K-1K-1
K-1
レポート

【Krush】サッタリがわずか30秒でKO初防衛、新美貴士が盤石の強さでKO防衛V3、与座優貴がインパクト大の豪快KOデビュー

2021/12/18 22:12
【Krush】サッタリがわずか30秒でKO初防衛、新美貴士が盤石の強さでKO防衛V3、与座優貴がインパクト大の豪快KOデビュー

サッタリの左フックをもらったKOJIは大きく身体が泳ぎ、頭をマットに打ち付けた 撮影/安村発

Krush.132
2021年12月18日(土)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント第2試合 Krushクルーザー級タイトルマッチ 3分3R延長1R
〇マハムード・サッタリ(OTAジム/王者)
KO 1R 0分30秒 ※左フック
×ANIMAL☆KOJI(LEGION TOP TEAM/ALIVE/挑戦者)
※サッタリが初防衛に成功。


 サッタリはWAKOアマチュアムエタイ世界ミドル級王者、ムエタイ・プレジデントカップ2012優勝、ムエタイ・アジアンビーチゲーム2014優勝、ムエタイ・アジアインドア&マーシャルアーツ2017優勝などの実績を持ち、プロ戦績は15勝(8KO)1敗。2020年10月のKrushに初参戦を果たすと谷川聖哉を右フックでKO、今年3月のK-1では加藤久輝をもヒザ蹴りでKOした。7月の第2代Krushクルーザー級王座決定トーナメントでもRUIと谷川を初回KOに沈め、圧倒的な強さで王座に就いている。今回から所属ジムが変更、またリングネームも本名に変更となった。


 KOJIはMMAファイターとして2017年のDEEPフューチャーキングトーナメントでミドル級優勝。2020年2月の『ONE Warrior Series』にも出場している。MMAでの戦績は6勝9敗。2020年12月のK-1福岡大会に初参戦すると、K-JeeとKrush王座を争ったRUIを2RでKO。3月には愛鷹亮にも判定勝ちし、その実績が評価されて今回挑戦者に選ばれた。試合へ向けてアメリカで修行を積んでサッタリに挑む。


 1R、サッタリはジャブから右フック、KOJIは右ローを蹴る。KOJIが左フックを振りかぶると、サッタリはそれよりも早く左フックを振り抜く。モロに喰らったKOJIは大きく身体が泳いで倒れ、キャンバスに頭を打ち付けてのダウン。レフェリーが即座にストップし、サッタリの秒殺KO防衛となった。


 サッタリはマイクを持つと「押忍。ミナサンコンバンハ。クリスマスも近いということでメリークリスマス。今回の試合に向けて激しいとトレーニングをしてきました。最高の瞬間を皆さんと分かち合えて本当に嬉しく思っています。ミナサン、コレカラアタタカイオウエン、ヨロシクオネガイマス。押忍」と力強く語った。

 試合後のコメントでは「今回の試合へ向けてコーチが相手の分析をして、その分析をもとに厳しいトレーニングをしてきた。どのような状況でも焦らないように3つほど戦略を練ってきた。そのうちの一つが出来たということだね。どのような状況でも勝てるようにしてきたので想定通り。驚くことはない」と、クールに試合を振り返ったサッタリ。

 初防衛を果たして次の目標を聞かれると「以前から言ってるように目標はK-1のベルトだ。すぐにでも試合をしたい。彼(K-1クルーザー級王者シナ・カリミアン)は母国が同じで知っているが親交はない。すぐにK-1のベルトを懸ける試合をしたい。彼が私とやりたくないのなら、ベルトを置いてさっさと逃げてくれればと思うね」と言い放った。


MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント