MMA
レポート

【ONE】因縁の一戦はハム・ソヒが平田樹に危なげなく判定勝ち。山北渓人が元王者シウバにノンストップの3Rで判定勝ち!スーパーレックがKO初防衛、ロドリゲスがトッド下し王座統一=『ONE Fight Night 8』

2023/03/25 08:03

▼ONE女子アトム級 5分3R
〇ハム・ソヒ(韓国)
[判定3-0]
×平田 樹(フリー)

 元RIZIN女子スーパアトム級王者のハム・ソヒと、MMA6勝1敗の平田樹の対戦。両者は2022年11月に対戦予定だったが、平田が計量のハイドレーションテストで苦戦。水分を飲んで基準値を下回ると体重オーバーになり、計量をクリアできず。ハム・ソヒがキャッチウェイト戦を拒否したため、試合が中止になっていた。

 平田はこれまで3度の計量ミスがあったが、今回は北米修行中から栄養士のもと体重をコントロール。水分を補給しながら計量に向かい、無事パスしている。

 2020年2月のナイリン・クローリー戦で計量ミスし、キャッチウェイトで戦い、3R TKO勝ち。その後、中村未来、アリース・アンダーソンに勝利も、2022年3月にジヒン・ラズワンにスプリット判定判定負けで初黒星。2022年8月の前戦ではリン・ホーチンとの対戦で計量をパスできず、119ポンド(53.97kg)のキャッチウェイトで戦い、最終ラウンドにダウンを奪い判定勝ちしている。

 ハム戦に向け、ファイトキャンプでは「ケージレスリングとグラップリングを強化してきた。(ハム・ソヒとは)大差があると言われてるけど、自分的にはそんなにないと思ってるので、近い距離の打撃に気を付けて、少し穴があるテイクダウンで組んで倒してグラップリングで極めたい」と語る。

 一方のハムは、2019年大晦日のRIZINスーパアトム級王座戦で浜崎朱加にスプリット判定勝ちで王座を獲得。2021年9月にONEデビューし、デニス・ザンボアンガにスプリット判定勝ち。2022年3月にザンボアンガとの再戦で判定3-0で勝利。11月の平田戦のキャンセルを経て、今回1年ぶりの試合に臨む。

 左手を挙げて、一礼をしてからケージインした平田はマット上で咆哮。コーナーマンはネスターコーチ。ABEMAの北野雄司氏もケージサイドにつく。続けてハムはダンスをしながら花道を進み、ケージの前で両ヒザを着いてからケージイン。

 レフェリーはハーブ・ディーンが裁く。コールに観客を煽り、笑顔の平田。ハムは胸を叩いて、こちらも笑顔で左手を挙げた。グローブタッチ。

 1R、サウスポー構えのハム。平田はオーソドックス構え。「外側から」のセコンドの声。右足を外に着くハムはじりじりと詰めて左を見せる。平田はテイクダウンのフェイント。

 前手争いから左ミドルを打つハム。さらに左ストレートを喉元に2発。遠間からシングルレッグの平田をスプロールするハム。立つ平田は右手首を掴むが切るハムは組みに付き合わない。

 左ストレートのハム、遠間から手を伸ばして組もうとする平田を切るハム。右を突く平田はシングルレッグ。腹固めで切ってパウンド、ヒザはハム!

 立つ平田に詰めるハムは右ジャブ。下がる平田はハムの左ストレートにカウンターのダブルレッグへ。ここも切るハム。ゴング。

 2R、前手争いで左ジャブを前手に当てるハム。上で組もうとする平田に切るハムは左ストレート! 回る平田はステップを踏んで平気だとアピールするが、ハムの打撃に頭を下げてしまう。

 右を突く平田だが単発。ダブルレッグを潰したハムが上に。下からボディクラッチする平田は脇差しバックへ。立ち上がるハムは金網背に。

 シングルレッグからダブルレッグに切り替え、尻餅を着かせる平田。ハムの両足を束ねるが、ヒザを抜く平田は立ちに。平田の首投げ狙いを潰して離れてスタンドに。

 圧力をかけるハムは左ストレート。遠間からシングルレッグ、金網までドライブするが、切るハムはワンツーを打ち込む。さらに左ミドル! 下がる平田に左ミドル。平田は右を伸ばすが、打ち返しに頭を抱える。初回とともに2Rもハムが優勢のラウンド。

 3R、先に詰めて左ミドルを打っていくハム。さらに左ストレート。下がるだけの平田に2度目の注意でイエローカードが出される。平田の右に左ミドルを打ち込むハム。さらに左前蹴り。

 平田のシングルレッグを切って金網に押し込み、スプロールを狙うハム。尻を着かせる平田だが、頭を押して上体を立てるハム。平田は右足を束ね、左右足首を掴んで持ち上げようとするが、ハムは左足首を外して、左脇をネルソンに抱えて鉄槌。

 左手首もコントロールされた平田。手首を回して切ってしがみつくと、ハムはそこにヒザ蹴り! しかし平田はシングルレッグから自ら後方に尻餅をついて飛行機投げで後方に投げてサイドを取って鉄槌も、すぐにハムはシングルレッグからレッスルアップで立ち上がり、金網際で正対しゴング。笑みを浮かべた。

 判定は3-0でハム・ソヒが勝利。9連勝を決めた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント