SirikaSirika
MMA
インタビュー

【ONE】平田樹「ケージの中に放り込まれたらやっと“自分だけの世界”」「思う存分突き放してやろう」「ハム・ソヒ選手が上だとしても、全然噛み付ける」「試合後のアレだけは譲れない」=2月22日(月)渋谷で1年ぶり試合

2021/02/08 17:02
【ONE】平田樹「ケージの中に放り込まれたらやっと“自分だけの世界”」「思う存分突き放してやろう」「ハム・ソヒ選手が上だとしても、全然噛み付ける」「試合後のアレだけは譲れない」=2月22日(月)渋谷で1年ぶり試合

(C)ONE Championship

 2021年2月22日(月)東京・渋谷TSUTAYA O-EASTにて、ONE Championshipが「CLASTY Presents Road to ONE:4th Young Guns」を開催。メインイベントで、平田樹(フリー)が中村未来(MARS GYM)と女子アトム級で対戦する。

 全9試合中、10代選手が3人、20代選手が11人と若手選手たちが抜擢された日本大会のメインで、1年ぶりの試合に向かう平田は、K-Clannを離れ、フリーとなり、和術慧舟會HEARTSでの出稽古、内山高志のボクシング指導なども受け、「格闘技に対する思い、練習に励む思い」が変わったという。

 2021年に予定されるアトム級GPに向け、負けられない試合に臨む平田は、「打撃が出来るところをGPのメンバーにアピールしたい」と意気込む。スタンプ・フェアテックスの敗戦、スタンプに一本勝ちしたアリヨナ・ラソヒナの台頭、ラソヒナに完勝しているハム・ソヒのGP参戦も噂されるなか、平田は、群雄割拠のアトム級GPをいかにとらえているのか。「ガキには、未来しかない」という平田に真意を聞いた。

 同大会は「ABEMA 格闘チャンネル」にて完全生中継。解説を青木真也が務める。また、「ONE Super App」にて世界同時ライブ配信が予定されている。

フリーになって最も変わったのは「格闘技に対する思い」

――2月22日の「Road to ONE:4th Young Guns」メインイベントで中村未来選手と対戦する平田樹選手です。まずは、今回の試合への意気込みをお願いします。

「初めてのメインイベントなんですけど、やっと試合ができる環境で試合が決まって、去年の夏過ぎからずっと試合の準備はしていたので、やっと試合ができるという気持ちと、メインだからとかじゃなくて、この日は“自分が一番目立って、一番いい試合をしたい”と思っています」

――前回、ONE Championshipで試合をしたのはちょうど1年前の2月7日のジャカルタ大会でした。今回、試合の話がきたとき、どんな思いでしたか

「一番は日本で試合が出来るということが嬉しかったです。シンガポール大会もいいなとは思っていたんですけど、1年間空いて、いざ試合というときに日本で出来るというのは結構、嬉しかったです」

――日本での調整などの部分で楽になるところもありますか。

「環境もそうですけど……うーん、でも海外でするというのもけっこうモチベーション高く持てるので良かったんです。ただ、一昨年の日本大会のときに、試合終わってからすぐにみんなと会えるというのが一番大きいなというのがあって。あと、見に来たいと言ってくれている人がけっこう多かったので、それで久々の試合で直に見てもらえるというのが一番嬉しいです」

――シンガポールでやるよりも、時差的にも日本のファンにより試合を見てもらえるし、存在感をアピールできる場所でしょうか。

「でも、やっぱ(アピールの場は)日本だけとは考えていないので、アジア・世界で、と考えているので、とりあえずアトム級GPが開催されるまでは日本の試合に出て、終わったらもう1回シンガポールに行ったり、世界に向けて自分を売り込みたいなと思っています」

――この「Young Guns」の大会は、21歳の平田選手より年下の選手も対戦カードに入っています。ONE本戦で戦っていると、年上の選手が大半だったと思うんですけど、「Young Guns」というコンセンプトの大会のメインを張ることについての思いはありますか。

「いつもは自分が一番下みたいな感じだったんですけど、今回は同い年とか年下の子もいたり、年齢が近い方ばっかりなので、逆に気合が入るというか、年下がいることによって自分の見せ場が重要になる、今までよりも張り切れる立場になりました」

