MMA
レポート

【DEEP】阿部大治が佐藤洋一郎との接戦制す! メガトン対決は酒井が関根に勝利。KINGレイナは熊谷麻理奈に辛勝=DEEP 95

2020/08/23 03:08

▼DEEPフライ級 5分2R
○渋谷カズキ(高本道場)56.85kg
[判定2-1]※19-19×3(マスト判定渋谷2票、加藤1票) 
×加藤瑠偉(KRAZYBEE)56.60kg

 フライ級で、PANCRASEからFighting NEXUSを経て、DEEPで1勝1敗、ZSTのグラップリング大会「GTF.4」予選大会60kg以下級では、N.O.Vをヒザ十字に、長野将大を腕十字に極めて7月26日の本戦出場を果たしている渋谷カズキ(高本道場)が参戦。『格闘代理戦争』で魔裟斗軍として出場した加藤瑠偉(KRAZYBEE)と対戦する。

 1R、オーソドックス構えの渋谷にサウスポー構えの加藤。低いシングルレッグを狙う渋谷も切る加藤。渋谷は自らキックし、その蹴り返しを狙って組みに行くが、ここは加藤もバックテイクさせず突き放す。加藤の左ローをかわす渋谷。しかし加藤の左アッパー、フックには反応出来ず。

 2R、近距離になってきた両者。加藤のパンチの打ち終わりにダブルレッグテイクダウンは渋谷。ハーフから左で枕に巻き、右で脇にパウンドする。右で脇差しパスを狙う渋谷。頭を抱える加藤にヴォンフルーチョークも狙える渋谷。

 

 背中を見せて立とうとする加藤のバックに回る渋谷だが、加藤が横に落としてゴング。判定は19-19×3もマスト判定で2票を得た渋谷が勝利した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事