インタビュー
キックボクシング
2019.06.12
【REBELS】日菜太「次が終わりかもしれないと思ってやっている」、大野貴志「一回戦の江幡戦が全て」=6.9『REBELS.61』から8.18『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』へ
6月10日(月)都内にて6.9『REBELS.61』の一夜明け会見が行われ、8月18日の『KNOCK OUT』大田区総合体育館大会にも出場する日菜太と大野貴志が前夜の試合の振り返りと、次戦への意気込みを語った。 第11試合で、第5代SB日本スーパーウェルター級王者・坂本優起(シーザージム)を判定で下した日菜太(クロスポイント吉祥寺)は会見で、試合6週間前に左足のふくらはぎを痛め、さらに右足も肉離