ムエタイ
レポート

【BOM】“ムエタイ才女”伊藤紗弥が圧勝で1年ぶりの復活、5大タイトル戦は4階級で王座移動

2019/12/08 16:12
【BOM】“ムエタイ才女”伊藤紗弥が圧勝で1年ぶりの復活、5大タイトル戦は4階級で王座移動

伊藤(右)が1年ぶりの復帰戦で復活の勝利

「The Battle of Muaythai BOM2-6」第1部
2019年12月8日(日)東京・NEW PIER HALL

▼第9試合 WMCピン級 2分5R
〇伊藤紗弥(尚武会/WPMF・WMC・WBCムエタイ女子世界ミニフライ級王者)
判定3-0 ※50-45、50-46、50-45
×奥脇奈々(エイワスポーツジム)

 世界三冠王・伊藤紗弥が約1年ぶりに復帰、奥脇奈々と対戦した。


 伊藤はジュニアキックで“天才ムエタイ少女”として名を馳せ、数々のタイトルを獲得。ほぼ男子選手を相手に勝利を収め、あの那須川天心とも対戦している。2012年12月には中学2年生にしてタイでWPMF女子世界ピン級暫定王者を獲得。2014年4月に国内で正式にプロデビューを果たすと、国内外の強敵を相手に快進撃を続けWPMF・WMC・WBCムエタイと女子世界ミニフライ級王座を制覇。


 しかし、2018年12月の『KNOCK OUT』で新世代の小林愛三に判定負けを喫し、以後はリングから遠ざかっていた。とはいえまだ20歳であり、ここから巻き返しなるか。戦績は16勝(4KO)3敗2分。


 復帰戦の相手・奥脇もジュニアキック出身で、2017年1月にプロデビュー。アグレッシブな打ち合いを挑み、今年6月にはWMC日本女子ピン級王座決定戦に挑んだが、判定で敗れて王座獲得ならず。今回の伊藤戦決定に「過去最強の相手だと思いますが、強い相手と戦えるのが楽しみです」とコメントしている。21歳。


 1R、奥脇がローで先制するが、すぐに伊藤が圧力をかけて右ミドルを蹴る。右ローを連発する伊藤に奥脇は右フックをヒットさせた。


 2R、細かいステップを使って動く奥脇はサイドキック、ミドルキックを放つ。伊藤は右ミドルを主軸に右ローとヒザ蹴りを的確に当てていく。


 3R、蹴りの伊藤にパンチで対抗する奥脇だが、伊藤は歩くように前蹴りとヒザ蹴りを出して前へ出る。伊藤のヒザが次々と突き刺さり、奥脇はフックを繰り出すが距離が遠く届かない。


 4Rも伊藤が左ミドルと前蹴りでどんどん前へ出る。距離を詰めるとヒジ打ち、ヒザ蹴りも繰り出す。奥脇のパンチにはパンチを打ち返し、すぐに前へ出て蹴りを見舞う伊藤。奥脇は自分のやりたいことをやらせてもらえない様子。


 5R、奥脇の右ローにバランスを崩した伊藤だが、すぐに前へ出て左ミドルと前蹴りを蹴り、奥脇のパンチにはよく伸びるジャブで対抗。さらに右ヒジを直撃させ、レフェリーがスタンディングダウンを宣告。奥脇が打ち合いに行き、伊藤もこれに応じて打ち合いの中、終了のゴング。


 伊藤が完勝の形で大差の判定勝ち。復活勝利をあげた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年11月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事