルが浮かぶ子供用プールで、日サロならぬ天サロ(天然サロン)を行う武田光司の姿があった。

「背中周りを重点的に焼いています」という武田。

 雨模様だが、「でもやっぱ、紫外線ってあるんですよ。少しも無駄にしたくないので焼こうかなと。足とかも黒いんですけど、お腹がやっぱ黒いんですよ。わかりますか? 黒いの」と、黒光りの肉体を披露した。

 かねてより日焼けサロンのスポンサーを募集している“漆黒のヘラクレス”だが、まだスポンサーは付いていない、という。

「もうちょい僕が有名になったら付くんじゃないですか……」と寂しげな表情を浮かべるが、そのチャンスが、次戦に訪れた。対戦相手は、“RIZINのお祭り男”矢地祐介だ。

 しかし、人気者のヤッチくんとの対戦決定にも、もろ手を挙げて歓迎というわけではない。

「僕は川名(雄生)選手と久米(鷹介)選手に勝ったので、順番的に矢地選手は、次は久米選手と戦うべきなんじゃないかなと思いました」と、不満も吐露する。しかし、「ここで矢地選手とやらないと、二度と戦うことはないと思ったので、試合を受けました」と、決意を示した。

 矢地戦での勝算はいかに? プールから上がった武田に聞いた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事