MMA
インタビュー

【LFA】強豪柔術家とメインで戦う田中路教「この試合に勝って、次にタイトルマッチでベルトを獲って、大きな団体と交渉したい」=8月6日(土)ABEMA配信

2022/08/04 01:08
【LFA】強豪柔術家とメインで戦う田中路教「この試合に勝って、次にタイトルマッチでベルトを獲って、大きな団体と交渉したい」=8月6日(土)ABEMA配信

(C)ABEMA

 2022年8月5日(日本時間6日・朝10時~ABEMA配信)に米国オクラホマ州ショーニーのグランドホテル・カジノ&リゾートで開催される『LFA 138』に、田中路教と河名マストが出場する。

 バンタム級の田中路教(チームアルファメール)は、UFCを2勝3敗でリリース後、GRANDSLAMで現UFCフライ級のホジェリオ・ボントリンにリアネイキドチョークで一本勝ち。ACBと契約したものの試合が組まれず、2019年3月にPANCRASEでロシアのウラジミール・レオンティブに判定勝ちすると、UFC再契約を目指しLFAと契約。新型コロナウイルスやビザの影響で2年半以上のブランクが空いたが、2021年11月の『LFA 117』でヒカルド・ディアスに判定勝ちし、LFA初陣を飾っている。

 しかし、LFA2戦目がなかなか決まらないなか、UFCとコンタクトを取りつつ、ほか団体への参戦も模索するなか、ようやく9カ月ぶりのLFAでの試合が決定した。

 対戦相手のアリ・ファリアスは、MMA11勝3敗。 アンドレ・ペデネイラス門下のラモン・レモスの黒帯であるファリアスは、2018年のムンジアルライトフェザー級準決勝でジョアオ・ミアオに勝利している強豪柔術家。「Arzalet Fighting 1」でエルニエ・ブラカにTKO負けも、PANCRASE参戦経験もあるサイモン・オリヴェイラに判定勝ちするなどACB2連勝でMMA5連勝を飾るも、Bellatorと契約したマルコス・ブレノにTKO負け。2021年10月の前戦では、「Cassino Fight 7」でホドリゴ・デ・モウラに2R ギロチンチョークで一本勝ちしている。

 7つのサブミッション勝利のうち、リアネイキドチョークでの一本勝ちが5つを数えるフィニッシャーで、田中がポジションを譲った場合、バックを許してのスクランブル、あるいは得意のブリッジでのスイープにも注意が必要な相手だ。

 ABEMAのインタビューで田中は、柔術黒帯のファリアスとの試合に向け、「相手が柔術家ですごく強い選手であろうと、僕もグラップラー。そこは変えずにグラウンドで真っ向勝負出来れば」と力強く語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント