EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
レポート

【DEEP JEWELS】東よう子がダイヤモンドローズにTKO勝ち! 本野美樹が須田萌里に判定勝ち、NORIがミッコに辛勝、栗山が藤田との接戦を左で制す、松田が長野下す

2022/11/23 11:11
【DEEP JEWELS】東よう子がダイヤモンドローズにTKO勝ち! 本野美樹が須田萌里に判定勝ち、NORIがミッコに辛勝、栗山が藤田との接戦を左で制す、松田が長野下す

(C)ゴング格闘技

 2022年11月23日(水・祝)、東京・竹芝のニューピアホールで『skyticket Presents DEEP JEWELS 39』(12時開始)が開催された。

DEEP JEWELS 39 速報

2022年11月23日(水・祝)竹芝ニューピアホール
開場11時30分 開始12時

▼DEEP JEWELS バンタム級 5分3R
〇東よう子(リバーサルジム新宿 Me,We)61.60kg
[3R 2分12秒 TKO] ※パウンド

×ダイヤモンドローズ・ザ・ロケット(Thongma GYM)61.10kg

 DEEP JEWELS初代フェザー級王者の東よう子が、2020年12月のPANCRASEでの直DATE戦の判定勝ち以来、約2年ぶりにバンタム級にカムバックする。

 東は柔道の元全日本強化選手。2002年全国高等学校選手権優勝、2003年フランスジュニア国際大会3位などの実績を持つ。2017年12月にPANCRASEでプロデビューし、5勝2敗でバンタム級1位に。2021年6月にDEEPでKINGレイナに判定勝ちすると、2022年5月の再戦でも判定勝ちし、DEEP JEWELS初代フェザー級王者となった。本野美樹との米国ラスベガス修行も経て、今回はバンタム級に戻して戦う。

 対するダイヤモンドローズことティタパ・ジュンソークプランは、ムエタイで17勝8敗。柔道で2015年の東南アジア競技大会で5位、アジア選手権にも出場し、サンボでも2016年の清州世界マーシャルアーツマスターシップで2位になるなど、組み技の経験も豊富。2019年10月のDEEP JEWELSでは、体重超過したKINGレイナの代役として出場した中井りんと対戦し、1R腕十字で一本負けしている。コロナ禍のMMA戦績が不明で、3年ぶりの日本大会でどんな姿を見せるか。

東よう子
「久しぶりのバンタムということで、まずは体重を落としてホッとしています。イヤモンドローズ選手が『ベルトが欲しい』ということですが、自分が持っているのはフェザー級のベルトなので、2015年から動いていないバンタムのベルト(現UFCのキム・ジヨンが保持)をどうにかしてもらえたらいいなと。この大会でバンタム級の選手も結構出ているので、人数はいると思うのでよろしくお願いします」

 1R、長い右を突くダイヤモンドローズ。東の組みに払い腰を狙うが、投げられずボディロックテイクダウンは東! 上になりクローズドガードから出るといったん体を離してから再び中に。蹴り上げのダイヤモンドローズ。上から蹴りを当てる東は足をさばきながらパウンド。

 かつぎパス狙いからインバーテッドになるダイヤモンドローズに上四方、腕狙い。下から頭を挟もうとするダイヤモンドローズは蹴り上げもグラウンド状態で顔面への蹴りで注意に。スタンド再開でダイヤモンドローズの蹴りをかわして組む東がテイクダウン奪いゴング。

 2R、東のシングルレッグを切って右を突くダイヤモンドローズ。なおも東はシングルレッグも差し上げ押し込むダイヤモンドローズに、首投げ払い腰テイクダウンは東! ダイヤモンドローズの右腕を両足で挟み、パウンド!

 右腕を足で絞るが腕を抜いたダイヤモンドローズに、東はサイドから右腕にアメリカーナに! これも外したダイヤモンドローズを押さえ込み、ヒジを連打もゴング。

 3R、東は「よう子先生、頑張れ」の子供たちの声を背に、ダイヤモンドローズの右を潜ってダブルレッグテイクダウンは本野。右足を抜いてハーフになるとパウンドを突いてサイドに。2R同様にダイヤモンドローズの左腕を両足で固めてパウンド連打! レフェリーが間に入った。

 試合後、東はリング上で「今日は雨のなか、DEEPで一本勝ちできずに後悔しかなく、アメリカに行って極める技を習ってきましたが、今日はよくなかったと反省しています。自分がメインでいいかと思ったけど、DEEPさんに感謝しています。アメリカで試合をするために、いい勝ち方をしたいと思っていました。拙い英語ですが、いいでしょうか。“私は36歳ですが、年齢はたたの数字です。3月に試合をしたいです。ありがとう、愛しています”」と北米MMA参戦をアピールした。バックステージではPFL参戦の希望を語っている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント