SirikaSirika
MMA
レポート

【修斗】藤井伸樹が加藤ケンジに判定勝ち、ZST王者・山田崇太郎が修斗初参戦で一本勝ち、西川大和がTKO勝ちで「UFC王者になります!」=第1部

2021/01/31 11:01
【修斗】藤井伸樹が加藤ケンジに判定勝ち、ZST王者・山田崇太郎が修斗初参戦で一本勝ち、西川大和がTKO勝ちで「UFC王者になります!」=第1部

 2021年1月31日(日)、竹芝ニューピアホールにて「PROFESSIONAL SHOOTO 2021開幕戦 Supported by ONE Championship」第1部が開催された。

▼メインイベント 第8試合 65.8kg以下契約 5分3R
○藤井伸樹(ALLIANCE)
[判定3-0] ※30-26×3

×加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)

 毎試合大激戦となり、“最も戦いたくない男”と呼ばれる藤井伸樹(ALLIANCE)が開幕戦から登場。9月の後藤丈治(TRIBE TOKYO M.M.A)との一戦でも序盤に窮地に追い込まれながらも2R、3Rにゾンビの如く復活。最後は鼻を折られながらも後藤をドミネートし大逆転勝利を修めた。


 毎試合ベストバウト級のファイトを繰り広げる藤井の前に立ちはだかるのは、RIZIN帰りの加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)だ。


 修斗での試合は、2019年12月以来、約1年1カ月ぶり。斎藤曜を左右のフックで3R KOに沈めた加藤は、2020年2月の「RIZIN.21」浜松大会で金太郎に一本負けを喫したものの、2020年8月の前戦「RIZIN.22」では、山本アーセンに右ストレート一発でKO勝ちしている。


 グラップラーとの対戦での勝率が高い加藤にとって、藤井は噛み合う相手だ。しかし、ラウンドを経るごとに蘇生し、更に強くなっていく藤井に対して、加藤は得意の展開に持っていけるのか?

 1R、ともにオーソドックス構え。ジャブからテイクダウンのフェイントを見せる藤井。サウスポー構えになる加藤は、左ストレートから前に出る。藤井の低いダブルレッグを切る加藤。しかし、なおも藤井はシングルレッグで金網に詰めテイクダウン。

 ハーフガードの加藤は上半身を金網に立てるが、腰を引いて背中をつかせる藤井はストレートアームバー狙い。腕を抜き腰を切りフルガードに戻す加藤はクローズドガードに。下から単発で鉄槌。上からパウンドする藤井は片足を抜きハーフからキムラ狙いからマウント&パウンドへ。その空いたスペースでリバーサルした加藤が上になり右を振ったところでブザー。

 2R、左ジャブを突く藤井。右に回る加藤を追って詰める藤井が組み付き右で差して左手でシングルレッグテイクダウンへ。すぐに立つ加藤だが、なおも追う藤井がシングルレッグでまともテイクダウン。ブリッジする加藤を右で枕で抑え、ハーフから細かいパウンドで削る。

 背中をつかされる加藤。パスガードからマウントを奪う藤井に加藤は腰を引いて上半身を立ててスタンドになるが、すぐに詰める藤井はみたびシングルレッグへ。金網背にする加藤は突き放し、オーソドックス構えから左! さらに右アッパー! しかし藤井がシングルレッグテイクダウンをしたところでブザー。

 3R、オーソドックス構えから左ジャブ連打は加藤。上体を上げさせたい加藤。しかし藤井も右を当て左ジャブを突き前進。金網まで詰めてシングルレッグテイクダウン! バタフライガードの加藤に片足を抜き、ヒジを落とす。右で差して立とうとする加藤だが、背中をつかされる。細かいパウンドの藤井はパスガードしマウントへ。

 ヒジを落とす藤井は脇も開けさせられるがバックは見せない。ケージを蹴ろうとする加藤だが、その際でバックへ! リアネイキドチョークに入るがブザー。判定は3者30-26の大差で世界ランク8位の藤井が勝利した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事