MMA
インタビュー

【UFC】平良達郎、オクタゴン初陣を語る(後篇)「僕は格闘技に就職した。“もう22歳”UFCで勝ち抜くためには、もっと急がないと」

2022/05/31 11:05
【UFC】平良達郎、オクタゴン初陣を語る(後篇)「僕は格闘技に就職した。“もう22歳”UFCで勝ち抜くためには、もっと急がないと」

眩い笑顔を見せる22歳。UFCで第一歩を踏み出したばかりだ(C)ゴング格闘技

 2022年5月14日(日本時間15日)米国ネバダ州ラスベガスの「UFC APEX」にて開催された『UFC Fight Night: Blachowicz vs. Rakic』で、日本の平良達郎(Theパラエストラ沖縄)がUFCデビュー。MMA8勝1敗のカーロス・カンデラリオ(米国)を相手にフルマークの判定3-0(30-26, 30-27×2)で勝利し、戦績を11勝無敗とした。


(C)写真提供・松根良太

 パラエストラ沖縄の松根良太代表、パラエストラ千葉の岡田遼とともに過ごした米国ラスベガスでの日々は、平良にどんな変化をもたらしたか。

 米国滞在中に発売中の本誌『ゴング格闘技』が取材した試合のディテールから少し離れ、日本に帰国し、『UFCってなんだ?』に出演するなどリラックスした平良に、あらためてオクタゴンでの勝利と今後について、聞いた(※前篇からの続き・text by YUKO)。

「修斗と同じだ」って思っていたけど、コールの時に……

──今回の『UFC Fight Night』は、ほぼ無観客だったことで、いつもよりセコンドの声が聞こえていたのも新鮮だったでしょうけど、それも初戦としては良かったかもしれないですね。

「そうですね。本当に今までで一番セコンドの声も聞こえました。でもあれが大きい会場でお客さんがいっぱいいるってなったら、いつもより聞こえづらいかもしれないですね。多分もうお客さんの性質というか、アメリカの観客は叫んで盛り上がっているから。でも満員の会場でやってみたいですね」

──ただ、上のカードに行くにしたがって応援も凄いですけれど、アウェーの選手にとっては特に地元の選手が相手だったりするとブーイングの大きさも桁違いです。

「それも含めて楽しめそうです! 僕自身、沖縄からどこかへ行っているからいつもアウェーなので。ブーイングを実際浴びせられたらどうかはまだ分からないですけど、アウェーであるということ自体は馴れっこです」

──ああ、なるほど。沖縄を出て東京で戦うときもそういう気持ちはあったのですね。ケージ内の声で言うと、あのブルース・バッファーにコールされたことで特別な気分になったりもしましたか?

「あの瞬間に至るまでは、“UFCだからって気負いすぎないように”って心がけていたから、程よい緊張感でケージまでは入場して来れていて、“修斗と同じだ”って自分では思っていたんです。“対戦相手がいて、俺がいるだけだ”って。でもあの声でコールされたときに“うぉおおっ! UFCだぁ!”ってなっちゃっいました(笑)。それで、たくさんの憧れている選手と同じケージの中で一緒に試合ができるんだって思うと、興奮しました」

──ブルース・バッファーは初出場の選手の試合前には、選手に読み方を確認することもあるそうですが、平良選手の場合は、読みやすいから……。

「あっ、それは無かったですね(笑)」


(C)Zuffa LLC

──UFCでの試合内容のディテールは本誌インタビューとさきほども少しうかがいましたが、試合に勝利したことで、練習の時も含めてアメリカに滞在している間に、ご自身の身の周りで変化はありました? 歩いていて声をかけられるようになったりとか。

「UFCの影響力ってすごいなという実感がわくことはありました。でもあんまり外には出てなくて、サインを求められたりも一応ありましたけど……。でもそれって、岡田さんが『UFCファイター!』とか紹介するからなんですよ(苦笑)。僕の耳を見たりして『格闘技やっているの?』って聞いてきた方に、岡田さんが『He's UFC Fighter!』とか言うんです。それで『サイン! サイン!』ってなったりすることはありました。あとはソーシャルメディアで海外からコメントをもらったり、英語の応援コメントも増えて嬉しかったです」

──ポストファイト・インタビューの会場でも記者の方がIn-N-Out Burgerの裏メニューを教えてくれたりして、和やかな光景でしたよね。

「あの会見場では何に載るのかもわからずに全部答えていたんですけど(苦笑)。“あ、こんな感じでTwitterとか流れるんだ”って思って」

──現地記者に教えてもらって「ワーオ!」と仰っていた“ワイルドスタイル”は、食べることができましたか?

「食べられなかったんです。フライトのことでトラブル(直前に欠航)があったりして、あまり外食もできなくて。食べて写真アップしたかったです……。試合後にジャンクなものをあんまり食べられなかったですね。ドーナツとかクッキーは食べましたけど。アメリカの『甘い系』って結構美味しくて。ケーキはちょっと甘すぎて、チョコレートケーキとかはいまいちでしたけど、クッキーやドーナツは美味しいです!」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント