キックボクシング
レポート

【ジャパンキック】瀧澤博人がダウンを奪ってウィサンレック越え、永澤サムエル聖光が豪快KO、藤原乃愛は3連勝

2021/11/21 22:11
【ジャパンキック】瀧澤博人がダウンを奪ってウィサンレック越え、永澤サムエル聖光が豪快KO、藤原乃愛は3連勝

ヒジが得意なウィサンレックにヒジで攻め込む瀧澤(右) 撮影/安村 発

ジャパンキックボクシング協会「KICK Insist 11」
2021年11月21日(日)東京・後楽園ホール

▼第10試合 Wメインイベント 株式会社秀拓Presents 日泰国際戦 56.5kg契約 3分3R
〇瀧澤博人(ビクトリージム/WMOインターナショナルフェザー級王者)
判定3-0 ※30-27×2、30-28
×ウィサンレック・MEIBUKAI(タイ/MEIBUKAI/元ルンピニースタジアム認定フライ級&バンタム級王者)


 瀧澤は2014年10月に新日本キックボクシング協会日本バンタム級王座に就いたが、2017年5月に3度目の防衛に失敗。2018年9月にはKNOCK OUT参戦も果たしている。2020年8月大会でNJKFフェザー級1位・小田武司にヒジ打ちによるTKO勝ち、11月大会ではジョムラウィーに勝利してWMO王座を獲得、今年5月にはコンゲンチャイにもハイキックでTKO勝ちして3連勝。また、シンガーソングライターとしてライブ活動もしていることから、“歌うキックボクサー”と呼ばれている。


 ウィサンレックはルンピニースタジアムでフライ級とバンタム級の2階級制覇を成し遂げ、ムエタイ時代のゲーオ・ウィラサクレックにも2度勝利した実績を持つ。ムエタイで300戦近いキャリアを持ち、トレーナーとして来日後も勝利を収めていたが、2017年8月の『KNOCK OUT』で那須川に3RでTKO負け(ヒジありルール)。2020年6月には『RISE』で鈴木真彦に3RでKO負け、9月の『KNOCK OUT』では安本晴翔に2RでTKO負け(-57.5kg契約)、2021年7月は花岡竜に判定負け(-59.5kg契約)と国内トップクラスには連敗を喫している。


 1R、瀧澤はジャブと左インローの慎重な出足。ウィサンレックはじりじりと前へ行くが、手足の長い瀧澤に先に蹴られる。右ローを蹴るウィサンレックだが、瀧澤が長いジャブを3連発してすぐに自分の距離を作る。


 2Rもウィサンレックは前にじりじりと詰めていき、右ローと左ミドルを蹴る。瀧澤は変わらずジャブを突き、右ローへとつなぐ。ウィサンレックは右ミドル。


 3R、前に出てくるウィサンレックにヒジを合わせに行く瀧澤。離れてジャブを当てていき、ウィサンレックが追いかけるような展開。
瀧澤が右ストレートから左フックを返し、ウィサンレックが同時に左フックを出したところでダウンを奪う。ウィサンレックが立ち上がったところで試合終了。判定3-0で瀧澤が勝利を収めた。


 瀧澤はマイクを持つと「デビューした時からウィサンレック選手と戦うことが夢でした。夢はかなうと思っています。このコロナ禍が終わった後、格闘技は戦国時代に入っていくと思います。自分はそこに切り込んでいく所存です。格闘技に全てを懸けます」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事