グラップリング
レポート

【IRE】ケージ・掌底・足関節ありで石黒翔也が今成正和にOT勝利!倉本一真が寒河江をTKO、魚井が掌底フルスイングも一本負け

2022/01/10 17:01
 2022年1月10日(月・祝)、今成柔術主催による「IRE vol.6」が無観客、ABEMA配信にて開催された。  ノーポイント&サブオンリーと掌底有りのルールで、オーバータイムでは、50/50かサドルロックを選択する「今成コンバット柔術ルール」で行われる同大会では、全6試合が決定している。  グラップリングながら、ケージの中で行われるため、ケージレスリングやスープレックスもOKで、グラウンドでも掌底が許されるなか、MMAファイターたちはいかにコンバット柔術を戦うか。 ▼メインイベント 68kg(前日計量)1R7分×今成正和(今成柔術)[オーバータイム]○石黒翔也(CARPE DIEM) 「足関十段」今成は、所英男、小谷直之、矢野卓見と並び“ZST四兄弟”からDEEPを主戦場とし、05年12月に初代DEEPフェザー級王座戴冠。07年2月にはCage Rage世界フェザー級王座も獲得。08年8月には梅村寛をヒールホールドで破り、DEEP初代バンタム級王者にも輝く。ONE4戦でもアームバー、ヒールフックで二つの一本勝ち。2021年6月のバンタム級ジャパンGP一回戦では瀧澤謙太に判定負けも2021年10月に春日井“寒天”たけしにアームバーで一本勝ち。2021年8月の「IRE」では、朴光哲に1分06秒、トーホールドで一本勝ちを収めている。  対するブラジリアン柔術全日本統一王者の石黒翔也は、2020年から柔術で負け知らずの強豪。柔術ではボトムからを得意とするが、このルールの今成戦でどちらを取るか。ノーギの経験は今大会のプロデューサーを務める高橋SUBMISSION雄己に勝利した2021年7月のQUINTET(ヒールフック無し)のみ。「IRE」の掌底有りのコンバット柔術ルール、押し込まれると極めが困難で、回転して逃げるのが難しいケージも初体験だが、掌底有りのルールでの相手の動きをチャンスに変えるか。  高橋SUBMISSION雄己プロデューサーは、「今成選手のグラップリングの最大の特徴はグラップリングの基本的な考え方を色々と無視して動くところ。これが今成選手の穴でもあるけど、ここに尋常じゃない極め力が加わる事で予測不能性という唯一無二の強みを生み出している。ポジションをほぼ無視の今成さんに対して、石黒選手はIBJJF系のルールを土俵に育ってきた生粋の競技柔術家、いわば“ポイントゲーマー”。  サブオンリーという土俵、またギ(道衣)の試合にヒールがない事から今回は完全に今成選手の土俵での戦いとなる。また、オーバータイムのサドンデスも足関節技の取り合いを余儀なくされるので、石黒選手としては本戦で一本勝ちを狙いたいところ。ポイントメイクの本質である、極めに至る動きが、このルールでいかに発揮されるか。ただ、そういった勝負論は置いておいても、個人的には対極の強さを持つ2人をこの特殊なルールに放り込んだら“何が起きるのか?”という点が非常に楽しみ」と語っている。(※詳報は後ほど追加)  カニバサミで倒す石黒。今成の足関節にはすぐに離れ、中央で戦う。シッティングガードをとる石黒。今成はわざと片足を差し出し、上から掌底狙い。スタンドでのイマナリロールも防御。上の石黒は今成に足をからませず、アグレッシブに左右の掌底を振りながらパスを狙う。足を抱えられても脇を掴み首を引き寄せ防御。  延長のオーバータイムは1分半、じゃんけんで勝ち、後攻を選択したのは今成。先攻の石黒は50/50を選び、ロックした足を上げて防ぐ今成がヒザを抜くのに対し、時間切れまで足をホールド。続く今成のサドルロックには石黒が立ち上がりクラッチを切って47秒でエスケープ。勝利の雄叫びをあげた。  柔術界から参戦し勝利した石黒は「TKOされたんじゃないかという夢のようです。何とか勝つことができました。今成選手というグラップリング界でトップの選手と戦えたことは生涯の宝物になりますし、これから自分のグラップリングの戦績も残して今成さんの次の人材になれるように頑張ります」と歓喜のコメント。  今成もマイクを持ち「残念ながら今成ロールでいかせられず、オーバータイムでいかされてしまったんですけど、こういう若い、強い、将来しかない選手と触れることができて最高の舞台でした。MMAでもグラップリングの選手でも強い選手がどんどん集まってほしいです。みんなでこのルールでやったらどうかなと思ってます」と、新たな強豪選手に参戦を呼び掛けた。 [nextpage] ▼セミファイナル 63kg契約(前日計量)1R7分○倉本一真(修斗GYM東京)[1分58秒 TKO] ※ドクターストップ×寒河江寿康(今成柔術)  MMAレスラーの倉本vs.ピュアグラップラーの寒河江の対戦。  元グレコローマン60kg級全日本選手権3連覇。ジャーマンスープレックスの使い手である倉本は、ケージ使用の今大会で、いかに「投げて叩く」動きを、掌底ありの今成コンバット柔術ルールで見せるか。当然、投げのディフェンス、対策を練ってきてるであろう寒河江の関節技狙いをケージで潰して、パウンドのごとく叩いて、それを嫌ったところを投げられるか。  一方で、天下一品の関節技を持つ寒河江は、立つ必要もなく、手足をからめてくるだろう。得意の足関節のみならず、腕十字&三角絞めと、どのポジションからでも極めに行くことが可能だ。パウンドとも異なる掌底ありルールに慣れていることもアドバンテージと見ることもできる。  倉本もMe,Weでの出稽古で山崎剛代表のもと、強豪グラップラーの米倉大貴や岩本健汰らとも練習を積んでおり、ケージ掌底ありのなかで易々とは極めさせないだろう。1R7分の中で、どちらが削り、どちらが極めをセットアップするか。  いきなり座らずにスタンドに挑む寒河江。寒河江の腕を手繰る倉本は、一瞬片ヒザを着くとスタンド状態からグラウンド状態にして掌底を勝ち上げる!  さらにレスリングの「腕取り」で引き落とすと、足を取りにくる寒河江にがぶり、サイドバックから「足を触らせるな」という山崎代表の指示通り、足を後方に置きながら片ヒザを着いて、しっかり効かせる打ち方で掌底を連打! 鼻血の寒河江の右目の周りがすぐに腫れ、1分58秒、ドクターストップで倉本が勝利した。   倉本は試合後、「寒河江さんのおかげでいい試合が出来たと思います、掌底を練習してきたし、投げたかったんでもうちょっと試合したかったです。また機会があれば。僕はMMA選手なのでRIZIN、修斗で勝ち上がりたいと思います」と挨拶した。 [nextpage] ▼65キロ契約(前日計量)1R7分×魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS)[5分04秒 クロスヒールホールド]○村田卓実(今成柔術)  元修斗世界ランカーで、2021年11月のRIZINで獅庵を左フックを効かせてのサッカーボールキックで仕留めた魚井。スタンドでは、すべての打撃をフルスイング(実は緩急も巧み)と言われる魚井が、果たしてグラウンドでも“フルスイング掌底”を命中させるか。  対する村田は、MMAを知るグラップラー。「ベテランながら、ずっとアップデートを続けている」(弥益)強さがあり、このルールにも慣れている。グラップリングの動きのなかでどこで「叩くべきか」「どう叩かれないか」も把握しており、両者の極めのなかでの掌底合戦にも注目だ。  組んで跳びつく村田をスラムする魚井。スタンドバックにつく魚井に対し、前転してのヒザ十字は村田。後方につく魚井に掌打を振り下ろす。背後から村田の背中に掌底を打ち、足を抜き立つ魚井にスタンドで払い腰で投げる村田はヒールフックへ。  手首を掴んで極めさせない魚井は相手との顔が近くなると掌打・掌底! 声を上げて額で受ける村田は、魚井のクラッチを剥がして魚井の突っ込んできた両足をクロスヒールフック! タップを奪った。  村田は「素晴らしい舞台で素晴らしいルールで強い魚井選手が相手で良かったです。今成柔術、IRE、ずっと続いて行くのでよろしくお願いします」と挨拶した。 [nextpage] ▼51.5キロ契約(当日計量)1R7分×杉内由紀(ポゴナ・クラブジム)[3度目オーバータイム]○石黒遥希(CARPE DIEM)  高橋SUBMISSION雄己プロデューサーが「間違いなく女子グラップリングのトップ2人」というマッチアップ。JBJJF全日本選手権紫帯ライトフェザー級優勝など、数々のトーナメントを制したCARPE DIEMの石黒と、腕十字職人を自負する杉内の戦い。  両者は、2021年8月のJBJJF全日本柔術女子アダルト黒帯ライトフェザー級1回戦で激突。道衣ありでは、石黒が勝利し、石黒は決勝で芝本さおりからパスガードを奪い3-0で勝利し優勝。全日本王者にも輝いている。  QUITETで秒殺3人抜きするなど活躍した杉内は、大晦日RIZINで浜崎朱加にTKO勝ちした伊澤星花に、かつて「ZST Battle Hazard」のグラップリングマッチでドローの戦績も持つ。今回のケージIREの舞台で、素手の掌底・スラッピングありで両者はどんな動きを見せるか。  杉内のヒールフック、アンクルに、石黒はストレートフットロック、ヒールフックでも対抗。さらに足を抜いてのパスから激しい掌底! 杉内が背中を見せるとリアネイキドチョークへ。腕を差し入れ凌ぐ杉内も正対し打ち返し、互いに激しいスラッピングの平手打ちも。