AbemaTVAbemaTV
シュートボクシング
レポート

【SHOOT BOXING】植山征紀、深田一樹がKO勝ちの競演、女神は前MAX FC王者を圧倒=8.10 大阪

2019/08/11 14:08

▼第4試合 CAESARS LEAGUE 2019&ランキング戦  SB日本フェザー級(-57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○TSUTOMU(TIA辻道場)
[判定2-0] ※28-27、27-27、28-27
×手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸)

 1R、手塚が右ロー主体の攻めでペースを握り、右ストレートをクリーンヒット。そしてパンチ連打を仕掛けて手塚がダウンを奪う。手塚はそのまま追い込むがダウンを奪えない。

 2R、手数の減った手塚にTSUTOMUは投げを見舞いシュートポイント奪取。手塚もバックドロップを返すがノーシュート。TSUTOMUはフロントチョークを仕掛けてキャッチポイント。ここで手塚がボディブロー連打で脱出しようとすると、これをタップと判断したレフェリーが試合をストップ。一度はTSUTOMUの勝利が告げられたが、再開。

 3R、積極的にパンチを見舞う手塚に、TSUTOMUも意地を見せて前進。手塚は首投げを見舞うがポイントならず。TSUTOMUはフロントチョークでキャッチポイント、手塚も投げにトライし最後まで気持ちを見せる攻防に。TSUTOMUが判定勝ちした。

▼第3試合 53.0kg契約 スターティングクラスルール 3分3R延長1R
○龍城(レグルス)
[2R 0分33秒 KO]
×長谷川大佑(GSB豊橋)

 

 お互いに互角の攻防の中、2Rに龍城が右ローを効かせてパンチ連打でダウンを奪う。

さらに連打からの左のヒザ蹴りで長谷川からダウンを奪った龍城がKO勝ち。

▼第2試合 63.0kg契約 スターティングクラスルール 2分3R延長1R
○三宅祐弥(TIA辻道場)※デビュー戦
[判定2-0] ※30-28、29-29、30-28
×長谷川尚登(GSB)※デビュー戦

 1R、三宅が右ロー連打、左ミドル、ボディブローを当て長谷川を追い込む。長谷川も蹴り返していく。

 しかし、2Rになると疲れを見せる長谷川は押され気味。3R、長谷川は接近戦を仕掛けて三宅に投げ技を仕掛ける。組まれても有効打を当てる三宅が判定勝ち。

▼第1試合 70.0kg契約 スターティングクラスルール 2分3R延長1R
○山野璃久(志真會舘)
[2R 0分44秒 KO]
×山口 力(DFC Nihihi Gym)

 

 1R、山野が右ローを集中打させるのに対し、山口も大振りのパンチを返していく。

 2Rには右ローからの連打でダウンを奪い、山口は立ち上がれず。山野がKO勝ちした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事