キックボクシング
レポート

【NO KICK NO LIFE】石井一成がヒジで流血のピンチも猛攻で勝利をもぎ取る、宮元啓介は加藤有吾の強打を技術で封じる、若き怪物対決は士門が勝利

2021/02/24 20:02
【NO KICK NO LIFE】石井一成がヒジで流血のピンチも猛攻で勝利をもぎ取る、宮元啓介は加藤有吾の強打を技術で封じる、若き怪物対決は士門が勝利

撮影/安村発

NO KICK NO LIFE 新章-雲外蒼天-
2021年2月24日(水)東京・TSUTAYA O-EAST

▼メインイベント 53kg契約 3分5R
〇石井一成(ウォーワンチャイプロモーション/WPMF世界&BOMスーパーフライ級王者)
判定3-0 ※49-48×2、50-47
×麗也(治政館/元ISKAインターコンチネンタル・フライ級王者)


 石井はジュニアキック出身で、アマチュアでは14冠王を達成。タイを主戦場に6連続KO勝利を飾り、2017年2月にはTrue4Uフライ級タイトルを高校生で獲得。2017年6月からは『KNOCK OUT』に参戦し、2018年12月、トーナメントを制してKING OF KNOCK OUT初代フライ級王座に就いた。WPMF世界フライ級王座、BOMスーパーフライ級王座も保持し、那須川天心に対して“西の神童”と呼ばれている。戦績は31勝(16KO)10敗2分。


 10月のNO KICK NO LIFE復活大会ではメインイベントで岩浪悠弥にTKO勝ち。12月にはWPMF世界スーパーフライ級王者・片島聡志とお互いのタイトル(石井はBOMスーパーフライ級王座)を懸けて対戦して勝利、WPMF世界2階級制覇を達成した。


 麗也は空手とジュニアキックを経て2012年1月に新日本キックでプロデビューし、2015年5月に日本フライ級王座を奪取。そこから8連勝を飾り2017年5月にはISKAインターコンチネンタル王座も獲得するが、2017年11月に瀧谷渉太に敗れた。その後、拳の怪我による2度の手術を経て、2019年9月に復帰戦を行ったがKO負け。引退を発表したが今回復帰戦を迎える。戦績は14勝(5KO)3敗4分。


 1R、石井は右ローを蹴っていく。麗也がジャブを出すと石井はスピードのある右ストレートをヒットさせる。さらに左ボディ。パンチのスピードには差がある。石井の右ボディストレートに麗也は左フックを返すが、もうその場に石井はいない。パンチの距離になると石井がスピードを活かしてパンチをまとめ、右ローにつなげる。


 2R、石井は右ローと左ミドルでガードを下げさせてのパンチを狙うが麗也のガードは堅い。逆に麗也は右ストレート、左ボディを打ち、ヒジも使う。自分の脚を叩いて“もっと蹴ってこい”と挑発する麗也。石井が打ち合いを挑むと麗也も左フックをヒットさせる。麗也がギアを上げてきた様子。


 3R、麗也のジャブに石井は右ストレートで飛び込む。麗也のジャブがかなりうるさく、石井は踏み込めない。石井が連打してくると麗也は右ヒジを合わせる。これで石井が流血。止められる雨に倒せとばかりに石井が猛ラッシュを仕掛けてパンチで追い回し、ヒジ、ボディを打つが麗也は守り切る。ラウンドが終了すると麗也はガッツポーズで観客を煽る。


 4Rも麗也はジャブを多用する。傷口をこするようにしてジャブを打つ麗也。ここでドクターチェックが入るが、試合は再開。徹底してジャブを傷口を狙う麗也に石井は回り込みながらの右ロー、そして左フック。右ストレートはガードする麗也だが、石井は左フックをクリーンヒット。一気にパンチをまとめる石井。右ローが効いてきたか、麗也はサウスポーに構えを変える。


 5R、麗也はジャブ連打から右ストレート、石井は右ストレートから打ち合いを挑むが、麗也はヒジを見せて石井を下がらせる。前に出る石井が左ミドルと右ロー、麗也は徹底してジャブ。アグレッシブに攻める石井に麗也は下がりっぱなしだが、右ヒジを出す。しかし、石井の左ヒジで今度は麗也が流血。


 両者流血でドクターチェックを受け、試合再開。麗也はジャブ、ワンツー、石井は左ミドルと左右ボディ。勢いよく攻めるのは石井。麗也も打ち返すが手数は石井が多い。最後は両者が後ろ蹴りを出し合って試合終了。

 石井が判定3-0で苦戦を制し、健闘した麗也にも大きな拍手が贈られた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事