MMA
ニュース

【RIZIN】石渡伸太郎が引退興行 開催へ。唯一の心残りは「フィジカルのピークと技術的ピークがうまくクロスしなかったこと」

2021/07/21 23:07
【RIZIN】石渡伸太郎が引退興行 開催へ。唯一の心残りは「フィジカルのピークと技術的ピークがうまくクロスしなかったこと」

(C)RIZIN FF

 2006年3月のプロデビューから、15年間の現役生活の引退を発表した石渡伸太郎(CAVE)が7月20日、自身のYouTubeであらためて、引退の経緯と現役時代の思い出、今後などを語った。

 2021年9月19日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催される「Yogibo presents RIZIN.30」にて引退セレモニーに臨む石渡は、その後、引退興行を行う予定だという。

 21日の会見では、引退の理由を「これまで蓄積したダメージや怪我がずっとありまして、特に首がずっとよくない状態で練習が満足にできない状態でこれ以上、上位陣を倒していくような自分の姿を想像できなかったので、引退という区切りをつけることを決意しました」と語っていた石渡。

 YouTubeでは、具体的な首の状態について、「ヘルニア自体は一応完治しているんですけど、それに伴う麻痺みたいなものが身体にずっと残っていて、(首を傾げてみせて)これで痺れるんですよ。筋力的にも麻痺によって、60パーセント、70パーセントみたいな感じですごい低下しちゃってる。そういう状態で組み技の練習はほぼできない、MMAが出来ないなかで試合に挑んで、その中で最高の状態でどこまでやれるか、っていうところで負けてしまったので、これが限界でした。普通は練習や試合が出来ないコンディションだったのをケアーしてくれた、城間(出・MSPトレーナー)さんのおかげです」と、麻痺が残ったまま戦っていたことを明かした。

 また、引退を考えた時期については「(井上直樹に)負けた瞬間からです」と言い、「40、50(歳)でもやりたかったんですけど。けじめをつけることで指導をきっちりやっていく。これまで応援してくれた方に、モチベーションが落ちているのにやっていき、高いチケット買ってもらうのは違うと思い、きっちり線引きしました」とあらためて語った。

「本当は一番最後に勝って終わりたかったけど、本当にいい格闘技人生でした。幸せ者です」と、15年の現役生活を振り返った石渡。

 会見では、「最後にもう1試合とは考えなかったのか」と聞かれ、「それに関しては本当に毎試合、大げさに聞こえるかもしれませんが、『死んだらしょうがない』と思ってリングに向かっていたので、“引退試合”ではそういう決意は出来ず半端な試合になってしまうので、そういうのはしないという気持ちです」と、納得のいく試合が出来ないからやらないと答えていたが、ファンに向けて最後に挨拶するために「動いている姿は見せたい」という。

「引退興行か引退パーティーか、なにか最後に自分が動いている姿を見せたい。『試合』とは言わない、エキシビションかなにか、最後に動いて皆さんにご挨拶できれば」と、時期は未定ながら、自身の出場と、縁のある選手を集めて引退興行的な場を設ける予定だ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント