MMA
レポート

【DEEP】平松翔が右フックで一撃KO、海飛を担架に乗せる。日本拳法出身・古賀愛蘭が竹林愛留に寝技で完勝、村上彩が玉田育子に鮮やかな腕十字

2021/10/17 21:10
【DEEP】平松翔が右フックで一撃KO、海飛を担架に乗せる。日本拳法出身・古賀愛蘭が竹林愛留に寝技で完勝、村上彩が玉田育子に鮮やかな腕十字

右フックで完全に失神した海飛に鉄槌で追撃する平松

DEEP TOKYO IMPACT 2021~2nd ROUND
2021年10月17日(日)東京・新宿FACE

▼第8試合 DEEPバンタム級 5分2R
○平松 翔(パラエストラ松戸)
[1R 1分03秒 TKO]※右フック
×海飛(和術慧舟會HEARTS)※吉村海飛


 海飛こと吉村海飛は、極真会館山口支部出身。2015年に全日本高校生空手道選手権で優勝し、その後はTEAM TEPPENでアマキックを経験。現在は、大沢ケンジ代表率いる和術慧舟會HEARTS所属で、2020年12月のPANCRASEアマチュア全日本オープントーナメントライト級優勝。さらに2021年3月のDEEPフューチャーキングトーナメントフェザー級でも優勝し、この2つのトーナメントで7試合連続KO勝ちをマークした。


 その後、『格闘DREAMERS』で漆間蒋生にスプリット判定勝利。6月19日の「DEEP TOKYO」では、山口コウタのテイクダウンに苦しみながらも、サウスポー構えからの右の蹴りを当て、最後はギロチンチョークで一本勝ちし、DEEP本戦初勝利を飾った。しかし2021年7月のDEEP2戦目で佐藤拳駿のギロチンチョークに捕まり、スプリット判定負けで初黒星。


 平松は2019年3月のプロデビューで、小川顕広戦を96秒リアネイキドチョークで極めたが、12月に小林博幸に判定負けを喫すると、2020年11月に日比野“エビ中”純也にも判定負けで2連敗中。共に再起を懸けてのメインイベントでの激突となった。


 1R、平松はサウスポーの海飛に右ミドルと右フック。この右ミドルを的確にヒットさせる。海飛は様子を見ながら右フックを合わせにいくが、回り込もうとしたところへ平松が電光石火の右フック。モロにアゴにもらった海飛は半回転しながら倒れ、完全に失神。平松が鉄槌で追撃したところでレフェリーがストップした。


 衝撃のTKO勝ちを収めた平松はコーナーに登って雄叫びをあげる。海飛は担架で運ばれた。


 マイクを持った平松は「6月に怪我してしまって雅(駿介)選手との試合が流れてしまったんですけれど、一応無傷なので来週(23日の後楽園ホール大会)よければ試合できたらと思います。バンタムでもキャッチウエイトでも何でもいいです」とアピール。リングサイドの佐伯繁代表に「無理に決まってるだろ!」とツッコミを受けていた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント