ムエタイ
レポート

【BOM】“ムエタイ才女”伊藤紗弥が圧勝で1年ぶりの復活、5大タイトル戦は4階級で王座移動

2019/12/08 16:12

▼第8試合 WMC日本ウェルター級タイトルマッチ 3分5R
×誠(レンジャージム/王者)
TKO 4R 1分06秒 ※ヒジによるカット→レフェリーストップ
〇KAZU(GTジム/蒼天塾/挑戦者)
※KAZUが新王座に就く。


 1R、サウスポーのKAZUは右ミドルを蹴りながら左ストレートを狙う。誠は様子見か。

 2R、蹴りからのパンチで順調に攻めていたKAZUだったが、誠のヒザ蹴りをボディにもらってダウン。さらにもつれて倒れ際に顔面へヒザをもらって2度目のダウン。


 3R、左フックとヒジでプレッシャーをかけていく誠。KAZUは右三日月蹴りで対抗するがカットしてドクターチェック。ラウンド終盤、KAZUが右の縦ヒジで誠を流血させた。


 4R、眉間から流血する誠にドクターチェック。再開後、しばらくしてすぐにドクターチェックとなり、ここでストップ。2度のダウンを奪われたKAZUが逆転TKO勝ちに成功した。


 男泣きするKAZUは「チャンピオンになれました。ただでさえ活舌悪いんですが、本当に嬉しいです。何を言っていいのか分からないのでありがとうございました。名前だけでも覚えていってください」とマイクアピールした。

▼第7試合 WMC日本スーパーフェザー級タイトルマッチ 3分5R
×リク・シッソー(トースームエタイシンジム/王者)
KO 4R 2分58秒 ※右飛びヒザ蹴り
〇梅沢武彦(東京町田金子ジム/挑戦者)
※梅沢が新王座に就く。


 1Rは蹴り合い。梅沢が左右ミドルとローを蹴り、リクはじっくりと相手を見た。

 2R、梅沢は左ミドルに手応えを感じたか、前蹴りとパンチでもボディを攻める。常にロープやコーナーを背負うリクは見栄えが悪い。終了間際、右ハイで梅沢がダウンを奪う。


 3R、リクは左ヒジ狙いだが、梅沢がバンバンと蹴りを放つ。左ミドルが強烈に決まり、リクは前へ出られない。

 4Rは前に出るリクを梅沢が前蹴り、左ミドルで押し戻す。次第に手数が少なくなるリクに梅沢の左ミドルが何度も決まる。そして試合終了間際、梅沢の右飛びヒザ蹴りが炸裂。吹っ飛ぶようにダウンしたリクを見て、レフェリーが即座にストップ。梅沢がKO勝ちで王座奪取に成功した。


 梅沢はマイクを持つと「めちゃめちゃ嬉しいです。いろいろな人の支えがあって獲れました。会長と会長の奥さんにお礼を言いたいです」と様々なお礼だけを述べた。

▼第6試合 WMC日本ライト級タイトルマッチ 3分5R
×伊東伴恭(LAILAPS 東京北星ジム/王者)
判定0-3 ※47-49、48-50、48-50
〇雅 駿介(PHOENIX/挑戦者)
※雅が新王座に就く。


 1R、サウスポーの伊東は左の蹴りを多用。雅はジャブを出しながら前へ出ていく。


 2R、伊東は左ハイで先制し、前に出てくる雅に左ミドルを合わせに行く。雅はジャブで詰めながら前蹴りとヒザでボディを攻めつつ、パンチを繰り出す。


 3R、序盤は膠着状態が続いたが、雅が右ボディを連続ヒットさせ、伊東が組み付いてくるとヒジを見舞う。


 4R、雅は右ミドルを連打したかと思えば、ジャブと右ストレートを当てていく。伊東も蹴りを繰り出すが前に出る雅のヒザを連続でもらう。


 5R、雅が手数を出してジャブ、右ストレートとパンチを当てに行く。ここで大きな差が生まれたが、伊東も最後の30秒は打ち合いに行って試合終了。判定3-0で雅が3本目のベルトを手にした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事