――そんな中で、最近の練習や戦うモチベーションに何か変化はありましたか。

「“やっと試合だ”という実感はだんだん、こういう記者の方とか取材が増えることによって実感は湧いてきて。さっきポスターももらったんですけど、そういうのが出来てくると、ようやく試合だなという気持ちにはなります」

――ところで、髪の毛がインスタで見たときはちょっとカーリーヘアっぽかったんですけど、どんな気持ちでパープルに染めたのにでしょうか。

「試合が無かったときは刺激というか、暇だなと思って髪の毛を染めたり。今までずっと金髪だったんですけど、今回は違う意味で、いろいろなことがあったので、今までとは違う形でもいいかなと思いはじめて、髪の毛を染めました」

――“いろいろなことがあった”ひとつに、所属がK-Clannからフリーという形になりました。最近の練習環境について、出稽古も含めて教えてください。

「大沢(ケンジ)さんの和術慧舟會HEARTSに行かせてもらったり、内山高志さんのボクシングジム(KOD)に行かせてもらったり、あとはフィジカルはHALEO代官山でトレーニングをさせてもらったり、レスリングとかの寝技の部分では、KRAZYBEEに行かせてもらったりしています。

 フリーになったことによって、自分でやらなきゃいけないことが増えたんですけど、そこの部分では成長できたかなと。今までは人に任せっきりじゃないけど、出されたメニューをこなすだけだったんですけど、今は自分でメニューを組んで、練習に励むので、そういう部分では、自分が苦手な部分も、得意な部分も両方出来ているから、いい環境になっているなと思います」

――逆にトータルで見てもらえる人はいなくなって、そこの部分では誰かからアドバイスをもらったりもしているんですか。

「大沢さんとか、いろいろな人にビデオとかを見てもらって“こうしたほうがいい、ああしたほうがいい”というアドバイスをいろいろな人から聞いています。この人だけとかそういうのじゃなくて、いろいろなところからいい情報を集めて、自分のものにするという。やっぱそれはフリーならではじゃないかなと思っています」

――そんななかで1年前の自分と比べて、最も変わったなと自分で手応えを得ているところは何でしょうか。

「格闘技に対する思いじゃないけど、練習に励む思いとか。前までは、ただ試合をするだけだったんですけど、今では試合をするだけじゃなくて、次に繋げる試合とか、今まで練習でやってきたことを出せる試合にしたいなという今の思いはけっこうあります」

――今回の大会コピーに使われた「ガキには、未来しかない」という言葉は、平田選手自身の言葉だと聞きました。どんな思いからでしたか。

「よく『若いね』とか、『やっぱ若いから』とか言われたりしたこともあって、しかもデビューも『格闘代理戦争』から上がって、いきなりONEの本戦という、周りからしたらあんまりいいようには見られないことが多かった。でも、自分的には、若いとなんでも吸収できるし、いい未来しかないじゃないか──ずっとそう思ってたので。自分と同い年とか下の子と試合や練習をすると、どんどん上を抜かすことしか考えないので、それっていい未来しか考えられないなと思って、言いました」

――「周りから『若いね』と言われる」というのは、“まだまだ早いんじゃない”というニュアンスが入っているように感じることがあるということでしょうか。

「ありますね。『格闘代理戦争』からONEの本戦に出させてもらうというのは、やっぱり普通じゃ考えられないことだし、誰もがそのチケットを手にすることができるわけじゃないので。でも、逆にこれは自分だけの道だし、自分にしかできないものだと思っているので、そこは胸を張って、『若いから……』と言われても、だからこそできるんだというのは見せたいです」

――今回の大会で、同世代とか年下の選手もいるというところで、ライバル心で“負けていられない”という感じなのか、それとも“一緒に盛り上げよう”という感じなのでしょうか。

「“一緒に盛り上げよう”というよりかは、“誰が一番目立つかの勝負”じゃないかなという感じです」

――その中で誰よりも目立つ自信があると?

「もちろんメインだし、まさかここで自分より目立つやつがいたらそれを超すじゃないけど、それも試合前のモチベーションにも繋がると思うので、それまでしっかり試合を見て、最後は自分で締めて、『この日は平田樹の日だったな』と言わせたいですね」

――試合の実際のイメージというのは、いつもどのように考えていますか。

「イメージは楽しいというか、試合をするのは自分なので、あのケージの中に放り込まれたら“やっと自分だけの世界だ”というのは毎回、実感しています」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事