MMA
レポート

【ONE】ロッタンがペッダムに勝利し王座防衛、ペットモラコットがヨードセングライに判定勝ち、シッティチャイがONE初陣敗れる。スタンプがMMAで快勝!

2020/07/31 21:07
【ONE】ロッタンがペッダムに勝利し王座防衛、ペットモラコットがヨードセングライに判定勝ち、シッティチャイがONE初陣敗れる。スタンプがMMAで快勝!

(C)ONE Championship

「ONE: NO SURRENDER」
2020年7月31日(金・現地時間)タイ・バンコク

▼メインイベント(第6試合)ONEフライ級ムエタイ世界タイトルマッチ 3分5R
〇ロッタン・ジットムアンノン(タイ/王者)
判定2-0
×ペッダム・ペッティンディーアカデミー(タイ/挑戦者)
※ロッタンが3度目の防衛に成功。

 ロッタンは2018年6月、RISEに初来日して那須川天心と激闘を展開。延長R判定で敗れるも、そのアグレッシブなファイトで一躍人気者となった。ONEには同年9月から参戦し、2019年8月にONEムエタイ世界フライ級王座を奪取。2020年1月には2度目の防衛に成功している。

 ペッダムは元ONEキックボクシング・フライ級王者。ジョシュ・トナー、工藤政英をKOし、2019年5月にはエリアス・マムーディにテクニカル判定で勝利。ONEキックの同級王座を獲得したが、8月のイリアス・エナッシとの初防衛戦で王座陥落。2020年1月にはMOMOTAROを首相撲&ヒザ蹴りで削っての判定勝ちを収めている。

 1R、サウスポーのペッダムはジャブ、左ミドルと前蹴りで距離をとる。ロッタンは左右ロー。残り40秒でロッタンが連打を回転させたが、両者様子見に終始した。

 2R、ペッダムは前足を上げ下げして前蹴りのフェイントを混ぜながら、1Rと同じくジャブ、前蹴り、左ミドルで距離をとる。ロッタンが入って来ると首相撲。ロッタンは鋭い踏み込みからアッパーを交えての3連打、さらにヒジ打ち。

 左ボディも叩き込むと首相撲でペッダムを投げ捨てるように転倒させる。ペッダムの左ヒジの直後に返したロッタンの左フックがクリーンヒット。攻撃をまとめ、次の攻撃をまとめると右フックもヒットさせて優勢を印象付ける。

 3R、圧力を強めて前へ出るロッタンが右ストレート、左フック。右ローを強く蹴り、、ペッダムが左ミドルを蹴って来るとしっかりスネブロックしながら前へ出て右ストレートを放つ。後退しながらも左ミドルでロッタンの右腕を蹴るペッダム。

 しかしロッタンは前へ出て左右フックを回転させていく。ロッタンの左ボディからの左フックが鋭く決まり、コーナーを背負ったペッダムには右ストレート。完璧にロッタンがペースを握った。

 4R、連打で入り込んでの右フック、右ヒジを繰り出すロッタン。ペッダムも打ち合いに応じるがロッタンの攻撃の回転が速い。左ミドルをもらいながらも前へ出て左右フックを見舞うロッタン。ペッダムのミドルをキャッチして左ボディをめり込ませ、さらに左右フック。ペッダムはロッタンを抱え込んでしのぐ。ペッダムには消耗が見える。

 5Rも右ストレートから飛び込むロッタン。もはやペッダムのジャブ、左ミドルは防波堤にならない。両者組みの展開が増え、ロッタンが下がり始めてペッダムが左ミドルを蹴りながら前へ出るが、ロッタンの左フックがカウンターでさく裂。その後も下がって相手を見ながら、ポイントを失わない戦いに徹したロッタンが判定勝ち。圧倒的な強さを発揮して3度目の防衛に成功した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事