石黒は下から腕十字、ヒールフックの掛け合いに掌底も打ち合い、タイムアップ。オーバータイムへ。  オーバータイムは石黒が50/50からヒールも杉内が19秒エスケープ、石黒も同じ19秒でエスケープ。2回目も両者29秒の同タイムでエスケープ、3回目は44秒で杉内がエスケープ。石黒が39秒でエスケープし、勝利した。  3度目のオーバータイムで勝利した石黒は「オファーを頂きありがとうございました。いつも練習して頂くみなさんのおかげでこうして勝つことができました。またこれからも勝つのでよろしくお願いします」と語った。 [nextpage] ▼第1試合 無差別級(当日計量)1R7分×ジェイク・ムラタ(パラエストラTB)[オーバータイム 15秒 内ヒールフック]○清水俊一(総合格闘技宇留野道場) 「ジェイク選手はねちっこい組み技で掌底。対する清水選手は回転体。どっちがやりたいことが出来るか」(弥益)というMMAファイター同士のグラップリング戦。  ジェイクが金網に押し付け思わずMMAのようにスタンド打撃を繰り出してしまい注意。ハーフガードでグローブが無いためか際でMMAのパウンドより掌底が多くなる。ボディロックテイクダウンからヒザ立ちで掌握のジェイクに、座る清水も掌底の打ち返し。オーバータイムは清水がサドルから内ヒールを15秒で極め、ジェイクもサドル選択も清水がエスケープ。  試合後、清水は「戦ってくれたジェイク選手は、弟のライダーヒロが頑張っても頑張っても手が届かなかったZST王者なので、どうしても勝ちたかったです。板橋駅、北池袋にジムが出来たのでよろしくお願いします」と挨拶した。 [nextpage] ▼オープニングファイト 65kg契約(前日計量)×福山祐平(総合格闘技ゴンズジム)[オーバータイム ヒールフック]○大嶋聡承(トイカツグラップリング東中野) 「大嶋選手は14歳でやたら強い。寒河江さんから取ったのを見たことがある。福山選手は2021年9月のアマチュア修斗関東選手権フェザー級優勝。魚井フルスイングの弟子のメンタルにも注目!」(高橋)  14歳の大嶋は下から内ヒール、逃げる福山にバックを奪い、マウントへ。ブリッジから上を取り返す福山は掌底も防ぐ大嶋。オーバータイムは大嶋が54秒内ヒールでタップを奪い、福山のサドルから足関節をエスケープ。大嶋が勝利した。 [nextpage] 今成コンバット柔術 ルール 試合時間:ワンマッチ7分1R 試合場:本大会はケージ壁あり 勝負判定 1, 一本勝ち関節・絞め技による一本・タップアウト 2, TKO打撃または投などのダメージによるKO・レフェリーストップ 3, オーバータイム勝ち試合時間で決着がつかない場合はサドルロック、または50/50(フィフティ・フィフティ)のポジションから1分30秒ずつの攻守交代制で攻防を行う。攻守の順番はジャンケンの勝者が選択。他方が一本をとり、他方が取れなかった場合、その時点で勝敗が決する(先攻が一本をとった場合も後攻のターンあり)。両者ともに一本がとれない又は、両者とも一本とった場合は短いタイムでエスケープした方が勝利。ディフェンス側がカウンターでサブミッションをとりにいく行為は禁止。 試合中1分以上グラウンド状態にならない場合、ジャンケンを行い、勝者がサドルロックか50/50の状態を選択し中央で再開する。 反則負け:レフェリーの指示に従わず反則を犯すもの、消極的な試合を行うものには反則負けを宣告されることがある。反則行為により試合が行えなくなった場合は反則を行った者の反則負けとする。偶発的な事故により試合が行えなくなった場合はノーコンテスト(勝敗なし)となる。 棄権:自ら又はセコンドの判断による棄権。 ▼禁止事項 ・全ての打撃行為(但し、グラウンド状態でのスラッピングは除く。後頭部への打撃は禁止。グラウンド状態とは選手のどちらかが足の裏以外がマットについた状態をいう)・指関節への攻撃。指や手による絞め技。・頭突き目つき、指で口、鼻を引っ掛ける、引っ掻き、噛みつき、腕、拳、手で相手の顔を押し付ける行為。・急所、粘膜部への攻撃。・スパイキング(マットや床に頭から突き刺す、叩きつける投げ)・相手を場外に投げる行為。・一本勝ちを目指さない消極的な試合行為、八百長、真剣に試合をしない行為。・その他、社会通念に違反する行為。 ▼試合準備 ・爪を短く切り、汗を拭き、身体を清潔に保ち、清潔なグラップリングウェア(ショートパンツ、スパッツ、ラッシュガード等競技の妨げにならない服装・上裸禁止) 社会常識に反する行動を起こした選手・セコンド・サポーター・観戦者には、注意・退場等の措置を執る。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事