MMA
インタビュー

【ONE】GP覇者として王者に挑戦するデメトリアス・ジョンソン「ミルコやヴァンダレイ、ジョシュがGPで戦う姿に憧れていた。GP王者としてフライ級のトップであることを証明する」=4月8日(木)朝生中継

2021/04/07 16:04
【ONE】GP覇者として王者に挑戦するデメトリアス・ジョンソン「ミルコやヴァンダレイ、ジョシュがGPで戦う姿に憧れていた。GP王者としてフライ級のトップであることを証明する」=4月8日(木)朝生中継

思い入れのあるフライ級GPベルトとともに「挑戦者」としてフライ級王者アドリアーノ・モラエスに挑むDJ(C)ONE Championship/Demetrious Johnson

 2021年4月8日(木)シンガポール・インドアスタジアムで開催される「ONE on TNT I」に向け、4月6日にグローバル・メディアデーとして、メインイベントのONE世界フライ級タイトルマッチで、王者アドリアーノ・モラエス(ブラジル)に挑む、GP覇者にして挑戦者デメトリアス・ジョンソン(米国)が囲み取材に応じた。

 米国のTNTを通じて生配信される同大会に向け、米国のメディアも参加し、ONEでのデメトリアス・ジョンソン(DJ)および王者に向けて、いささか失礼な質問も投げかけられたが、ONEフライ級GPで優勝したDJは、「まだ学生で若い頃、GPを見続けた。家に帰ってDVDでミルコ・クロコップを見たり、ヴァンダレイ・シウバを見たり、ジョシュ・バーネットや桜庭和志を見たり、DREAMのGPではビビアーノを見ていたから、ずっとGPに憧れていた。GPの魅力は、選手がどれだけ人気かは関係なく、階級のトップ16選手を集め、ただただ強い選手が勝ち抜く。チャンピオンになるためには、全員に勝たなければいけない、っていう形式が好きなんだ。グランプリで無い場合、選手が人気であれば連敗していてもタイトルに挑戦できる。木曜日にフライ級のベルトを獲ったとしても、グランプリのベルトは一生俺の“クラウンジュエル”だ」と、GP王者としての誇りを見せている。

 対するモラエスもフロリダのアメリカントップチームでタイトルマッチに向けて調整を続けてきた。

「ジョンソンはトランジションがすごく上手いし、グラップリングは一級で、パワーもあり、コンディショニングもハイレベルで、スマートだ。なんでも簡単にこなしている。戦うのが上手いから、本当に良い戦略が必要だ。(ATTの)カテウ・キビスは一緒に良い戦略を立ててくれているし、コナン・シウヴェイラもアイディアを出してくれるし、もちろんマイク・ブラウンは世界最高のコーチの1人だ。その上、自分には堀口恭司やジュシー・フォルミーガなど、現在の世界最高のフライ級ファイターもついている。だから、この試合は素晴らしいものになるだろう」と自信を見せている。

 生後わずか数日で、ブラジルの首都ブラジリアの路上に放置され、孤児院で育ったモラエスにとっても、フライ級のベルトは宝物だ。

「僕はONE Championshipに8年間いるから、ONEの旗を守るつもりだ。DJは既にすべてを手にしていて、自分の前に立ちはだかろうとしている。その対価は払ってもらう。それだけだ」。

 日本時間の4月8日(木)朝9時30分からABEMAで放送される「ONE on TNT I」は、北米とは異なる市場を戦場としてきた者たちによる、もうひとつのメジャーの戦いだ。まごうことなきフライ級のトップのデメトリアス・ジョンソンと、ONEで死闘を繰り広げてきたアドリアーノ・モラエスのタイトルマッチは、北米TNT生放送の最初のメインイベントとなる。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事