MMA
レポート

【iSMOS】北岡悟vs.小金翔は白熱ドロー、近藤有己がTKO勝ち、矢澤諒が大井洋一を下す

2020/07/31 20:07
【iSMOS】北岡悟vs.小金翔は白熱ドロー、近藤有己がTKO勝ち、矢澤諒が大井洋一を下す

写真(C)iSMOS

 2020年7月31日(金)、『iSMOS.1』(イズモスワン)がパンクラスイズム横浜にて、無観客&ライブ配信で開催された。

 前日計量では、フェイスオフで長身の小金を見据えた北岡に対し、現ZSTライト級王者の小金はベルトを肩に視線を合わせず。コメントでは、試合機会を得たことに感謝の言葉を述べながらも「明日は真剣勝負なので全力で僕が勝ちに行きたい」と語った。対する北岡は、「明日は小金翔と北岡悟の真剣勝負をニコニコプロレスチャンネルで見てください。よろしくお願いします」と、ゆっくりと意気込みを語っている。

▼第4試合 71kg契約 5分3R SPONSORED by“そうなんだ! TV”
△北岡 悟(71.35kg/パンクラスイズム横浜/ロータス世田谷)
[時間切れ] ※判定無し

△小金 翔(71.35kg/フリー)※現ZSTライト級王者

 71kg契約で出場する北岡は、2019年7月28日の「RIZIN.17」でジョニー・ケース(米国)に1R終了時 TKO(コーナーストップ)負け以来、1年ぶりの試合。

 対する小金翔は、2016年6月から9戦無敗(1引き分け)。180cmの長身を活かした四つ組みからのテイクダウンを得意としており、2連敗中の北岡にとって、決して与しやすい相手ではない。果たして、パンクラスイズム横浜のケージを使用した自主興行で復活を果たすことができるのか。

 青コーナーがパンクラスイズム横浜所属選手。先に北岡が入場。短い呼吸で集中を高める。続けてZST王者・小金が「シャーッ!」と気合を入れてケージイン。

 1R、いきなり右跳びヒザで飛び込む小金にシングルレッグに入る北岡は金網まで詰める。顔を剥がそうとする小金だが、北岡はハイクラッチで股をつかむとダブルレッグに移行。しかし察知して足を横に飛ばした小金に北岡は再びシングルレッグに戻す。ケージのポールが支点となりグローブで押す小金。

 さらに再びダブルレッグも足を広げる小金は金網背に立ち続ける。シングルレッグにまた戻す北岡。頭を左に出す北岡に右手を差し込む小金。4分経過。テイクダウントライを続ける北岡の腕力はいかに。ゴング。インターバルは2分。

 2R、右ストレート、アッパーがシャープな小金。その打ち終わりに右を入れて組み付いた北岡。右足へのシングルレッグに右手を差し込む小金。北岡は顔を胸につけてテイクダウンを狙うが、左に頭を出してクラッチを掴んだ北岡は小金の右足を引き寄せ両足で手前に引くが、足を抜いた小金は片ヒザ着きから背中を譲らず再びスタンドに戻す。

 右足に深いシングルレッグは北岡。金網背に鉄槌を打つ小金だが、北岡はシングルで圧力をかけ続け、ラウンド間際に尻餅までつかせてゴング。北岡は両手を回す。3Rへ。

 3R、小金の背中は北岡の圧力で金網の痕で赤くなる。左ミドルを当ててからシングルレッグは北岡。今度は左足にシングルレッグに入ると、押し込んでダブルレッグ狙い。右足へのシングルに切り返る。股下まで上がる北岡。右で小手に巻く小金。シングルからバックテイクを狙う北岡にそうさせない小金。

 非常に力の入る攻防のなか、細かくパンチを頭に落とす小金だが、北岡の頭の位置は強いヒジを振りかぶって打つことは出来ない。左で差し返した小金が体を入れ替えると、小金が金網に押し込む。金網背に身体が伸びる北岡だが左で差して体を入れ替えると、ダブルレッグへ! ついに尻下でクラッチを組むと持ち上げてテイクダウンも、尻で座った小金。ゴング。

 試合は時間切れ、判定無しのドローに。

 試合後、小金は涙を見せながら「お世話をしてくれた人が試合をしてくれて大事な瞬間です。でも噛み合わず、うまく出来なかったのでRIZINでやり直したいです。ZSTのために踏ん張りたかったですけど、試合がなかなか動かなくて申し訳ないです。(最初の跳びヒザは)勝つんだったら打撃かなという作戦のなかで圧力に負けないよう先に仕掛けました。コロナのこんな中、格闘技を見てくれてありがとうございました」と挨拶。

 続けて北岡は、「お疲れ様でした。志が高い試合でなかったですけど、僕のなかではやりきったし、攻めたと思うし、胸は張りたいです。引き分けで結果は出ていないですけど、自分は褒めてあげたいです。イベント名の最後の『生きる』『戦う』『そして、勝つ』の最後は出来てないですけど、to be continuedなので、“2”はやりたいです。全員に『ありがとう』と言いたいです。すごい状況を作ってしまったなと。クラウドファンディングもたくさんのご支援をいただいて。こんなこと自分がやれちゃうのはやばいですよね。こんな状況を作って。ほんとうにたくさんの方々、ありがとうございました」とインタビュースペースで感謝の言葉を語った。

 最後に再び、全選手が揃ったケージのなかで北岡は、「たくさんの方々に、ほんとうにありがとうと。キリが無くて、メインもそうだし、ご支援いただいて、ZSTはチャンピオンを出していただいて、ほんとうにありがとうございます。信頼を持って戦えた。わざわざPCR検査を名古屋から受けにきてくれた選手もいて。僕のしょっぱい試合──といってもやり切ったから胸張っているんだけど、第1試合から削り合いで。『2』もやりたい。(リターンの)Tシャツ、150くらい僕が全部発送しましたからね。少し宛名書きを手伝ってもらったけど、梱包、発送、投函、全部やりました。みんな言ってほしいのあると思うんですけど。もともと僕の決めセリフじゃなくて、船木(誠勝)さんも『使ってくれてありがとう』と言ってくれてるので、使って締めたいと思います。『明日からまた生きるぞ!』、ありがとうございました」と、ケージのコーナーに記された言葉を叫んで、「iSMOS」第一回大会を締めた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事