ムエタイ
レポート

【スックワンキントーン】福田海斗が3連勝、鈴木真治はチャーチャイに及ばず、MASAが二冠王に、リクが逆転TKO勝ち、滝口幸成がモトヤスックに衝撃KO勝ち

2021/10/10 22:10

▼第5試合 スック・ワンキントーン・ライト級王座決定戦 3分5R
×ロムイーサン・REON(タイ/REON Fighting Sports Gym/元ラジャダム認定ミニフライ級2位、元BBTVミニフライ級1位)
TKO 4R 2分11秒 ※右ヒジによるカット
○リク・シッソー(トースームエタイジム/元WMC日本スーパーフェザー級王者)
※リクが新王座に就く。


 ロムイーサンは元ラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級2位の肩書を持ち、現在は健太率いるREONジムのトレーナーも務める28歳。戦績は46勝19敗2分。対するリクは2018年9月に高校3年生でWMC日本スーパーフェザー級王座に就いたが、2020年12月の初防衛戦で敗れて王座を失った。まだ20歳で戦績は12勝5敗。


 1R、さっそくロープ伝いに動くロムイーサンにリクは右の蹴り。見合いが続く中、残り30秒でロムイーサンがいきなり右フックを連打して前へ出ると、首相撲でコカす。


 2Rは左も蹴っていくリクだが、ロムイーサンは1Rとは別人のようにどんどん前へ出ていき右フックを狙い撃ち。さらに組み付くとリクを組み伏せてマットに叩きつける。ヒジ&ヒザも繰り出すロムイーサン。


 3Rは右ミドルを多用するロムイーサン。リクはそのミドルに軸足蹴りを返し、組むとヒジ&ヒザ。再びロープを背負うロムイーサンは右ミドル、ハイでリクを近付けさせない。


 4R、ロムイーサンは右ミドルを蹴り、蹴り返してくるリクの蹴り足をキャッチしてはコカす。さらに右フック、組むとヒザ蹴りを連打とリクを圧倒していく。どんどん前へ出て攻めるロムイーサンだったが、右の縦ヒジで前へ出てきたロムイーサンにリクが右ヒジ一閃! この一発でロムイーサンは左目上をカットし、流血する。ドクターチェックでストップがかかり、リクが鮮やかなヒジによるムエタイらしい逆転TKO勝ちで王座に就いた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事