AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【ONE】鈴木博昭、ノンオーの右ミドルに敗れる。佐藤将光がONE初陣でKO勝利、徳留もONE初勝利=5.10「ONE」タイ

2019/05/10 21:05
【ONE】鈴木博昭、ノンオーの右ミドルに敗れる。佐藤将光がONE初陣でKO勝利、徳留もONE初勝利=5.10「ONE」タイ

(C)ONE Champioship

5月10日(金)、タイ・バンコクのインパクト・アリーナにて、ONE Champioship「ONE: WARRIORS OF LIGHT」が開催された。

日本から、元SHOOT BOXING世界スーパーライト級王者の鈴木博昭(BELLWOOD FIGHT TEAM)、修斗世界バンタム級王者の佐藤将光(FIGHT BASE)、元PANCRASEライト級王者の徳留一樹(パラエストラ八王子)、DEEPライト級王座挑戦経験者の下石康太(BLOWS)の4選手が出場。→鈴木博昭・前日インタビュー

また、ムエタイの本場バンコク開催らしく、ノンオー、シントンノーイ、ロッタン、ペッダム、スーパーレックといったムエタイ界のスーパースターが集結。全12試合中7試合で立ち技の試合が行われた。全試合詳報は以下の通り。

▼ムエタイ世界バンタム級(-65.8kg)選手権試合 3分5R
○ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)
[判定3-0]
×鈴木博昭(日本)
※ノンオーが王座防衛


メインイベントは、3分5RのONEムエタイ・バンタム級(65.8kg)選手権試合。王者ノンオー・ガイヤーンハーンダオに、日本の“怪物くん”こと鈴木博昭が挑戦する。

ルンピニー4階級、ラジャダムナンでライト級を制した王者ノンオーはONEで3戦3勝。2018年4月にファビオ・ピンカに、10月にメディー・ザトゥーにいずれも判定勝利。そして2019年2月16日のバンコク大会で中国のハン・ジーハオに判定勝利し、ONEムエタイ・バンタム級王者となった。


鈴木は、2018年11月のONEでデイヴィダス・ダニラ(23日)からダウンを奪って判定勝ち、2019年1月にはモハマド・ビン・マフムード(25日)に3R TKO勝利し、ONE3戦目で王座挑戦へ辿り着いた。“必勝”のハチマキを巻いて登場。


 1R、サウスポーの鈴木に対し、ノンオーは右ミドルをヒットさせていく。鈴木がスネブロックしないと分かると、ノンオーは右ミドルを次々と当てに行き、右ストレートも打ち込む。前に出る鈴木だが、すぐに右ミドルで戻される。

 2R、ノンオーは右ミドル&ロー、右ストレートと上下に揺さぶっていく。鈴木は前に出て行こうとするが、蹴られるたびに下がってしまうためリセットされてしまう。さらにノンオーは前足のヒザに前蹴りを当てて前進を阻む。


 3R、鈴木は左右に動き始めるが、ノンオーの右ミドルは的確に鈴木を捉える。右ストレートと右ミドルを織り交ぜ、鈴木を翻弄。強烈な右ミドルを受け続ける鈴木に、ノンオーは右ヒジも見舞う。1、2R以上に鈴木がミドルを蹴られたラウンドとなった。


 4R、鈴木はノンオーの右ミドルに左フックを合わせに行くが、やはり右ミドルを蹴られてしまう。鈴木の左腕と左わき腹は真っ赤だ。さらに右ローも蹴って上下へ揺さぶる。パンチを合わせにいく鈴木に対し、ノンオーも鈴木の左のパンチに右ミドルのカウンターを合わせる。


 5R序盤、パンチを細かく当てに行く鈴木だが、それ以上の蹴りの数をもらう。面白いように右ミドルをヒットさせるノンオーは近付くと右ヒジも繰り出す。勝ちを確信したノンオーはバックスピンエルボー、ジャンプしての前蹴りを繰り出しながらも、しっかり強い右ミドルを蹴りこんでいく。前に出て何とかパンチを当てようとする鈴木だが、ノンオーのガードに阻まれてヒットを奪えず。終了のゴングが鳴ると、鈴木は左足を引きずりながら自軍コーナーへ戻った。


 判定は3-0でノンオーの完勝。勝利者インタビューでは「まず第一にタイのファンの皆さんに感謝したい。このタイトルを持って帰ってこれて防衛できたことが非常に嬉しい。今日私を見に来てくれた全てのファンに感謝したい。試合を見てくれた全ての人たちに感謝したい」と、感謝の言葉を述べた。

▼キックボクシング世界フライ級選手権試合 3分5R
○ペッダム・ペッティンディー・アカデミー(タイ)
[テクニカル判定3-0]※5R途中までの判定
×エリアス・マムーディ(アルジェリア)
※ペッダムが王者に。


元ルンピニースタジアム認定バンタム級1位のペッダムは、2月に工藤政英に左ミドルを効かしての左ストレートで2R KO勝利。

対するマムーディは日本ではK-1に参戦していたが、2019年1月のONEでは小笠原裕典に近距離のヒジ&ヒザを当て判定勝ち。今回はヒジ無しのオープンフィンガーグローブでの金網キックボクシング戦だ。

ジョーカーマスクで登場したペッダムは蛍光緑の金髪姿。


1R、オーソからヒザを上げて近づいての反則の右ヒジでダウンを奪うマムーディー。ペッダムは抗議。マムーディーにイエローカードで再開。

前蹴りから突っ込むマムーディー。サウスポー構えのペッダムは左に回る。ヒザで飛び込み、頭を下げて視界の外から右フックを振るマムーディー! 右ミドルも浴びたペッダム。金網に詰まるとマムーディーは右ストレートを突き刺す! 回ってかわすペッダムだが長い前蹴りでマムーディーは前へ! 左ミドルを当てるペッダムだが、マムーディーの圧力に下がってしまう。


2R、右ハイから入るマムーディー。さらに後ろ廻し蹴り。かわすペッダムは少しづつ押し返すと左ミドル、左ハイ! ブロックするマムーディーはペッダムの左の打ち終わりに右ストレート! 右の蹴りを掴んだペッダムも右ストレートをのどもとに当てる。中間距離になると左ミドルを当てるペッダム! しかし、マムーディーは高い後ろ廻し蹴り! さらに右の蹴りをダブルで上下にジャブのように突く。


3R、マムーディーのバックブローの打ち終わりに左ミドルを合わせるペッダム。前蹴りを掴んでの左ストレートも。しかしマムーディーも右のヒザから近づき左右をまとめる。ブロックするペッダム。マムーディーの蹴りを掴むと、思わずペッダムも掴んでのパンチを入れてしまう。注意。マムーディーは遠い距離からバックフィスト。かわすペッダム。ペッダムの左ハイはマムーディーが上体をそらしてかわす。左ハイを入れられるようになってきたペッダム。動きを少し落としてきたマムーディーに左ストレートで押し返す。


4R、左ミドルから入るペッダム。スタミナ落ちてきたマムーディーもバックフィストもかわしたペッダムが右アッパー! さらに左前蹴りから続けて左ミドル! 右の前蹴りを掴んだペッダムは右ストレート! さらに左ミドル。マムーディーもヒザ蹴りからワンツーで前進。跳んでの日本海蹴りも見せるが、かわすペッダム。


5R、最終ラウンド。ペッダムの左ミドルの打ち終わりにワンツー&ローで前に出るマムーディー。押し返すペッダムの左ローがまともに金的に。マムーディーはバックフィスト後にローブローをアピールし、中断後再開。この3分間にマムーディーはどれほど回復とスタミナを戻せるか。座り込んでしまうマムーディー。観客を煽るペッダムだが、マムーディーは再開できず。試合はこの時点までのジャッジで、ペッダム3-0のテクニカル判定で勝利した。

▼バンタム級(※65.8kg)5分3R
○佐藤将光(日本)
[2R 1分58秒 KO]
×マーク・アベラルド(ニュージーランド)

2018年11月の後楽園ホール大会で齊藤曜にリベンジし2度目の修斗世界バンタム級王座防衛に成功していた佐藤将光(FIGHT BASE/修斗世界バンタム級王者)が、ONE Championshipと契約。都内に自らのジムも開き、サークルケージ初陣に挑む。

対するアベラルドは5連勝中。2019年2月に竹中大地と対戦し、グラウンドで追い込まれるも、3Rに下からのヒジで竹中の顔面を切り裂き、逆転のTKO勝ちを収めている。ヒジ打ちとギロチンチョークに注意だ。

1R、佐藤、アベラルドともにオーソドックス構えから。前後にステップを踏む佐藤。アベラルドは先に右ローを前足に打つ。詰めるアベラルド。佐藤は左インロー! 関節蹴りも狙う。左ミドルを掴んだアベラルドが詰めるが体を入れ替えた佐藤が左を差して左に回してテイクダウン。抑え込みにいかず下のアベラルドに右ヒザを突く!

かわして立つアベラルド。左で差して体を入れ替えると佐藤は足払い狙い。体を入れ替え離れる。前後にステップし、右を振る佐藤に右を狙うアベラルド。蹴り足を掴むアベラルドだが佐藤は倒れない。右のローキックを連打する佐藤! 詰めて右で差すアベラルドだが、佐藤は突き放す。

左のサイドキックは佐藤。さらに跳びヒザからワンツーも。右ハイは佐藤だが、掴んで押し倒すアベラルド。下の佐藤はラバーガードでダメージなくゴングを待つ。

2R、右から左はアベラルドも右に回ってかわす佐はボディを突いて前へ! シングルレッグに入り放し際に左ヒジを突く。さらにローを突く佐藤。アベラルドも右ヒジを返すが、佐藤も右ヒジ!

さらに中腰から前足にシングレッグも足を離し押し込むと、いったんは足をさばきにいく仕草を見せながら、上体を離すと、下から伸ばしてきたアベラルドの足を掴み、中腰から右の長いパウンド! 顔面に浴び効かされたアベラルドが顔を覆うと佐藤は一気に左右のパウンド! 効果的なデフェンスが出来なくなったアベラルドにレフェリーが間に入った。

修斗世界バンタム級王者の佐藤はONEデビュー戦で、見事にONEルールを自身の得意なスタイルにアジャスト。初陣をKO勝利で飾った。

 

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事