キックボクシング
レポート

【REBELS】鈴木宙樹がサンタナを破り初防衛&無傷の13連勝を達成、老沼隆斗が激闘で王者対決を制す

2020/02/29 22:02
【REBELS】鈴木宙樹がサンタナを破り初防衛&無傷の13連勝を達成、老沼隆斗が激闘で王者対決を制す

得意の右を打ち込む鈴木(右)だが、タフなサンタナを倒すことはできなかった

「REBELS.64」
2020年2月29日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第13試合)REBELS-BLACK 60kg級タイトルマッチ 3分3R+延長1R BLACKルール
〇鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺/王者)
判定3-0 ※30-28×3
×ピラオ・サンタナ(ブラジル/チームサンタナ/挑戦者)
※鈴木が初防衛に成功。


 鈴木は往年の名ボクサー・高橋ナオト氏からパンチの指導を受け、右ストレートに必殺の威力を秘めたREBELSが誇るホープ。2019年6月に11戦無敗のまま王座に就いた。8月には元WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・琢磨も初回TKOに破り、戦績を12勝(8KO)無敗としている。今回は約半年ぶりの試合。


 挑戦者のサンタナは、キックボクシングのほかにもMMA、ボクシング、カポエイラなどの試合を経験しているファイターで、2017年レベルスに初来日。パンチでの突進で会場をどよめかせるなど活躍し、REBELS-MUAYTHAIライト級王座決定トーナメントでは決勝戦へ進出した。その後、『LETHWEI IN JAPAN』に参戦して超過激格闘技ラウェイに挑戦して1勝1分。


 1R、サンタナのローに鋭い右ストレートを合わせる鈴木。サウスポーのサンタナに対して右ミドルを多用して入らせないようにするが、サンタナはそれでも入り込んでパンチのコンビネーションを放つ。終盤、鈴木の右がジャストミートしてダウン気味にサンタナが倒れたが、これはノーカウント。


 2Rも右ローと右ミドルで距離を取る鈴木。サンタナがスイッチすると左ミドルを蹴る。そしてワンツー。サンタナは距離を詰めようと後ろ蹴りを繰り出す。距離が詰まるとサンタナはアッパー突き上げるが、鈴木はかわす。前に出るサンタナにはヒザを合わせる。


 3R、ジャブで距離を取る鈴木にサンタナは前へ出てのワンツー、左右フック、そしてアッパー。しかし鈴木はそれをかわしていく。鈴木は三日月蹴り、ヒザ蹴りとボディを攻め、追ってくるサンタナには左右フックをクリーンヒット。サンタナを寄せ付けない形で試合を終え、鈴木が判定勝ちで初防衛に成功した。

▼セミファイナル(第12試合)52.5kg契約 3分3R・延長1R REDルール
〇老沼隆斗(STRUGGLE/REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者)
延長R 判定3-0 ※10-9×3
×白幡裕星(橋本道場/MuaythaiOpenスーパーフライ級王者)
※本戦の判定は29-28、29-29、29-29。


 老沼は空手仕込みの多彩な蹴り技で2018年6月に王座に就き、REBELS軽量級のエースとして君臨。12勝(5KO)2敗1分の戦績で、2018年2月にREBELSに参戦してからは無敗の快進撃を続けていたが、9月の新日本キックで元日本フライ級王者・泰史(伊原道場本部)にKO負けして連勝がストップ。12月の新日本キックで濱田巧の挑戦を退け、2度目の防衛を達成して復活を果たした。


 白幡はアマチュアで多数の経験を積み、2018年10月にプロデビュー。同年11月にはキック界のレジェンド・立嶋篤史の息子である立嶋挑己からも勝利を収めた。今年12月1日にはMuayThaiOpenスーパーフライ級王座決定戦に臨み、判定勝ちで見事王座に就いた。


 1R、両者とも蹴りを多用する戦い方。老沼がロー&ミドルを蹴れば、サウスポーの白幡は前蹴り。両者がもつれて倒れると、老沼は左目上から激しい流血。単発で終わりがちな老沼に対し、白幡は蹴りとパンチのコンビネーションで有効打を奪っていく。


 2Rも白幡のコンビネーションを受ける老沼だが、サウスポーに慣れてきたか左ストレートをもらう場面が減り、蹴りを当てに行く。左フック、右ロー&ミドルで反撃を開始。激しい蹴り合いが続く。


 3R、老沼は右ローを狙い撃ち、軸足蹴りも決めて白幡を転倒させる。右ローで一気に逆転の可能性も出てきたが、白幡はそこへ左ストレートを合わせ始める。老沼はハイキックや後ろ廻し蹴りの大技も放ち、本戦の判定はドロー。


 延長R、老沼はパンチと蹴りで白幡の先手を取り、白幡になかなか攻めさせない。右ストレートを巧みに当て、白幡が相打ちで左ストレートを放ってくる打ち合いも。激しい打ち合い、カウンターの取り合いが続き、老沼は組み付くと首相撲で崩して白幡をマットに叩きつけ、優勢を印象付ける。


 判定はジャッジ三者とも老沼。苦しい試合で白幡を振り切った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事