K-1K-1
K-1
レポート

【K-1 KRUSH】涙のタイトルマッチ、勝った高梨knuckle美穂も敗れたパヤーフォンも号泣。軍司泰斗が玖村修平を降して再起、不可思はTKO勝ち

2019/10/13 21:10
【K-1 KRUSH】涙のタイトルマッチ、勝った高梨knuckle美穂も敗れたパヤーフォンも号泣。軍司泰斗が玖村修平を降して再起、不可思はTKO勝ち

延長Rになるとどんどん距離を詰めてパンチを打っていった高梨

「K-1 KRUSH FIGHT.106」
2019年10月13日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第9試合)K-1 KRUSH FIGHT 女子アトム級(45kg)タイトルマッチ 3分3R・延長1R
〇高梨knuckle美穂(Y'ZD GYM/王者)
延長R 判定3-0 ※10-9×3
×パヤーフォン・アユタヤファイトジム(タイ/アユタヤファイトジム/元WPMF世界女子ピン級王者/挑戦者)
※高梨が初防衛に成功。本戦の判定は28-30、29-29、29-29。


 高梨は2018年9月の『KHAOS』でプロデビュー。福原優を左右のフックで3R KOに仕留めて注目を浴び、12月には現役女子高生ファイター・MOEからも同じくパンチでダウンを奪っての判定勝利。女子アトム級とは思えないパンチ力でデビューから2連勝、わずか3戦目にしてタイトル戦に漕ぎつけ、今年5月の第2代K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級王座決定戦で初代NJKFミネルヴァ・アトム級王者C-ZUKAを3R1分34秒、TKOに破り王座に就いた。

 ミドルネームの“knuckle”はパンチが得意なことと、ゴリラが大好きでゴリラのナックルウォークから名付けられたもの。


 挑戦者のパヤーフォンは16歳(試合時は17歳)にして60勝(9KO)12敗1分の戦績を持つ、WPMF世界女子ピン級王者。これまで3度の来日経験があり、2017年11月に『M-ONE』でLittle tigerに判定勝ち。松下えみと初代KRUSH女子アトム級王座決定戦を争ったCOMACHIと2018年2月に対戦して判定勝ちでWPMF世界女子ピン級暫定王者となり、今年2月にCOMACHIと王座決定戦で再戦して判定勝ち、WPMF世界王座を手にした。ミドルキックとヒザ蹴りを得意とする。


 1R、パヤーフォンは前に出ると同時の右ストレートを連打して高梨を下がらせる。連打をもらう高梨に場内はどよめき。高梨は左ボディから右フック、パヤーフォンの右ミドルをもらいながらも連打を返していく。


 2R、高梨が前に出てくるとパヤーフォンは後ろに下がって一定の距離を保つとさらに追って来るところへ右ミドル。高梨はその右ミドルに右ストレートを合わせに行く。その後も右の蹴りに必ず右のパンチを出す高梨。パヤーフォンは左ミドル連打。どっしり構えて自分の距離を保つパヤーフォンに高梨はなかなか入れない状態が続く。


 3R、前に出る高梨が連打を繰り出す。距離を詰めての連打でパヤーフォンにロープやコーナーを背負わせる。しかし、パヤーフォンもヒザ蹴り、前蹴り、右ストレートで逆襲。パヤーフォンはスイッチして左右のミドルを蹴る。

 本戦の判定はジャッジ1名がパヤーフォンを指示したが、2名がドローで延長戦へ。勝利を確信していたのか、パヤーフォンは自軍コーナーでポロポロと涙を流す。


 延長戦が始まると高梨がパンチでラッシュを仕掛け、パヤーフォンも右ストレートと左ミドルを返す。距離を取って蹴るパヤーフォンと距離を詰めてパンチを打ちに行く高梨。高梨のジャブ、右ストレート、左フックが軽くだがヒットし、左ミドルに右を合わせに行く。ほぼ蹴り一辺倒のパヤーフォンに高梨がパンチで前へ出続け、判定は3-0で高梨。


 勝利した高梨も敗れたパヤーフォンも涙を見せる。高梨はマイクを持つと「今日はこんな台風なのにご来場いただきありがとうございます。昨日の台風でどうなるのかと思いましたが、家族が計量で送り迎えしてくれて、台風に関係なく応援してくれてメッセージもたくさんくれてありがとうございます。そんな中、来ていただいたのに倒せなくて申し訳ありません。もっともっと上に行くには今の戦い方ではダメだなと感じます。でも戦績が上の選手に勝ててよかったと思います。これからももっともっと強くなるために今まで以上に練習していくのでよろしくお願いします」と、涙ながらに声を振り絞って語った。

▼セミファイナル(第8試合)K-1 KRUSH FIGHT スーパー・バンタム級(55kg)3分3R・延長1R
〇軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス/第2代K-1 KRUSH FIGHTバンタム級王者)
判定3-0 ※30-28、29-28、30-28
×玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス/元NJKFバンタム級王者)


 軍司は二階級制覇を狙ってK-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場したが、決勝戦で玖村の弟・玖村将史にアゴを折られて敗れた。その後、負傷もあってブランクがあったが今大会で再起戦。


 対する玖村は6月のK-1両国大会で行われたK-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントに出場したが、準決勝で武居由樹に敗れてベスト4。同じく今回が再起戦となる。


 スーパー・バンタム級の実力者同士の対戦がとなった。


 1R、褐色の肌の軍司と色白の玖村のコントラスト。お互いに蹴りから右のパンチを打っていく。玖村は顔面の連打から左ボディにつなぎ、軍司は右ストレートを打ち込む。


 2R、ミドルの蹴り合い、飛びヒザ蹴りの打ち合いと同じ攻撃を返し合う。軍司が左ミドル、左ボディを上手く当てていけば、玖村もパンチのコンビネーションを返すが、軍司が右ストレートでグラつかせると、左ボディからの左フックでダウンを奪う。


 3R、玖村は取り返そうと右を打ち込む。軍司はガードを固めて右ストレート、そして左ボディ、ヒザ蹴り。玖村もパンチを打つが軍司がボディを強打する。終盤には打ち合った両者、玖村が右をヒットさせたところで試合終了し、ダウンを奪った軍司の判定勝ちとなった。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事